運動会での娘を見て

匿名さんからです。

先週の曇り空の中、小学六年生の
娘の運動会がありました。

その日は午後から雨の予報だったので
午前中で全ての競技が終わる、
「荒天用プログラム」に変更され行われました。
なので、お弁当も作らなくてよく
レジャーシートだけを持って
早朝に場所を取った最前列に座って
家族全員で娘の応援をしました。

小学生最後の運動会を見ながら
一年生からの娘の成長を思い出しました。

比較的おとなしい娘は、小学校入学当初から
友達との関係が難しく、学校で孤立することも多くて、
私は朝、娘を学校に送り出すのが不安でした。
その頃、娘のことで何度も「親の時間」の
仲間に話を聞いてもらっていたのを覚えています。

娘が4年生の時、本人も食事の量が減り
口数も少なくなっていったある日、
娘から私に言って来るまで待とうと思っていましたが、
「お母さん、少し気になってることがあるんだけど」と
私から娘に話を始めしました。
そうしたら、私の膝に座った娘が
涙をぽろぽろ流し始めました。
「泣きたかったら今泣いていいよ」と
私が「親の時間」に初めて行った時に、
言われてホッとして涙が溢れた言葉を
娘にも言ったら、私にギュっとしがみついて
しばらく泣いていました。
私もその時は一緒に泣きました。

それをきっかけに、「娘の話を聞く時間」が
私たち親子の間に始まりました。
時には学校を休んだり、
先生に相談したりと、いろいろ娘と
相談しながらここまでやってきました。

今年の運動会での娘は、
隣の席の子とふざけあったり、
リレーで走るクラスメートに対して
大きな声を出して一生懸命応援したり、
娘の「白組」が勝ったときには
両手を挙げて飛び跳ね、
今まで一度も見たことがなかった娘の姿がありました。

娘も気持ちを共感しあえる仲間ができて
少しずつ、少しずつ自信を取り戻しているようです。

私も「親の時間」のみんなに励ましてもらいながら、
娘の話を只々黙って聞くことができて
本当に良かったと思います。
スポンサーサイト

お誕生日に一人旅

6月がお誕生日のわたしに
わたしからのプレゼントで、
東ヨーロッパに行くことにしました。

今日、東京に行って娘の所に2泊して
金曜日から2週間の旅です。

友達に会いに行くわけでもなく、
研修や仕事があるわけでもなく、
全くの海外ひとり旅は、初めてで
ワクワク、ドキドキです。

たくさんの素敵な報告ができらたいいなー。


息子よ、君も泣いていいんだよ

ちほからです。

息子は今年の春に大学生になりました。
希望校には入学できなかったのですが、
受かった大学に進学することに決めました。

進路は決めたものの落ち込み、
親元を離れることに不安があるようで
苛立っていてもいて、珍しく話しかけても
時々うわの空なところも見られました。
いろいろ感じて泣きたいだろうにと
私が思ってもそう簡単にはいきません。

小学生の頃の息子は辛い時は泣いて帰ってくるか、
目にタオルを当てて居間に来たりして
「泣きたいよ」と言わんばかりの態度でした。
私が「どうしたの?」と言えば、
後は泣きながら言いたいことを言って
その後、機嫌が直ったりしたものでした。

高校生くらいになると、怒ったり文句は言うものの、
泣くことはほとんどなくなりました。
私より大きくなった息子の話を聞こうと
近づいても苛立って手足をバタつかせたりして
私はちょっと痛い思いもしていました。

新しい土地で新生活の準備をしている時も
ずっと文句と不安を言っていた息子。
明日から一人暮らしをする段になっても
「行きたくない」と言うばかりで、
私もちょっと心配になったのでしたが…

次の日、大学に行く準備でバタバタしていた息子が
「もう行かなき ゃ!じゃあね!」と
涙目でハグしてきました。
私は出かけようとする息子を止めて
「今ちょっとだけ泣いていきな 」と言って
二人で泣きました。
ほんの2、3分のことでした。

世間的に男の子は強くなければいけないので、
泣くことも、弱音をはくことも
出来ない状況に置かれます。
女の私でも親から、泣くのは恥ずかしい
ことだと言われてきました。

私が「親の時間」に参加したのは
息子が1才半の時からで、泣くことが
傷ついたことから回復する
大切なことだと知っていたけれど、
世間では、特に男の子は禁止に
近い状況で泣くのを止められます。
けれど、大きくなっても男の子も泣きたいのです。
むしろ泣いた方がその人らしく
生きていけると、私は思います。
泣いてもいいというメッ セージが
どんな男の子、男性にも届けばいいのにと思います。

あれから2ヶ月が過ぎ、息子は大学にも
一人暮らしにも慣れてきたようで す。
最近どう?と聞くと「余裕!」なんて言ってきます。
息子よ、忘れないでね。君は泣いていいんだよ。

ちほ

先生たちの努力に感動

ちえちゃんからです。

北海道では運動会は春に開催されます。
私の子供たちの学校では今月27日の
土曜に開催の予定でしたが、
天気予報はあいにくの雨。
前日の段階で延期が決定されました。

金曜日の夕方、夕飯の支度に
取りかかっていたころ、チャイムがなり、
出てみると下の娘の担任の先生でした。
突然の訪問に驚いて出てみると、
帰りの会で運動会延期のプリントと、
翌週の時間割が載った学級通信を
配り忘れたからとのことでした。

私の子どもたちは、地下鉄やバスで
通うことのできる教育特区の学校に通っています。
乗換えが必要な遠方から通っている子どももいます。
それらの家を一軒一軒訪問しているというのです。
延期のことはすでに学校からのメール配信で
知っていましたし、時間割や連絡事項に
ついても電話やメールでも済む話です。
けれど先生は、子ども達の運動会に
向けた意気込みを学級通信に載せていたので、
運動会の前に各家庭で見てほしくて
届けているそうなのです。

娘は大好きな先生が突然家に
来てくれたことに喜んで、
そのまま少しプチ家庭訪問と
いった感じでお話をしていました。

娘は、「雨が降ってしまったら、
いくら翌日晴れてもグラウンドは
グチャグチャで水たまりができるけど、
どうするの?」と素朴な疑問をたずねていました。
すると、先生がたは朝早くに学校に来て、
少しでも状態を良くするために雑巾や
モップで整備するのだとおっしゃっていました。

教師がニュースなどで取り上げられるとしたら、
たいていはネガティブな話題が多いように感じます。
ですが、本当に一生懸命に学校や子どもたちの事を
考えて行動してくださる先生も沢山いて、
運動会にくる来賓や子どもたちに
向けた見えない配慮や努力に感動してしまいました。

明日は晴れて運動会があると良いな。

ちえちゃん

ギューってハグ

青森のママンからです。

子どもが4人います。
第一子22才の子が最近、
本音で私にぶつかってきました。
両親が離婚した時の寂しさや悲しさ、
そして幼い頃からの自分自身の悩みを
泣きながら吐き出された時に気づいたのは、
私は自分の事で精一杯で子どもと
十分に触れ合っていなかった…ということ。
辛い気持ちを聞いてあげられなかった…ということ。

そこで決めました。子育てをやり直そう!

今一緒に生活していないので、
ご飯を一緒に食べる時間を作ったり、
お弁当持参でお出かけしたり、
電話でおしゃべりしたり。
積極的に子どもに関わっていきました。

そして、「親の時間」で練習した『ハグ』。
メインリスナーが、大人になって
突然ハグするっても照れちゃうから
練習しよう!って。
みんなでハグしあいました、泣きながら。

もちろん、私の子どもとも
ちゃんとハグしました。
最初はお互いに照れていたけど、
小さな頃に戻ったように
ギュウッと抱き合いました。

練習してくれたみんな、ありがとう!
子どもに笑顔が戻りました!

ママン
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR