子どもを応援する

今日はいっこの文章です

「親の時間」に行き始めて半年以上たち、
話しを聞いてもらうこと、聞くことが少し
身についてきた頃のことです。

当時高三だった息子の様子を見て、
何かすっきりしない、
煮え切らないものを感じて、
私も不安でした。

ある日、このままじゃいけない、
ちゃんと話しを聞いてみようと決心し、
「もうすぐ三者懇談だけど、
あなたの様子を見ていると、
大学に行きたいようにみえないし、
このままでは、お母さんも先生に
何を聞いたらいいのか分からなくて困っているの。
君は本当はどうしたいと思っているの?」
と聞いてみました。
すると、「大学は受験するけど、
このままだったらどうせ落ちるから、
その次の年に就職試験を受ける。
やりたい仕事がある。」
というのです。
一瞬私の頭の中は混乱しそうになりましたが、
「やりたい仕事があるけど、
1年間何もしないで自由に
過ごしてみたいって思っているの?
落ちるために受験するつもりなの?」
と聞いてみました。
すると、「いや・・・一応大学を受験だけはしないと
いけないのかと思ってた」
というのです。
確かに、私も夫も、多分先生も、
回りの大人は皆、息子の大学進学を前提にして、
こうした方がいいとか、
こうしたらこうなるとか、
人生の先輩として導かなければ、
という気持ちで話していました。
彼の気持ちに全く気付かずに。。。。
私は思わず、
「大学に行くつもりがないのなら、
受験しなくてもいいんだよ。
もちろん、1年猶予期間がほしいなら、
受験しなくてもそうしていいよ。
あなたが、自 分でよく考えて、
本当にそうしたいと思うことなら、
お母さんは応援するよ。」
と伝えました。

その後しばらくして、息子は夫にも
「おれは大学にいきたくないんだ」
と伝えたようでした。
担任の先生も、息子の話に応えて
素早く対応してくれたようで、
その後の就職活動は息子がリーダーシップをとり、
私が心配して何か言っても
「大丈夫 だから口出ししないで」
と言われる始末でした。

息子は今、社会人として
ずいぶんたくましくなりました。

あの時、私が「あなたは、どうしたいの?」
と聞いていなかったら、
進学するつもりもない息子を
受験に向かわせることになっていたかもしれません。
だったら、今の親子関係はどうなっていたろう・・・
と考えることがあります。
もしかしたら、彼の無気力さにイライラして、
関係がすごく難しく なっていたかもしれません。
あの時,息子を信じて話を聞いてみよう、
と思えて本当によかった。

そして、全てのお母さん、お父さん、おとなに、
伝えたいのです。
「子どもは自分のことをよく考えていて、
問題 を解決していく力をもっているよ。
そのときに、誰かおとなが一人でも話しを聞いて
子どものやりたいことを応援してくれたら、
子どもにとって、大きな力になるよ」と。

いっこ
スポンサーサイト

娘とのけんか

今日は、みゆの文章です。

今朝、又もやってしまいました。
娘とのケンカ。

最近、話を聞いてもらう中で、
少しずつ仲良くなって来てると
親の時間の仲間に
話していた矢先のことだったのになあ。

だけど、娘の言い方が
私にはカチンと来るのです。

私の両親は、決して間違いをしても
私に謝りませんでした。
それと較べて、私は娘に謝ることをいといません
(他にも私の両親と違う点があります)。

それらの点から、私は娘と対等感を
持っていると考えていました。
けれども、カチンと来ること自体が
私の方が上と考えている証拠なのでは、
そんな風に思うのです。

みゆ

春は、まだです

昨日、久しぶりに近くの円山公園に
お散歩に行ってきました。
まだたくさん雪が残っているところもあったけど、
かなり溶けていて、
こんなに綺麗な色のふきのとうもみつけました。

ふきのとう

で、やっと札幌にも春が来ましたよー
というタイトルでブログを書こうと、
思ったのに、ですよ
今日は、なんと朝から雪です。

家の窓から見えている
円山も三角山も手稲山も
また、真っ白になっています。

春サーン、早くきてよー
と迎えに行きたい気持ちです。

昨日、仙台のともちゃんと話していたら、
仙台の桜は今が満開だそうです。

北海道に住んでいるわたしたちだけ
取り残されているような、
悲しい気持ちなのです。

新一年生

新学期、新年度になって、
子ども達の学校もはじまtり、
少し落ち着いたころでしょうか?

わたしの家のすぐ前に
小学校があるのですが、
新一年生を見ると、
ニコニコしてしまいます。

それと同時に、
「給食を早く食べれないから、心配」
って話してくれた、
わたしのお友達の
新一年生の顔も浮かびます。

理解ある先生の元で、
たくさんのお友達と、
楽しい学校生活を送っていればいいなーと、
心から願っています。

ところで、わたしの20代のお友達の
藍子ちゃんが、わたしのためにカードを
作ってくれました。

それをパソコンの
待ち受け画面にしようと思い、
メールでも送ってもらいました。

みんなにもお裾分けです。

ちなみに藍子ちゃんのブログは、
http://oneadayap.blogspot.jp/
素敵な作品がいっぱいあるから、
みんなも時々チェックして
癒されて下さい。

giraffe and Hiyodori

わたしの大好きな動物、きりんと
家のベランダに毎日来る、ひよどりです。




一歩を踏み出す励ましと信頼をありがとう

今日は、ともこの文章です。

「一歩を踏み出す勇気」

私には、苦手で出来ないと思っていることがいくつかあります。

その中の一つが、困ったときに相談したり助けを求めることです。

過去に助けてもらえなかったり、欲しい助けじゃなかったり、
相談した人が良しとするアドバイスを押し付けられたりと、
がっかりした経験があるからだと思います。

だから、ついつい自分一人で考えて、
すごく無理をしてやってしまいます。

無理をしてやると、気分は良くないし、
一人ぽっちの悲しい気持ちが湧いてきて
子どもや夫に八つ当たりしたくなってしまいます。

「親の時間」の仲間にこの気持ちを聞いてもらううちに、
一人では無理だと思うときにやっぱり助けて欲しいし、
一人ではやりたくないと思っていることに気がつきました。

でも、行動に移すことは簡単ではありません。

断られるのが怖いし、がっかりしたくないという思いが
足を引っ張ってなかなか踏み出せないんです。
 
それでも、先日できるかもしれないという勇気が湧いて、
夫に私と娘の関係がもっと良くなる様に協力してほしいと
話すことが出来ました。

私の思いがなかなか伝わらず、説明や意見交換しながら、
協力してもらえそうなことを1時間くらい話し合いました。

結局すっきり解決とはいきませんでしたが、
夫の娘に対する気持ちを聞くうちに、
彼が一緒に子育てしてきた仲間で、いい父親なんだと思えて、
もやもやした気持ちは、ずいぶん晴れました。

ついつい、結果だけや思い通りにすることが重要と思いがちな私ですが、
このときは行動にうつせたことがとてもうれしく感じられましたし、
次にもつながっていくと思えました。

この一歩を踏み出す勇気は、
いつも話を聞いてくれる仲間がくれる
『あなたなら、できるよ』という励ましと、
『あなたなら大丈夫』という信頼が、
私の中たまってきて、それが出てきた気がします。

いつも話を聞いてくれるみんなありがとう。

私も仲間の一歩を踏み出す勇気を後押しできるように
話が聞けたらいいなと思っています。

ともこ

さくらづくし

前にも書いたけれど、札幌のさくらはまだまだのようです。

でも、わたしはいっぱーいさくらを見て来ました。

たくさん撮った写真の中から選びました。

行った順番にのせます。

まず、大阪の桃谷でみつけたさくらです。
桃谷には、すごくおもしろいコリアンタウンがありましたよ。

桃谷の桜


次は、大阪城とさくらです。
桜って、何故か日本のお城に良く似合うよね。

大阪城と桜

そして夙川(しゅくがわ)のさくら

夙川の桜

夙川の桜2


それから岡山城の近くにあった桜
(残念ながら、岡山城と桜は一緒に撮れなかったー)

岡山の桜

そして、倉敷でとった白鳥さんと桜

倉敷の桜とアイドルの白鳥さん

桜だけを見て来たのではなく
いろんな人達にも会ってきましたよ。

岡山県の清音に住む、みかちゃんは、
今年から高校1年生。
受け取ったばかりの新しい制服を着て
わたしに、一番先に見せてくれました。
とっても良く似合っていましたよ。

夙川の傍に住んでいる「親の時間」の
りえちゃんの娘のひなは、小学校1年生です。
このランドセルを背負って、
ひなは学校に行ってるかな?

ひなのランドセル

ひなのピカピカランドセルです。






新しいことが始まる4月

しばらく更新できないでいました。
ごめんなさい。

大阪、京都、岡山、倉敷、香川県を通って愛媛県、広島と
12日間の旅を終えて昨日札幌に戻りました。
旅行の内容は明日以降に書きます。
というのは、みっちゃんからの原稿を
先にみんなに読んで欲しいからです。

以下みっちゃんより

先日、下の二人の小学校の卒業式に出席しました。
男の子と女の子の双子でとても仲良しの二人です。

音楽が流れ、体育館の入口から
卒業生の入場行進が始まりました。

まだ二人の姿が見えない時から、
私はもう胸が一杯で涙がポロポロと
零れ落ちていました。
こんなに早くから泣くなんて
ちょっと照れくさいなと思いながら、
ふと横を見ると両脇で私の母と
夫の母も泣いていました。

仕事をしながらの育児だったので、
母達には二人の子育てをたくさん協力してもらいました。
多分、私の母は孫というより
我子の様に感じていると思います。

私にはもう一人、9歳年上の長男がいます。
彼が5歳の頃から『親の時間』に参加しています。

始めた理由は『母のような子育てをしたくない』
というとても否定的な思いからでした。
ですから長男の時には、
私の育児に口出しして欲しくないという気持ちが強く、
私から母に協力を求める
事はめったにありませんでした。

あれから、親の時間の仲間に
ずいぶんの時間をかけて、
幼かった頃の話しを何度も繰り返し
聞いてもらいました。
母に言いたかった事、
幼い頃感じていた母への思い、
お母さんの事が大好きだった事。

今まで話さなかった様々な感情を口にする事で、
母への否定的な思いがうすれ、
肯定的な気持ちに変わってゆきました。
母に育てられたお陰で、私に身に付いた
良い所も沢山あると気づきました。
お婆ちゃんの知恵袋を
孫にも伝えで欲しいなと思える様になりました。

雪が溶けポカポカと温かい日差しの気持ちが良い4月・・・・
子ども達も新しい生活が始まります。
私の気持ちも春の様に暖かいです。

親の時間の皆、どうもありがとう。
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR