膵臓にあった石が自然消滅した!

しばらくのお休みごめんなさい。
昨日アメリカの東海岸から帰って来ました。

ブログの原稿掲載が遅くなってごめんなさい。
以下、としみからです。

今回は私の膵臓にあった石が、消えたこと
についてお話ししたいと思っています。

5年ほど前、突然の左脇腹の激痛によって
病院へ行った私は、初めて膵炎という病気で
入院することになりました。
原因は膵臓に出来た石でした。
それから3年間は膵炎と石を砕く為の
入退院を繰り返していました。

病気にはなりたくないものの、
病気になることで私は日常の嫌なことから
離れることが出来るという安堵感も得ていました。
嫌なこと、自分にとって辛いことをどうやって
解決して良いのか全く解りませんでした。
とにかく頑張る、それが私にとっての
唯一のやり方だったと思います。

でも、「親の時間」の仲間と
話を聞きあってゆくうちに、
膵臓に石は残っていましたが、
膵炎にはなるまで悪化することなく、
普通に日常生活を送れるようになりました。

そしてある日、ついに石は
自然消滅したのでした。

日常生活では食事に気をつけたり、
カイロやお灸も試していました。
でも、大きかったのは聞き合うことで
自分を大事にしていいのだということに
気が付いたからだと思います。
『自分を責めない、嫌なことはしない、
やりたいことをやる、自分のことを第一に考える』

私が子供の時から信じていたのは、
出来ないのは自分の努力不足、
嫌なことを乗り越えていくのが人として素晴らしい、
自分よりも他人の為に生きることが価値がある、
好きなことばかりやって嫌いなことを
避けていたらロクな大人にならない。
このような間違った情報に基づいた
考えこそが、私を苦しめていたのだと気付きました。

聞きあってゆく中で、自分にとって
何が本当で大切なことなのかに気が付いたのです。
少しずつですが、生きてゆくことが
楽しくなり、心地いい毎日が増えていきました。
人生を自分の為に生きるんだという、
新しい感覚と感動、希望みたいなものも
感じるようになりました。

病気の原因は人によって違います。
辛いと思う理由も人それぞれ。
だから解決方法はみんな同じじゃないと思います。
その人自身だけが知っているのです。

「親の時間」は自分の為の時間です。
だから、聞きあっている中では
アドバイスも否定もありません。
アドバイスはする側にとっての
ベストであって他の人には
その人なりのベストがあるのです。

こうして私は5年という時間と
自分なりの方法で病気を乗り越えました。
乗り越えた喜びは大きいですが、
病気になる前よりも、今が楽しいと思うことが
多くなったことが嬉しくて仕方ありません。

としみ
スポンサーサイト

世界一周旅行中の20歳の韓国人女性

またわたしのポーランドとチェコの旅行記に戻ります。

成田からワルシャワまでの航空券はもちろん、
旅行の間の5箇所の宿泊場所、
ワルシャワからクラクフまでの列車の切符、
クラクフからプラハまでの長距離バスの切符、
そして、プラハからワルシャワに戻る航空券、
全て予約できて完璧!状態だったのに。。。

クラクフでバスに乗ろうとしたら(それも朝7時発の)
わたしが座る予定の2階建バスの
わたしの席(それも特別料金まで払った2階の一番前)に、
もうすでに座っている人がいました。
そこで、わたしは運転手さんにお願いして、
ダブルブッキングになっていないかどうかを
事務所に電話して調べてもらったところ、
なんと、わたしの予約間違い!
6月16日の切符を予約したはずだったのに、
7月16日を予約していたのです。
よくよく見たら、印刷して来たわたしの
控えの用紙にも 7/16/17 と書いてありました。
ショック!!
どんなに掛け合っても、そのバスに乗ることができず、
結局また次のバス(11時)を予約して、
かなり落ち込んで、近くのショッピングモールで
(わたしは、海外に行ってもほとんど買い物をしないので
通常はショッピングモールは苦手なのです。
でも、クラクフはとても歴史的な場所で、どこも
かしこも、キンキラの大きな教会と、
キリストの磔の絵や、銅像でわたしは
ひどく疲れてしまっていたので、
意外なことに、日本や他の国とほとんど変わらない
ショッピングモールがやけに落ち着いたのです)
時間を潰しているうちに結構あっという間に3時間経過して
30分前にまたバスターミナルに移動しました。

そこで、若いアジア人の女性に出会ったのです。
最初は日本人かなぁと思って、
「日本人ですか?」と声をかけたら、
英語で韓国人です。と返事が来ました。
せっかく声をかけたのだから、
「どこに行くの?」などと聞いていたら、
彼女もわたしと同じバスでプラハに行くとのこと。
お互い、一人旅だとわかって、
話し始めたら、彼女は何と
世界一周旅行中ということで、
それを聞いたわたしは大興奮でした。

もうほとんど運命と思ってしまったのだけど、
何と、わたしと彼女の席が偶然にも
隣同士だったのです。

そこで、もっと詳しい話ができました。
高校を卒業して2年間働いてお金を貯め、
心配する両親を説得して、今年の3月に
韓国を電車で出発して、ロシアをシベリア鉄道で
渡って、5月に東ヨーロッパに入り
7月までヨーロッパの国々を旅する途中のことでした。
予定では、50カ国回るそうです。

切符の予約間違いで、落ち込んでいた
わたしですが、彼女に会って、すっかり元気になりました。
間違いが転じて、とても良い結果を生むこともあるのですね。

世界一周にしてはあまりにも軽装だったので、
写真を撮らしてもらいました。
と、ここで写真を入れようと思いましたが、
彼女の顔が写っているのは良くないので、
いろいろ編集しようと頑張ったのですが、
できませんでした。というのは、今東京の
娘のパソコンでこのブログを書いているのです。
何故なら、わたし明日から今度は
ニューヨークとボストンに行きます。
今度は、観光も少ししますが、カウンセリングの
会議とワークショップに参加するためです。

というわけで、またブログがしばらくお休みになりますが、
帰って来たら、さっきの若い韓国人女性の写真も
忘れずにアップしますね!

わこ


親は子どもの絶対的な味方

広島クラスのアレキサンドラからです。

もうずいぶん長い間、「親の時間」を続けています。

子どもも成長していきましたが、
それぞれの成長過程で
さまざまな心配事や悩みがあって、
いつまでたっても、親であることには
変わりはありません。

ただ子どもも大人になると、
子どもの人生は子どものもの
ということが素直に納得できるようになり、
少し離れた視線で見ることも
できるようになったかなとも思います。

しかしやっぱり心配事はつきない・・・
子どもが大切なのです。
彼のために、どんなことでも
してやりたいのです。

「親の時間」は、そんな葛藤の中にある
私の気持ちを、冷静にしてくれるいい時間です。
そして、心配していいんだと、
自分に言い聞かせてくれる時間です。

いっぱい心配して、
でも彼の人生なのだからと
彼の判断に任せる。
私が私の判断と決断で、
自分の人生を歩んできたように、
彼もきっと自分の人生を歩んでいくでしょう。

でも、いつも心配して、
絶対の味方の親の存在があることも、
時には思い出してくれたらいいなと願っています。

アレキサンドラ

希望を持って生きたい

あやちゃんからです。

今月でちょうど50歳になります。
免許更新の年だったので
免許センターヘ行きました。
新しく出来た免許証と
5年前に更新した免許証を見比べて
「あら~ほうれい線が・・・
目の下のたるみが・・・」
と目に見える老化現象に、何も
感じなかったと言えばうそになります。
でもこれがアタシだもんな!しゃーない!
50歳までよく生きてきた!
と思いなおしたら、ふと40歳の時の
私を思い出しました。
当時、私はなぜか40歳が
人生の折り返し地点と思い込んでいて、
「これから後半の人生、
いったいどうなってしまうんだろう」と
不安や心配、悲観的なマイナス感情で
押しつぶされそうでした。
その頃の私と比べると、
10歳年を重ね、あちこちがたがきている
今のほうが、心はとても
らくちんだなと気づきました。
身体のことや日々のストレスで
辛くなることはよくあるけれど
そしたら、すぐに話を聞いてくれる
仲間がいるし、そうやって今までも
乗り越えてきたから、これからも
大丈夫と思えているんだな、
とわかって嬉しかったです。

これからも年を重ねる私を
私自身が諦めずに、
希望をもって生きたいです。

みんないつもありがとう。

あやちゃん

自分の身体の感覚を信頼する

みきからです。

一日3食決まった時間に、
栄養のバランスを考えて、
たくさん食べることが
良いという神話のもと、
私は当然そのようにすることが
正しいと思い込んできました。

私の母は、彩りも重視していて、
一年中トマトの付け合わせがよく出ていました。
冬のトマトはどこで採れたものだったか
知らないけど、美味しいと思ったことはなく、
おかげで最近まで私はトマトが
あまり好きではありませんでした。

だんだん正しく(?)食べることの
呪縛から解放されてくると、
別に三食食べなくたっていいし、
むしろ食べない方が調子がいい時もある。
時間どおりじゃなくても、
食べたい時に食べたいだけ
食べればいいし、栄養のバランスが
悪くたって、食べたい物を食べればいい。
と思うようになり、とっても楽になりました。

そうしていると、ちゃんと夏には
トマトや茄子が食べたくなって
美味し~と感じるし、秋になると
無性にかぼちゃが食べたくなる。
冬には根菜やお餅、春には山菜を欲する。

冬にトマトやキュウリを全く私の体は欲してないわ!
ちゃんと体が、その時自分に必要なものを
教えてくれていました。

風邪を引いたら、食べたくなくても、
母は少しでも食べられるものを
食べさせようとしていたので、
私も何となく食べて治すクセがあったけど、
その時体に必要がないから食べたくない
という最も正確な答えが出てきました。

最適な答えがいつも自分の中にあるのに、
なんで外からの情報と不要な知識を
信じてしまうのだろう?
もっと100%自分の体の感覚を
信頼したいなと思います。

長寿のおばあちゃんは、よく食べると
聞いていたのに、最近は少食の方が
老化しにくいとか…
自分にとっての正解を選択するのに、
溢れる矛盾した情報や、
いつ変更になるかわからない科学的根拠って、
結構ジャマになるな~(-.-)

みき
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR