乳がんからの復活!

これから、週に少なくても1回は、
「親の時間」のメンバーからの文章を
このブログに載せていこうと、思います。
まず、第一号は、ちほからの文章です。


「はじめまして、chihoです。
今日は、自分で決めることがどんなに大切かを知った
私の体験を書きたいと思います。

私は昨年、乳がんの手術をしました。
母が乳がんだったので、私もなる確率が高かったのですが、
医師からがんと聞いた時は動揺して
時間が止まったような感覚になりました。

「どうしよう。死んじゃうのかな?
家族になんて言おう。怖いよ。」

待合室で頭に浮かんでいたのはこんな言葉でした。
それでも淡々と検査や手術の予約をして帰りました。

私には話を聞きあう仲間がいるので、
辛い気持ちを聞いてもらうことができるのですが、
がんとわかってからの聞きあう方法は
さらに私の人生を大きく変えたと言っても過言ではありません。

私は恐怖の真ん中にいるような気持ちを
仲間に泣きながら話しました。
ただ優しく話を聞いてくれます。
そしたら少しだけ恐怖の渦から外れた気がしたのです。

「やっぱりこの方法はすごいんだな」

それから何度もそう思いました。
だって死ぬんじゃないかと怖がっていたのに、
話を聞いてもらうと
家に帰って面白いことで
大爆笑しているのです。

がんのこと、体のこと、これからどうするか…
あらゆることを仲間たちに聞いてもらいました。
こうすることで、自分がどうしたいかが見えてくるのです。

結局、約1年間手術をせずに
いろんなことをやってみることにしました。

夫や子ども達には、悪化したら手術をすると
約束して協力してもらうようお願いしました。

定期的に検査を依頼した病院の医師や看護師にも
すぐに手術をしないことを伝えると
行く度に心配され、泣かれたこともあります。

みんなを心配させ、自分はわがままなのかなと
思ったこともあります。
でも、私はすべてを自分が納得しないことは
できなかったのです。
私のことで、私の体なのですから。

長い時間を使って自分を知ることで
自信をもって行動できるようになりました。
そのことで手術に踏み切ることができたのです。
がんになったことは決して嬉しくはなかったけど、
それを味わい、貴重なこの経験ができた
自分のことは、大好きになれました。

いつかまた、手術を決めてからの話を書きたいと思います」


ちほ、自分の体験を書いてくれてありがとう。
つづきを楽しみにしているね。

今日は、大晦日です。
家族と集まったときには、
毎年わたしがみんなに提案している、
今年、ひとりひとりが、よくやったことを
聞き合ってください。

それでは、良いお年を!!



スポンサーサイト

大掃除

今年の年末は、ともだちも一緒に
温泉に泊まりにいき、その後、その友達のところで
年越しをする予定です。
だから、大掃除は、お正月にしようかなーと思っていたら。
娘が、「やっぱし、新年はキレイにして迎えたい」
と申しまして、昨日、お風呂の大掃除を始めました。
だから、わたしも、彼女の姿に励まされて、
キッチンの大掃除に取りかかりました。

で、思い出したのが、私が8年前に連載していた
新聞に書いた記事です。
大掃除の部分だけ抜粋して、ここに載せますね。

私の家では、以前は大掃除を、
母親である私が、全部自動的にやっていました。
でも数年前、考えてみたら、
同じ家に住んでいる娘たちも、
いろいろ手伝えることに気がつき、
家族会議を開いて、みんなで一緒にやることに決めました。

やり方は、まずみんなが一日中時間を取れる日を決めます。
そして当日は、掃除の必要な場所をリストアップし、
年齢の若い下の娘から自分が掃除したい所を選びます。
私が一人でやっていたときは、
掃除をしながら同時にブツブツ文句も言っていたため、
大掃除の日は、私にとっても、
娘たちにとっても、嫌な日でした。
でも、一緒にやるようになってから、
掃除が終わった後、綺麗になった場所をお互い見せ合い、
一生懸命掃除したことを自慢する、
結構楽しい日に変わりました。
そして全部終わったら一緒に銭湯に行き、
外食して、一日が終わります。
帰って来るとみんなで大掃除した家は、
ピカピカで、どこもかしこも、とっても嬉しそうです。



クリスマスづくし

今日は、朝からパソコンでイギリスのラジオ番組を聞いていました。
色んな、クリスマスソングがかかっていて、
クリスマス気分を盛り上げてくれたのだけど、
さすがにずっと聞いていたら、飽きてきちゃいました。

ローストチキン、美味しかったです。
一年に一回の、鶏の丸焼きです。
お腹いっぱいです。

で、今朝約束した写真です。

クリスマスデコレーション

そして、これは、お料理とわたしと、
クリスマスデコレーションです。

クリスマス2012



 

クリスマスリース

みっちゃん、コメントありがとう。
どんな、クリスマスカードを書いたのかな?
カードを読んでる家族のお顔を、
嬉しそうに眺めている
みっちゃんの顔が浮かびます。

さて、以前家のクリスマスデコレーションを
このブログに載せるとい書いていたので、
まずはクリスマスリースから。

毎年、買ったり、道ばたで拾ったりしながら
材料を集めて、わたしが作ります。

去年のもあったので、二つアップしますね。

I2011 クリスマスリース

そして、これが今年のです。

2012クリスマスリース

どっちも、可愛いでしょう?

我が家は、今日クリスマスディナーをします。
だから、クリスマスデコレーションは、
時間があったら今晩、遅くてもまた明日
お料理と一緒にアップします。








満員バスの中であかちゃんが泣いた時

「親の時間」のメンバーの人が、
「とても良い記事を読んだのよ」と言って、
知らせてくれました。
本当に素敵なエピソードなので、
ここで紹介します。

私が東京に住んでいたある12月半ばを過ぎたころのことです。
私が乗ったときはそんなに混んでいなかったバスが、ある病院前に
停車してからどっと多くの人が乗り、
あっという間に満員になってしまいました。
バスが走り出した時、後方からあかちゃんの、
火のついたような泣き声が聞こえました。
ギュウギュウ詰めのバスと、人の熱気と暖房とで、
小さなあかちゃんにとっては苦しく、
泣く以外に方法がなかったのだ、と思えました。
泣き叫ぶあかちゃんを乗せて、バスは新宿に向かい走っていました。
バスが次の停留所に着いた時、後方から、
「待って下さい。降ります」と、若い人の声が聞こえてきました。
同時にあかちゃんの泣き声も近づいて来ることで、
泣いたあかちゃんを抱いている、おかあさんだと分かりました。
彼女がお金を払おうとしたら、運転手さんは「目的地はここですか?」
とききました。
その女性は、「新宿までなのですが、子どもが泣くので、
ここで降ります」と答えました。
すると運転手さんは、
「ここから新宿駅まで歩いて行くのはたいへんです。
目的地まで乗って行ってください」
と話し、急にマイクのスイッチを入れました。
「皆さん!この若いおかあさんは新宿まで行くのですが、
あかちゃんが泣いて、皆さんにご迷惑がかかるので、
ここで降りると言っています。
子どもは泣きます。あかちゃんは、泣くのが仕事です。
どうぞ皆さん、少しの時間、あかちゃんとおかあさんを
一緒に乗せて行って下さい」
ほんの何秒かが過ぎた時、一人の人が拍手をしました。
その拍手につられて、バスの乗客全員の拍手が返事となったのです。
若いおかあさんは、何度も何度も頭を下げていました。
今でもこの光景を思い出すと、目頭が熱くなり、
ジーンときます。
私のとても大切な、心にしみる思い出です。





泣くことを止めないで!

このブログは、まだ新しいので、
読んでくれている人は、今のところほとんどが
[親の時間』のメンバーだと思います。
だから、わたしがいつもみんなに伝えている、
子どもが泣くのを聞くことの大切さの詳細を、今日は書きません。
(いつか近い将来には、必ず書きます。)

昨日、子ども泣くのを止めるアプリが人気だという話しを聞きました。
子どもが泣いたり、親の言うことをきかなかったりしたら、
おとなが前もって設定しておいた電話のアプリの中の
怖い鬼から電話がかかってきて、子どもを怖がらせることで、
泣くのをとめたり、言うことを聞かせたりするのだそうです。

誰が考えたアプリかわからないけど、作った人自身も、
そのアプリをダウンロードして使っているおとなも、
泣いている時に、いぱい脅かされて、泣くのを止められたり、
無理矢理言うことをきかされたり、したのだろうなーと、
つくづく思いました。

「親の時間」をもっとたくさんの人に知ってもらって、
泣くのをとめないおとな、増やしていかなくちゃ。

みんなの意見も聞かせてね。







あなたはどんなクリスマスを過ごしますか?

クリスマスが近くなりました。
どこの店もクリスマスプレゼント商戦で賑わっています。
子どもにとってはサンタさんがプレゼントを持ってきてくれる
嬉しい日ですが、おとなにとってはどうでしょうか?

「親の時間」のクラスで、
「自分の子ども時代を振り返りながら、
今年のクリスマスをどう過ごすか?」
をテーマに行いました。

参加したメンバーの感想を一部紹介します。

『子どもの年齢が増すごとに、
サンタさんにお願いするプレゼントの価格も上昇していく。
私が子どもだったクリスマスの朝、
おもちゃのアクセサリーが入った袋が枕元に置いてあって、嬉しかった。
でも、今時の子どもはそんな物じゃ喜ばない。
一見、今の子どもが恵まれているように見えるけど、本当にそうなのかな?』

『クリスマスの朝、母の手作りのお人形が、
新しい洋服を着て私の隣に寝ていたのを、
温かい気持ちで思い出す。
年末の忙しい合間にちょっと時間があくと、
チクチクと針を動かしていた母の姿が目に浮かんで、
私は母に愛されていたんだなと、しみじみ感じることができる。
私も息子に愛情とともにプレゼントを贈りたいな』

『クリスマスで思い出すのは、
父と喧嘩した母が私たち子どもを連れて実家に帰ったこと。
悲しかったなー。
もし、サンタさんが本当にいるのなら、
何のプレゼントもいらないから両親を仲直りさせてほしかった。
結局母は家に戻ったんだけど、その次の年のクリスマス、
父は私たちをデパートに連れて行って、
おもちゃを一つずつ買ってくれたの。
あれは父の無言のお詫びだったかもしれない』

『母がクリスマスに私の好きなカレーを作ってくれて、
最高においしかった。
カレーはクリスマスに合わないと思っていたけど、
母は私の希望を叶えてくれたんだね。
うちの子は、「クリスマスに何食べたい?」ときくと、
二人とも「ザンギとラーメン」と答える。
今までは「クリスマスじゃなくても食べられるでしょ」と無視していたの。
でも、今年のメニューは子どもの言うとおりにしてみよう』

 あなたはどんなクリスマスを過ごす予定ですか?

絶望と希望

昨日の選挙結果、とってもがっかりしました。

長い間、反核燃(反核燃料サイクル)と反原発をやってきた、私にとって、
あの選挙結果は、絶望感に突き落とされた気持ちでした。

これからの、日本の未来を考えていたら、今朝早朝に目が覚めて、
眠れなくなってしまいました。

でも、でも、こんな気持ちで月曜日をスタートしたくないから、
気持ちを入れ替えて希望たくさんの、写真をアップします。

最近の私の一番大好きな写真です。

IMG_0193.jpg

はるちゃん

はるちゃんという子です。
本当は、顔全部のも載せたいのですが、
まだ本人に確認がとれていないので、
後ろ姿と、横顔だけです。
この、写真を見るといつも、癒されます。
わたしも、彼女のように希望を見て、行動しなくちゃ。







雪の木

えり、みっちゃん、コメントありがとう。
すごく、嬉しかったです。
コメントがあると、私のブログ見てくれている人がいるんだって、
実感あるね。

ところで、
今日は子育てにはあまり関係のない話題です。

昨日札幌はたくさん雪が降って、
今日は青空でとっても気持ちが良かったので、
娘と近くの円山公園に行って、写真を撮りました。

雪を冠った木が、それはそれは、美しくて、
みんなにもそれをみてほしいので、
今日は写真のアップです。

雪の木−3

雪の木−1

雪の木

雪の木−2

雪の木−4

ねぇ!  きれいでしょ!!








親の時間 東京

「親の時間」は、現在札幌、東京、八戸、広島で行われています。

「親の時間」のクラスを担当するリーダーを、わたし達はメインリスナーと呼んでいますが、残念ながら東京だけまだメインリスナーがいません。

なので、ひと月に2回のクラスのうち、一回はわたしが東京に行ってメインリスナーをつとめ、もう一回はメンバーで集まって自習をしてもらいます。

その自習の日が、12月10日で、今日がテーマを送る日になっています。せっかくなので、今回送るテーマをこのブログで紹介しますね。

クリスマスの贈り物

現在日本ではクリスマスを祝うことが、当たり前となっていますが、いつからこの文化が定着するようになったのでしょうか?
そのお陰で日本の親は、もうすぐお年玉のお正月がやってくるのに、クリスマスプレゼントも用意して、ケーキも買ってと、支出の多い時期ですよね。

不況で、失業率も高くなってきている日本ですから、もしかしたら、子どもに頼まれた物が買えなくて、困っている親もいるかもしれません。
災害のあった地域では、なおさら、大変な状況だと思います。

でも、子どもにとって本当にほしい物は、クリスマスプレゼントとか、お年玉なのでしょうか?

あなたが、クリスマスに親からほしかった物は何でしたか?
今はモノが溢れている社会ですが、そうじゃない時代や、家庭環境に生まれていたら、現在子どもがほしがっている物より、ずっと慎ましいものを願っていたことでしょう。

買ってもらった人はラッキーで、ケーキもなかった人もいるかもしれません。

そして、今年もウチには、サンタが来なかったと、嘆いた人もいるでしょう。だからこそ、自分の子どもにそんな悲しい想いをさせたくないと、思ってしまうのでしょうか?

あるいは、自分のほしかったプレゼントはもらえたけど、そのために親の重い期待に沿わなければならない気持ちになった人もいるかもしれません。

わたしが子どもの頃、父親がクリスマスケーキを買って来てくれました。小さなケーキで、プレゼントはありませんでした。
でもその日はいつもより会社から早く帰ってきて、買ってきたケーキの箱を開け、わたし達娘が喜ぶ顔を幸せそうに見ていた父親から、子どものことを大切に思ってくれる気持ちが伝わってきて、嬉しかったのを覚えています。

わたしは、子どもがほしいのは、、モノではなく、親の優しさであり、大好きな親と一緒に楽しく過ごせること、親からの無条件の愛を感じることだと思います。

子どものほしいモノをあげられないとしても、優しさはあげられるでしょう?

愛を込めてクリスマスカードを書くのは、どうでしょう?

「小さなプレゼントになっちゃったけど、
   ○○チャンのことは、とても大切だし、大好きだよ。 
                       ママとパパより」

 あなたは、今年、子どもに、どんな優しさをプレゼントするつもりですか?


Winter-b.jpg
今回も藍子ちゃん絵を使わせてもらいました。

ブログ、始まったー

嬉しい! やっと念願の「親の時間」のブログ始めたよ!
娘がいろいろ苦心して(でも同時に楽しんで)作ってくれました。
トップページの絵は、私の大好きな友達の娘さん、藍子ちゃんの絵です。
藍子ちゃんの作品はどれもみんなとっても素敵です。
興味のある人は、彼女のブログもチェックしてみてね。
one a day http://oneadayap.blogspot.jp/

さて、昨日風邪気味でちょっと具合がわるかったんだけど、娘や友達に優しくしてもらって、なんと今日復活しました。
で、朝除雪機のガーガー、という音で目が覚めた時には、のどの痛みがほとんどなかったのです。
雪がちょっぴり積っていたので、近くの円山公園にお散歩に行ってきました。
ちょっと試しにその時に撮った写真もアップしてみます。雪だるま

今日は、お試しだったのですが、やり始めたらいろいろわかんないこととかあって大変でした。
これからが本番で、私が今までに書き溜めてきた記事とかを載せる予定です。
たくさんの人がアクセスしてくれるブログにしていきたいなー


プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR