子どもとこころを合わせる幸せ

札幌のみきの原稿です。

去年、託児に関して書き始めて
途中でやめた原稿を見つけたので、
修正して書き加えることにします。


去年5月初めに「親の時間」の託児をしていた時のことです。
お母さんのお腹にいたときから
「親の時間」に来ている2歳のY君。
この日は、珍しく泣きながら
託児室に入ってきました。
熱を出した後で、お母さんと
離れるのがいやだったみたいです。

お母さんが行ってしまった後も、
入口の靴置き場に仰向けに寝たまま
怒って泣き続けていました。

Y君の泣くのを見守って傍にいたら、
もう一人託児にきていたKちゃんが、
「お母さんの所に行きたいの?」
と優しくY君に声をかけてくれました。

Y君はしばらく泣き続けた後、
気持ちがすっきりしたのでしょう、
楽しく遊び始めました。

そして、Y君、Kちゃん、私の
3人で窓の外を眺めると、
わずかに咲き始めた一分咲きのこぶしの白い花と、
ピンク色のつつじの花が見えました。

やっと見つけた春の証拠に
私は「花が咲いてるよ!嬉しいね」と言いました。

すると、最近ことばをたくさん話せるように
なってきたYくんも「お花咲いてるね!嬉しいね」
Kちゃんも「あった、お花咲いてる。嬉しいね」と、
3人で嬉しい気持ちを連呼しました。


待ちわびた春をやっと感じた喜びを、
二人と共有できたことが本当に感動的で
嬉しかったのをおぼえています。

だって、去年は本当になかなか
春が来てくれなかったんです。
桜の開花宣言は、たしかそれから
一週間以上も後だったはずです。

♪花咲くを待つ喜びを、
分かち合えるのであれば、
それは幸せ♪

レミオロメンの曲の一節が
頭の中でぐるぐるまわり、
さらに胸熱くなった私でした。

小さい彼らは、月に一度会うか会わないかの
私の事をちゃんと覚えていてくれて、信頼してくれます。

そしてこころを開いてくれて、
こころを合わせてくれます。
短い時間のなかで、人としての
幸せを感じさせてもらっています。

そんなY君も幼稚園に行き始め、
託児を卒業していきました・・・
うおぉ~(泣)

今年も、春が待ちどおしいです。

みき
スポンサーサイト

つながりを、もっと築いていくよ!

「親の時間 東京」のメンバーの
みきちゃんにも頼んで、原稿を
書いてもらいました。


東京クラスで連絡係りを
している「みきちゃん」です。
東京では、札幌からわこに来てもらっている
「聴き合うことを身につけるクラス」と、
メンバーのみで行う「自習クラス」を開催しています。

今回、わこに原稿を頼まれて、
何を書こうかな・・と考えたのですが、
「親の時間」に出会ったときの
ことを書きたいと思います。

長男のことで悩んでいた頃。
一人で悶々と抱えていたあの頃。
ただただ聴いてほしい、という思いを抱え、
「親の時間」がそういう場だというフレーズに
藁をもつかむ思いで参加しました。

目の前に座った、はじめて会った方
の前で私は泣きました。
たぶん、ほとんど話しをしない前に。

しっかりと自分の話を聴こうとしてくれる。
優しいまなざしと、泣いていいよ、
と言ってくれる場所で、何かが緩んではじけたように。

それまでにも専門の方に
相談したことはあったけれど、
冷静にならなきゃ、と私自身の感情を、思いを、
そのままに伝えたことはなかったのですよね・・。

それが初めてのことでしたが、
そうやって話を聴いてもらい、
自分と向き合っていく中で、
これは子でもの問題じゃない、
私自身の問題だ、ということに気づき、
少しづつ私自身も、
そして長男との関わりも変わっていきました。

頭だけじゃなく、心と体が実感できたから、
変わることができたのだと思います。

気づけば、「親の時間」の仲間たちをはじめ、
頼れる人や場所が増え、
サポートし合える関係がたくさんできました。

生きやすくなるということは、
頼れる場所をどれだけ作るか
によるような気がします。

あのとき、「親の時間」に参加して
本当によかった!

これからも、そんな素敵な
つながりを築いていきたいです。

みきちゃん

わたしは、わたしのペースで!

月曜日の「心と身体の健康を考えるクラス」では
身体や食べることに関係したことや、
感じたことを、報告というかたちで、
メンバーに伝えています。
今日は、わたしから、メンバーへの
報告にちょっと説明も付け足して、
このブログでも紹介します。

空手を始めて4年になり、この一年ぐらい、
動きもどんどんむずかしくなってきたので、
なかなか上達しない苛立ちを抱えて
時々やめたくなる衝動にかられます。

特にお稽古のあった昨日は、
先月から1ヶ月以上、練習を休んだせいもあって、
本当に行きたくなかったので、その気持ちを
クラスで、吐き出しました。

子どもの「イヤダ、イヤダ」に対して、
助言したり、止めたりせずに、
ただただ、耳をすまして傍にいてあげたら、
子どもは、自分のやりたいことが、わかっていきます。
本当は、やりたいことだったり、
続けたいことだったり、
必要だと思っていることだったりしても、
その前に、恐怖心や、疎外感や、孤独感が
立ちはだかっていると、やらない方を
選びたくなるものです。
そんなとき、傍にいるおとなの人に、
「そんなわがまま言ってないでやりなさい」
「自分で始めたことでしょう、続けないさい」
あるいは、「そんなに嫌ならやめてもいいよ」
「やったら、ほしい物を買ってあげるよ」
などを言われると、そこに混乱も加わって、
自分のことが見えなくなってしますのです。

あなたの子ども時代も、そんな経験があるでしょう?

わたしの話しに戻りますが、
おとなだって、安心な場所でイヤダって
たくさん言うのは大切です。
それで、わたしも、昨日のクラスで
「イヤダ、イヤダ」をいっぱい言って
聞いてもらいました。

そのおかげで、夜のお稽古はなんか
スンナリ行くことができました。

1ヶ月以上のブランクがあったので、
最初は疲れちゃったのだけど、
先生にお願いして、休憩した後は、
前みたいに動けました。

お稽古が終わった後は、
なんかさわやかな気持ちになりました。

そして気がついたんだけど、
以前は、いろいろな動きができるようになるのが、
ただただ嬉しくて空手をしていたのに、
いつのまにか、試験にパスして級を上げることを、
気にしていたみたいです。

同じ頃に始めた人が、どんどんうまくなって、
帯の色が変わっていくのを羨ましく感じたり、
後から入ってきた人に追い越されるのが、
ちょっと悔しいと思ったり。。。。

お稽古が億劫になってしまったのには、
そんな理由があったようです。

わたしが空手を始めたのは、
自分の身体の強さに自信を持ちたかったこと、
そして、全身を使って思いっきり身体を動かすことを
楽しみたかったのです。

最初は、帯の色も、試験も、
他の人も全く気にしていませんでした。
わたしは、わたしのペースでやるのを
楽しむことができていたのです。

そう、わたしのペースでいいんですよね!
それが一番大切なことだって、今回再確認しました。

安易にやめるって、決めなくて良かった。

今朝、久しぶりに腕が筋肉痛で、
ちょっと嬉しかったです。

最近のマイブーム

ふーちゃんからです。

最近のマイブームは陶芸で、
半年位前から少しづつ続けています。
作陶を紹介しますね。

ふーちゃん1

もずく酢を入れる小鉢とレンコンの箸置きと花瓶。

ふーちゃん2

花瓶は、大輪菊を2輪入れようと思って作りました。

どれも、使うのがとても楽しいです。

先日、娘が友達から「わっかのママって
たくさん趣味があるよね」って言われたそうです。
私が、「そうかな?」と言うと、
娘 「だって…ママは陶芸にヨガに農業に親の時間でしょ?」
どうやら娘の中では、「親の時間」は
私の趣味になっているようなのですが…(^。^;)

私たち親は、知らず知らずに自分を後回しにしたり、
やりたい事を諦めてしまう事が多いように思います。
私も以前はそうで、それが当たり前だと思っていました。

でも、「親の時間」に参加するようになって、
私は、今までやりたいと思っていた事や
興味があることは積極的にチャレンジしています。

娘は、そんな私を快く思っている様で
色々な場面で協力してくれます。

そして私が、チャレンジ出来るのは、
家族の協力や「親の時間」の仲間が、
「大丈夫だよ。出来るよ!」
と心からわたしを信じてくれ、
応援してくれるからと思っています。

本当に、みんなありがとう。

ふーちゃん

豊平川で散歩

先日、娘と豊平川の川縁をお散歩しました。

新雪に足跡を付けて歩くのは気持ちいいけど、
雪が深いとズボッ、ズボッと入って、
ちょっと歩いただけで疲れてしまいます。

この日は一日中良いお天気で、
青空の下の、キラキラ光る雪が、
ものすごい綺麗でした。

わたし、雪を見ると毎回思うの。
雪って、白くて良かったなーって。
雪が、赤とか、緑とか、紫だったりしたら、
ちょっと、困る。

それでは、その日撮った写真3枚です。

豊平川1

豊平川にかっかっている橋桁からたれた水滴が、
下から成長して柱になり、
上からは、つららになっていました。

この二つが、今年の冬の間に
つながる時がくるのかなぁー?
なんか、ロマンチックだよね。
時々、確かめに行こうと思います。


豊平川3

ねこやなぎを見つけました.見える?


豊平川2

で、嬉しくて雪の上に寝ちゃったわたしです。

息子の結婚にあたって考えたこと

いっこからの原稿です。

息子が結婚しました。

2年ほど前、結婚を考えている相手として
息子の彼女を紹介された時をきっかけに、
私自身の中で、何かモヤモヤした
いろんな感情が湧き起こってきました。

現在私には、安心して何でも
話せる仲間がいます。

さっそく、私のその感情を
ありのままに聞いてもらいました。
そうしたら、自分が結婚したときや、
その後に起こった結婚生活にまつわることを
たくさん思い出しました。

最初に思い出したのは、
「嫁として良いか、だめか」
という目で見られている感じがしたことです。
それは、すごく窮屈な感じでした。
ありのままの自分では夫のお母さんとは
仲良くなれないんだと、悲しくなりました。

それから、夫とわかり合えない
部分があると感じ、けんかもたくさんして、
とてもつらかったこともありました。

親になってからは、
楽しいこともたくさんありましたが’、
子育てがとても忙しかったり、
悩んでも相談できる人が
見つからなかったりして、
余裕がないなかで頑張ってきました。
なので、もっと子どもにゆったりとした気持ちで
向き合いたかった、と後悔もしました。

それと、直接は関係ないようにみえるけど、
私自身が子どもの頃、何よりもお母さんから
愛情深く注目してほしい、と思っていた
ことまで思い出しま した。

何度も何度も聞いてもらい、
心の中にしまっていた感情を
解放していくことで、
娘で、女で、妻で、嫁で、母親で、
という肩書きに振り回されずに、
自 分らしく生きていいんだ、
という自信を、いくらか
取り戻すことができました。

息子の結婚式の日、
新婦の心のこもった感謝の手紙に
涙する彼女のお母さんの隣で、
私はとても幸せな気持ちでした。

こんなにたくさんの人が、
若い2人の人生に関わってきて、
今一緒に祝っているんだなぁ。
わたしもその中の1人なんだ、と。

今まで一生懸命息子との関係を築いてきたし、
これからは、息子のパートナーや、
彼女の身近な人たちとも関わっていけるんだ、と。

そんなことを考え、うれしくて、
にこにこしていました。

親としての直接の仕事は
ほとんどなくなったけれど、
子ども達とは、これからも信頼し合える
関係を育てていきたいと思っています。

そのためにも、「親の時間」のみんなとの
関係を 大切にしていきたいです。

いっこ

今年、還暦です!!

今年の干支は馬。
わたし、年女です。
なので、今年還暦です。

身体の強さに関して、
あまり自信のなかったわたしは、
50歳でピラティスを始め、
ピラティスを基盤に、
55歳で空手を始めました。
60歳で、何をしようかなーと、
考えている今日この頃です。

ところで、このブログの表紙の製作者の
藍子ちゃんが、自分のブログに
載せていた馬の作品が、
とっても、とっても可愛くて、
その上「親の時間」にもぴったりなので、
お願いしてこのブログ用に送ってもらいました。

horse-b ブログ用

ねぇ、素敵でしょう?






今年、やろうと思うこと!

みゆからです。

あけましておめでとう。

年始に当たってふと考えた。
私の短所をどうにかしなくちゃ、と。

私の中の劣っているとされる部分を
言い出したらキリがない。
だけど、それは本当のことだろうか?
もし、他人からの指摘で、劣っていると
思っているのなら、その指摘を捨ててしまえばいい。

人をどうにかするのは、難しいけど、
自分のことだもの、これは私だけで完結できる。
もしかすると、簡単なのかもしれない。

やってみる価値はありそうだ。

今年一年このことを胸に秘めて、
大きな希望を持って過ごしたい。

みゆ

明けましておめでとう!

みなさん、明けましておめでとうございます。

わたしは予定通り、とてものんびりと
お正月を過ごしています。

わたしの家の近くに札幌で一番大きな神社の
北海道神宮があるのですが、
初詣でとてもにぎわっています。
朝は8時頃から、夜は7時ぐらいまで
車が渋滞しています。
だから、お正月中、車で出かける時は、
この渋滞にまきこまれないように
ルートを良く考えなければなりません。

わたしは神道ではないし、
お参りの習慣も持っていないので、
神社の近くに住んでいても、
特に利点はないのですが、
北海道神宮のお隣にある円山公園は、
札幌でわたしが一番好きな公園です。

今年は、円山公園で「親の時間」のメンバーから
借りた歩くスキーをやるのがとても楽しみです。

でも、初詣の人達がいる間は、
ちょっとやる雰囲気ではないので、
成人の日が終わるまで待とうと思っています。

と、新年早々とりとめのないことを
書いてしまいましたが、
今年もよろしくお願いしまーす。








プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR