ビクトリアの想い出

昨日フェリーでビクトリアからバンクーバーに渡り、
そこから夜遅くに飛行機に乗って、
今朝早くにニューヨークに着きました。
ニューヨークは、思ったより暑くなくて
爽やかないいお天気です。

でも、昨夜ほとんど眠れなかったので、
今日はゆっくり休んでいます。
明日から、カウンセリングの世界会議に参加します。

で、今日は空き時間があるので、
ビクトリアで撮った写真を
思い出話とともに載せようと思います。


まず、わたしたちがお世話になった、友達の
テッサとジョナサンです。

テッサとジョナサン

とっても仲良しのカップルです。


畑

テッサとジョナサンは、完全自然農法をしています。
どれが野菜で、どれが雑草なのか
見分けがつかない状態なのですが、
鶏と家鴨を飼っていて、柵を時々移動させ、
彼らが自由に歩き回れる空間を作って
虫や雑草、野菜を食べてもらうのだそうです。

ここにうつっているのは、育ちすぎたルッコラです。
ちなみにルッコラのお花をサラダに入れて食べました。
すっごく美味しかったですよ。
もしかすると、ルッコラの葉っぱよりも美味しいかも。

写真を撮った後、ここに柵を引っ越しするさせる作業をしたので、
このルッコラも鶏と家鴨の餌になりました。


ニンニク抜き

にんにくの収穫のお手伝いもしました。
にんにくを引き抜いて、広げて、ちょっと休憩している、わたしです。


こんな夕焼けを見た後に

夕陽

お天気が良い日は、外にねました。
星を見ながら眠りについて、
朝は、4時から鳴くにわとりに起こされて
ウトウトしていると、朝日がのぼります。

寝た場所


ビクトリア

一度だけ、ビクトリアの町に行きました。
あらゆる所に、お花のバスケットを吊るしていて、
街全体がお花で飾られていました。


湖で

歩いて10分ぐらいのところに湖があります。
ちょっと寒かったけど、お水はぬるかったので
泳ぎましたよ。


苔の森

苔の森2

一日だけ娘と二人だけで近くの島に冒険に行きました。
この日、ビクトリアは一ヶ月ぶりに雨が降りました。
苔の森の中を歩いたのですが、木も土も全部苔だらけでした。
雨が降って、苔が嬉しそうでした。


ボートで

ジョナサンはパーマカルチャー
(エコロジカルデザイン・環境デザイン分野の用語であり、
自然のエコシステムを参考にして、
持続可能なアーキテクチャや自己維持型の
園芸システムを取り入れようとする概念、ウィキペディアより)
を広めようと頑張っている人で、お金はあまりありません。
でも、両親はとてもお金持ちです。
で、これはジョナサンの両親が持っている船
(4人以上寝ることができます)に乗せてもらって
クルージングしたときの写真です。

テッサもジョナサンも親の仕事を継ぐ気も、
経済力に頼る気も、全くなくて
独自の考え方で、自由に生活しています。


ハンモック


ジョナサンの両親はメキシコにも家があるそうで、
ビクトリアが冬になる、一年の半分をそこで過ごしています。
このハンモックはメキシコで買ってきたそうです。
柱が一本あったら吊るせるハンモックです。


パウワウ

この画像はアメリカの先住民の人たちの
踊りのお祭りであるパウワウの模様です。
アメリカとカナダの先住民の人たちがたくさん集まって
お祭りをしたのをたまたま見ることができました。
老若男女、いろんな人種の人たちがいて見ている人たちを
見るのも楽しかったです。


わたしの一番のお気に入りの一枚を最後に!

夕陽2

この辺の海岸、石もお水も奇跡のようでした。
説明するのがむずかしいのだけど、
夜になると、触って刺激を与えた部分がピカピカ光るのです。
海藻なのかプランクトンなのかわからないけど、
特別な成分が混じっていて、この季節にだけ
そういう現象が起こるのだそうです。

あんまりにもきれいで、真っ暗だったし、
誰もいなかったから
裸で泳いでしまいました。
泳いだ所がキラキラするので、
まるでわたしが光を作り出しているようでした。

ビクトリアでの、最高の想い出になりました。

スポンサーサイト
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR