大きな恐怖から気づいたこと

今回は匿名さんです。

先日、あることをきっかけに
ひどい恐怖心にさいなまれました。

その恐怖心は日常生活に支障を感じるほどで、
それは一週間もつづきました。
一週間、わたしは毎日仲間に話を聞いてもらいました。

その恐怖は現在のわたしをとりまく
ある状況に関するものだったのですが、
ポイントがそこにはないことがわかっていました。

それは、わたしが幼少期に感じたものが
形を変えて再現された恐怖でした。

いまのわたしは、幼少期の恐怖とは無縁の場所にいます。
また、恐怖に対処できる年齢にもなっています。
そうしたことが頭ではわかっていても、
信じがたいほどの恐怖心はつづきました。

それは、自分の中にこれほどのエネルギーを
かかえていたということに驚くような体験でした。
聞きあう仲間のいなかった幼少期の自分自身が
このような感情をもってよく生きてこれたものだなあ、
と自分自身に感心さえしました。

その恐怖は、わたしの父に起因するものでした。

わたしの父は感情のままに怒鳴り声をあげるような人で、
家族はみな父に振り回されていました。
わたしが怒鳴られるとき、母がわたしと父の
あいだに入ってくれることもありましたが、
母も父が怖かったのだと思います。
守ってもらえるという安心感はありませんでした。

父に怒鳴られるたびに、わたしは
「家から追い出される」と思いました。
母も自己保身のために、わたしを
捨てるのではないか、と感じていました。

このエピソードを仲間に聞いてもらっているうちに、
わたしは何かがおかしい、と感じ始めました。

父はわたしを実際に家から閉め出したり、
そのように脅したりすることはありませんでした。
ではなぜ当時のわたしは「怒鳴られて怖い」
ではなくて「追い出される」と感じていたのか?

そう考えたとき、気がついたことがあります。
「家から追い出される恐怖」を持っていたのは
父のほうだったのではないか、と。

わたしの父は両親の離婚によって、年の離れた
兄弟や親戚のあいだをたらい回しにされ、
苦労して育った人だと聞いたことがあります。

いつ追い出されるかわからない恐怖にさいなまれながら
少年時代を過ごしたのは父だったのです。
そんなことを幼少当時のわたしは知りませんでした。
知ったのは成人になってからのことです。
ですが、父の恐怖を読み取り、
自らの恐怖として感じていたのだと思います。
言葉を介さなくても、良い感情も悪い感情も
伝わってしまうものだとあらため実感しました。

「親の時間」を続けてきて、
信頼して話しを聞き合うことのできる仲間と
安心できる場所の存在を実感できる状態にあったからこそ、
心の奥底に押し込められていた感情が
開放されたのだと思います。

とても怖い思いをしましたが、
自分の中に恐怖と向き合う力も存在すること、
また、それを取り戻すことが
できるのだということは、
わたしにとって大きな発見でした。

これで決してわたしの恐れが
すべて解決したとも、克服したとも思いません。
これからもきっと様々な恐怖を感じることでしょう。
けれども、いまの自分は、幼かったころとは異なり
問題に立ち向かう力を持っており、
また、助けてくれる人もいます。
ですから、きっと、「恐怖を感じることがあったとしても
なんとかなるのかも」と思えるようになっています。

スポンサーサイト

手をつなぐっていいよ

初登場のあっこからです。

小さい頃から手がコンプレックスだった私。
節が大きくて硬くて男の子みたい。
誰かと握手すると柔らかくてスベスベで
私の手をみんなはどう思うんだろう、
みんなは柔らかくていいなぁと思っていたものです。

握手が嫌だった私はふれあうことも苦手。
誰かにさわる時にはすごく気を遣うし、
触られるのはもっと苦手。
肩に手を置かれたり、
テーブルの下で足がぶつかったりすると
緊張して触れた部分がこわばってしまう。

そんな私も「親の時間」に出会って7年。
最初はどこかに触れながら、
話しを聞きあうことがイヤでイヤで
何で触るのさっ!と怒りたい気持ちだった。
でもね、変わるんだね、人って。


(ここで突然ですが、わこのコメント
「親の時間」では、話しを聞き合う時に、
手を取ったり、膝に軽く手を置いてもらったり
することをすすめています。
もちろん、すごくイヤダったら無理強いはしません。

理由は、小さな子どもを例にとったらわかりやすいのですが、
子どもは、安心で信頼できる人と一緒にいると、
その人の膝に乗ったり、手をつないだりして
安心感、信頼感を確認します。

わたしたちおとなも子どもの頃は、
手をつなぐ時、誰かにそっと触れてもらう時、
安心感を持ったはずなのです。
話しを聞き、聞いてもらいながら
手をつなぐことで、
おとなになったわたしたちも
安心感、信頼感を深めることができるようになります)

以下あっこの文章の続き

目の前にいる人を信頼して
手を握りながら泣けるのです。
そこにいるよね?と確認しているみたい。
すごく安心で、心地よさまで感じられるくらい。

本当にいいよ、聞きあうのって。

ちょっといいかも?
ほんとうかな?
あなたはどう思う?

一度確かめに来てみてね。

あっこ

両方感じてもいいよ

のんちゃんからです。

3月のわこの「親の時間」で、
色々な出来事があったときには
「両方感じていい」ということに気づいたことは、
私には大きな衝撃でした。

子どもの頃クラス替えや卒業でお別れするとき、
別れの寂しさ辛さを感じるよりも、
先への期待感やワクワクする感じに集中することで
やり過ごしてきたように思います。

そこには、不安や恐れや様々な感情も
絡まっていたようにも思いますが、
誰かに聞いてもらうこともなく、
辛い感情には無意識にさっと蓋をして
毎年新年度の慌ただしさに紛らわせて
何となく乗り切っていたのだと思います。

2月3月になると、時々胸のあたりが
何ともいえなく辛く重い感じになることがあります。
その感覚はしばらくすると消えていくし、
その度にきっかけになるような出来事もあるのですが、
よく考えてみると、その季節以外に
その感覚を感じることはほとんどないのです。

大事ななペットが死にかけている時や、
死んでしまったときに感じた
辛い感覚にもよく似ています。

「泣いたって仕方ない」とか、
「言ったって仕方ないことは言わないの」と
誰かに言われたような気もします。

「大事な人が死んだら耐えられるかな?」と言ったら、
カウンセラーに「耐えなくていいよ」と言われて、
私は、別れのつらさは一人じっと耐えるものと
ずっと思ってきたことにも気づきました。

一人で耐えるのは辛いから、出来るだけ
感じないようにしたのかもしれません。

別れが寂しくて辛いのは、その人が大好きと
感じることでもあるなと思います。 

お別れしたくなーいと、
新しい場所が楽しみーの両方感じてよかったのですね。

のんちゃん

悪いことは、信じない

今日は、ともこからです。

私は、小さい頃からこんな風に言われてきました。

・泣いてばかりいるんだったら
 おねえちゃんなんてやめてしまいなさい。
・妹は目が二重なのに
 おねえちゃんは一重ってかわいそうだね。
・勉強出来なくていったいどうするつもり?
 だめな人間になってもいいの?
・もっと、こうすれば良くなるのになぜできないの? 

などなど、例を挙げたら、きりがありません。

親や周りの大人、友達の何気ない言葉に傷ついて、
自分自身に自信が持てなくなっていきました。
そして、私にこれらのことを言ってくる人や、
大人の期待に難なく応えてるように見える妹や友人に対して
嫉妬、恨み、憎悪を持ち始め、
それが、自棄、破壊衝動となり、
心の中にカチカチの炭みたいに固まって
居座るようになりました。
その結果、この気持ちを感じることが嫌で、
比べられたり、非難されるような状況を
ずっと避けるように生きてきました。

しかし、親になってから、子どもを通して、
あのころの気持ちがよみがえり苦しくなりました。

子どもは私とは別の人間なので(当たり前ですが)
困難を乗り越えようと頑張ります。
私はその苦しさから逃げてきたので、
向かっていこうとする子どもの後押しが出来ない。
応援したいのに『一緒に逃げよう』と
言いたくなってしまう。

こんな気持ちを仲間に聞いてもらっているうちに、
どうにもならないような苦しさで、
向き合うことが難しかったり、
無かったことにしてしまいたかった
固まった負の感情があふれてきました。

あまりにも無神経な言葉、
自信をなくしてしまったことに対する怒り。

とにかく私は、本当は私を傷つけてきた言葉に、
怒っていたことをはっきり思い出しました。
そして、たくさん怒りを聞いてもらいました。

そうしたら、以前に何度か、
わたしにカウンセラーがかけてくれた言葉
「以前のともこに対する誤った評価や
非難は信じなくていい」を思い出しました。
自分や相手を責めても出口は見えません。
でも、「悪いことは、信じない」と決めると、
気持ちが軽くなり、不思議と絡まって混乱し、
どうしたらいいかわからなかった所が
整理されて解決への道が見えてくるのです。

聞いてもらう事で、心の中の負の感情は
今は、固まりからシミに変わった気がしています。

また、 思い出すような事があって
悲しくなったり、苦しくなったときは
自分の考えを整理するヒントにするために
「悪いことは、信じなくていいよ」と
自分自身に言ってあげようと思います。

ともこ
 

助けを求めていいよ!

今日は、こっちゃんの文章です。

親が社会からたくさんのプレッシャーを受けて、
それと同時に、潜在的に子ども時代の自分を思い出して
子育てしていると、とても苦しいよと、
こっちゃんは、説明してくれています。

子育てが苦しいのは、決してあなたのせいではありません。
ただ、助けがあまりにも少なくて、
心に余裕がなくなっているし、
自分が子どものころ、そんな親を見て来たので、
2重に苦しくなっているのです。

子育てが苦しいと感じたら、自分を責めるのではなく、
どうか、助けを求めて下さい。

それでは、こっちゃんです。

私が「親の時間」に初めて参加したのは3年前、
当時子どもは6歳、3歳でした。
その頃の私は、自分の理想の子育て
「子ども第一!自分はひたすら我慢!」
を信条に頑張っていました。
私自身が、いつもさびしさを感じながら育ってきたので、
子ども達に同じ思いをさせたくなかったのです。

でも、頑張れば頑張るほど、
まとわりついてくる子どもがうっとうしくて
邪魔くさくて仕方がないのです。
そしてそんなことを思う自分をいつも責めて、
体中が苦しい気持ちで埋め尽くされ、
口から耳から鼻からもうあふれだしそうなほど
いつも苦しさ満タンです、、、

「もう少し、手を抜いたら?」とまわりに言われても、
私が楽をしたぶん、子どもを苦しめそうでとても怖くて、
何をどう手抜きすればいいのかさっぱりわかりません。
他のお母さん達のように、うまくやり過ごせない自分をまた責めました。

「親の時間」に通うことを決めるのにも
かなり時間がかかりましたが
(自分のためにお金と時間を使うことに罪悪感があって)
でもとにかくそこで、泣いて泣いて泣いて、
苦しい気持ちをたくさん吐き出していきました。

そうして気がついたのは、
私は目の前の子ども達を通して、
実は過去の自分のことを必死に
慰めていたのだということです。

そうして今度は、小さい頃の自分を思い出して、
たくさんたくさん泣いてたくさんたくさん怒って
あの頃の苦しさを吐き出していきました。

目の前に、話を聞いてくれる誰かがいて、
そのまなざしに安心して感情を解放し続けると
本当に心も体も軽くなり、苦しさから解放されます。

あんなにうっとうしく思っていた子どもたちと、
今は心から楽しく仲よく関わることができるようになりました。

自分の人生は「どんなときも自分が主人公なんだ」と
考えることができるようになったし、
子どもがいても、夫がいても、
「私はいつだって自由に、しかも家族と仲良く、暮らしていけるんだ」
って 実感できるようになりました。

私にとって「親の時間」を通して得た仲間は宝だし、
聞きあう時間はライフワークです!!

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR