八戸のメンバーから

「親の時間」は、現在札幌、青森県八戸市、
東京都江戸川区、広島市可部で行われています。
「親の時間八戸」では、定期的にメンバーで通信を発行しています。
その中の記事の一つが、他のメンバーの気持ちや、状況と
とても重なる内容なので、書いてくれた、みどの許可を得て、
ここに紹介します。

「親の時間」は一人目を出産した後にチラシで知りました。
でも、どんなことをやるのか?と、
不安があって行けませんでした。
あれから5年。
友人の話と、わこの本を読んだことで、
「子育ての悩みの解決法がここにあるかもしれない」
とおもって、わこの体験クラスへ足を運びました。
初めての体験で、ただ、自分の自己紹介をしていただけなのに
涙があふれ出てしまいました。
「なんで?」、とても不思議でした。
注目を浴びて話す。ただ聞いてもらうだけなのに。
自分の心の中にしまってあるさまざまな思いが噴きだして、
話して、涙して、すっきり。
まさか、こんなこと。
自分がしまって来た感情だったなんて。。。。
毎回自分でも、おどろいている。
「親の時間」をはじめて、子どもが何を言いたいのか?
じっと見つめる時間が増えました。
泣いているときも泣かせてあげることが出来るようになりました。
最近は自分はこれでいいんだって、肯定する時間が増えたような気がします。
わたしが穏やかだと家庭が穏やか。
これからもっともっと楽に、子育てしていけるかもしれないと思います。
みど
スポンサーサイト
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR