新しいことが始まる4月

しばらく更新できないでいました。
ごめんなさい。

大阪、京都、岡山、倉敷、香川県を通って愛媛県、広島と
12日間の旅を終えて昨日札幌に戻りました。
旅行の内容は明日以降に書きます。
というのは、みっちゃんからの原稿を
先にみんなに読んで欲しいからです。

以下みっちゃんより

先日、下の二人の小学校の卒業式に出席しました。
男の子と女の子の双子でとても仲良しの二人です。

音楽が流れ、体育館の入口から
卒業生の入場行進が始まりました。

まだ二人の姿が見えない時から、
私はもう胸が一杯で涙がポロポロと
零れ落ちていました。
こんなに早くから泣くなんて
ちょっと照れくさいなと思いながら、
ふと横を見ると両脇で私の母と
夫の母も泣いていました。

仕事をしながらの育児だったので、
母達には二人の子育てをたくさん協力してもらいました。
多分、私の母は孫というより
我子の様に感じていると思います。

私にはもう一人、9歳年上の長男がいます。
彼が5歳の頃から『親の時間』に参加しています。

始めた理由は『母のような子育てをしたくない』
というとても否定的な思いからでした。
ですから長男の時には、
私の育児に口出しして欲しくないという気持ちが強く、
私から母に協力を求める
事はめったにありませんでした。

あれから、親の時間の仲間に
ずいぶんの時間をかけて、
幼かった頃の話しを何度も繰り返し
聞いてもらいました。
母に言いたかった事、
幼い頃感じていた母への思い、
お母さんの事が大好きだった事。

今まで話さなかった様々な感情を口にする事で、
母への否定的な思いがうすれ、
肯定的な気持ちに変わってゆきました。
母に育てられたお陰で、私に身に付いた
良い所も沢山あると気づきました。
お婆ちゃんの知恵袋を
孫にも伝えで欲しいなと思える様になりました。

雪が溶けポカポカと温かい日差しの気持ちが良い4月・・・・
子ども達も新しい生活が始まります。
私の気持ちも春の様に暖かいです。

親の時間の皆、どうもありがとう。
スポンサーサイト
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR