FC2ブログ

パーソナルゾーンは無理

まきちゃんからです。

ある日の中学生の娘との会話です。

「今日の社会の授業で先生が突然
『君たち、パーソナルゾーンって知ってるか?』
って言いだして、で、クラスの誰かかが
『知らない』って言ったら先生が
説明してくれたんがけど…」と話は続き、
「先生が言うには『君たちのこの学年のみんなは
人との距離が近すぎると思う。
他の中学ではあんまりなかった。
両手を肩の高さまで水平に上げた
直径の円の範囲がパーソナルゾーンと言って、
他人に近づかれると不快に思う距離なんだよ。
本当に君たちは、男女問わず
人との距離が近いよね。
この学校を卒業して他校の生徒や
いろんな人と接する時、
ちょっと困ることがあると思うよ』
って言うんだよね」と娘が言うので、
「誰か距離が近くて困ってるのかな?」と聞くと、
「いや、先生が気になっているらしい」と、
「『君たちの担任の先生(男性)と
僕が肩寄せ合って廊下を歩いていたら
みんな引くでしょ?!』って言ってた」と娘。

確かに娘たちの中学は生徒数も少なく、
小学校を卒業した生徒が、そのまま
中学に行くので気心が知れた仲間同士です。
先生がなぜこの事を生徒に話したのか
わかりませんが、以前娘に
「三者懇談の時におかあさんから
先生に聞いてほしいことがある」
と言われたことを思い出しました。

娘のクラスで授業中に騒ぐ生徒がいて、
先生も、授業を受けたい生徒も困っていました。
「静かにしてよ!」とクラスメートが注意をすると、
「点取り」「良い子ぶるな」とケンカになるともあり、
「小学校6年の時、あんなに仲良かった頃が
懐かしいわ」と言って嘆いていました。
娘が言うのには「新人の先生だけが
このことに困っていて、前からいる先生が
全然助けているように思えないんだよね」
「三者懇談の時に、先生同士助け合って
この事をどうしようと思っているのか
聞いて欲しい」と頼まれたのです。

このパーソナルゾーンの話をした先生は、
学年主任のベテラン教師です。
一方、娘の担任は教師になって2年目です。
パーソナルゾーンを気にするより、
本当に先生同士が肩寄せ合って、
生徒から見ても「助け合っている」と、
うなずけるくらい仲良くなって
欲しいと私は思いました。

「親の時間」のクラスでは話を聞きあうとき、
相手の承諾を得て手を取り合って話を聞きあいます。
私は抵抗なく初めから手を取り合えましたが、
人によってはいろんな経験から、
それに抵抗がある人も勿論います。
でも、人に話すのに勇気がいるような時や
寂しい時は、人の存在を感じながら
話すことがとても良いことを
クラスで体験しています。
元々、人が近くにいることは「不快」ではなく
「安心」だったのではないでしょうか。

娘の話にはまだ続きがあって、
その授業が終わってトイレに行った帰りの
廊下で、友達と「ちょっとさっきの、
パーソナルゾーンの距離で話してみよう」
ということになりおしゃべりしたそうですが、
「寂しすぎる!」とすぐにくっついたそうです。
「やっぱ、うちらにはこの距離は無理だわ」
ということでした。

まきちゃん
スポンサーサイト

世界中で一番大好きなおかあさん

ちほからです。

昨年、長期の闘病の末に
母が亡くなりました。
いつかいなくなってしまうとは
わかっていましたが、
実際にそうなるとさみしさと
悲しみが湧いてきます。

母を喪ってしまう感情は、
仲間たちにたくさん聞いてもらい、
たくさん泣いてきました。

その中で自分でも驚いているのは、
こんなにも母のことが
大好きだったということです。

数年前から容態が悪くなってきている
母のことを仲間に聞いてもらううちに
「母に近づこう」と決めることが
できるようになりました。

母について知らないことを聞いたり、
言葉にするのが恥ずかしかったけれど
大好きだと伝えたり、帰り際にハグもしました。
母も恥ずかしそうで、嬉しそうでした。
母に対して『特別な感情はない』と
思っていた以前の私には
考えられない行動です。

母は私を産んで2ヶ月後には
職場復帰しました。
私は同居の祖母に預けられ、
母がいないことは当たり前だったので、
さみしいとも感じていませんでした。

私が10才の時に母は発病し、
小さいながら「お母さんを
悲しませてはいけない」と思いました。
甘えたり、わがままを言ったり
悩みを相談した記憶はありません。

今考えてみると聞き分けがよく、
困らせないことが母への愛情でした。
細心の注意をはらい、たくさん考えて
行動していた小さい自分のことをふり返ると、
こんなにもいつも母のことを気にかけ、
愛していたんだと気づきました。
同時に小さい頃に、母に対して
たくさんの愛情をみせたかった
という気持ちも思い出します。

母はもういません。
でも世界中で一番大好きな母であることは
変わりありません。
これからも母への気持ちを聞いてもらうことで
いろんな気づきがあればいいなと思います。

ちほ

新しいことに挑戦する

としみからです。

当たり前のことだけれど、
生まれたばかりの私にとって、
全てが初めてのことだったんだーと、
現在52歳の私がそれを
「すごいな~」と心から思う。

生まれてから意気揚々として
新しいことに向かっていたのは、
一体何歳までだったろうか?
知らないうちに、新しいことを
前にすると不安な気持ちが先頭に立ち
その不安な気持ちが嫌で、
失敗して落ち込むのが怖くて
いつしか新しいことを
自然と避けて生きるようになっていた。

生まれたばかりの私は、
話すことも出来ず、
動くこともままならず、
周りのおとなのお世話を
受けながらも賢く、
強く生きてきたに違いない。

新しいことにチャレンジする時の
ワクワクする気持ちを忘れた訳じゃない。
でも、自分に対するネガティブな
気持ちの方が正しいと思ってしまっただけ。
不安な時に自分だけの殻に
閉じこもり、周りに助けを求めようと
しなかっただけ。

小さい頃の私が「頑張って」と
言ったような気がした。

今年は新しいことに挑戦しよう!

臆病な自分を励まして、
いっぱい自分を褒めて、
悲しくなったらいっぱい泣いて、
可笑しかったらいっぱい笑って
自分の感情を閉じ込めず、
安心できる人に聞いてもらおう!
そうしたら、どんなに自分が賢くて、
強い女性か思い出せるから。
自分に対するネガティブな
気持ちから解き放たれ、
子どもの頃のような自分を取り戻せるから。

その為には、色々な気持ちを
たくさん聞いてもらう必要がありそうです。

「親の時間」の大切なひと達、
今年も一緒にやっていこう!

としみ

2019年の始まり

明けましておめでとうございます。

2019年、どんな年にしようかなぁ?

去年箱根駅伝を見て、感動しまくりだったので
今年も娘からテレビを借りて、見ました。
やっぱり、いっぱい感動しました。

若い人たちが全力でエネルギーを出して
チームになって力を合わせている姿は
本当に胸を打ちます。

いつも思うのですが、箱根駅伝もなんだけど、
オリンピックとか、甲子園とか、
大きな大会に出て、それを実際に
観戦する親ってどんな気持ちなんだろう?って。

わたしがもしそんな子どもの親だったら、
なんかハラハラ、ドキドキで
実際に応援どころか、
テレビも見れないんじゃないかって
思ってしまいます。

ところで、わたしの娘は今アラスカを旅しています。
面白い写真が来たのでみんなにも紹介しますね。


9125639653877.jpg

気温-28度で、温泉に入った時。



オーロラ

オーロラ。
レベル1〜5まであって、
これはレベル1なのだそうです。

今日も2時間仮眠した後、
オーロラを見に行くと、さっきラインで話していました。
今日の夜はレベル5が期待できそうなんですって。

見れるといいなぁと、日本で
娘からの写真を期待しているわたしです。

わこ



話を遮らずにただ耳を傾ける大切さ

今年最後の投稿はこっちゃんです。

中3の長男の志望校が、決まりました。

決定前、高校に進学することは
決めたものの行きたい高校が2校あり、
どちらにしようか…と、
進路最終決定日の朝もまだ悩んでいた長男。
悩みすぎて頭が痛い…と、
かなり憔悴している様子でした。

そこで、あらためて時間を作って、
じっくり話を聞くことにしました。

「うまくはなせない」
「自分でもよくわからない」と、
話すことを拒んでいた彼に、
「うまく話そうとしなくてもいいよ。
あなたの話止めないから、
思い付くままに何でも話してみて」
と言うと、ぽつりぽつり話し始めました。

いろんな不安や恐怖を感じていたらしく、
途中涙を流しながら心の内を話してくれました。
話し終える頃には、気持ちが整理できたのか、
どちらの高校を受験するか、
気持ちが定まったようです。

話の後、まだこわいかい?と聞くと、
「話したら、あんまり怖くなくなった」と
すっきりと落ち着いた表情の彼。

話を遮らず、ただ黙って、
耳を傾けることの大切さを
改めて感じた出来事でした。

こっちゃん
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR