おばあちゃん、わたしの傍にいてくれてありがとう!

のんちゃんの文章です。

おばあちゃんのこと

もうすぐ祖母の命日です。
13年前の暑い夏、数週間前から体調を崩して
祖母は家のベッドに寝付いていました。

当時2歳だった娘を連れ、お腹に下の子がいた私は、
ちょうど帰省の時期が重なり祖母に会うことができました。
祖母は、しきりに私が実家から離れた場所で
一人で二人の小さな子どもを育てられるのかと心配していました。

ちょっと具合が悪いだけだと、私も周りも思っていたので、
足の裏のマッサージをしてあげながら
「生まれる子はおばあちゃんの名前一字もらって、
欽太郞しようかな」と言ったら、
祖母がちょっと笑って「やめなさいよ」
と言ったのが、祖母と話した最後の会話になってしまいました。

祖母は私の家の近くに住んでいて、小学校に上がる前は
よく預けられてもいたので、本当に身近な存在でした。
中学になるくらいまで、ほぼ毎日会っていたように思います。

とっても大好な祖母でした。
いつもゆったりして暇な感じで、それが何とも私には
心地よかったのだと、今になって思います。

私が行くと、いつも喜んでくれて私が何を話そうが、
何をしようがいつもとても喜んでくれました。

ただただいつも私に注目してくれて、そこに私が
存在していることを喜んでくれている感じがすごく安心で。

私が帰省すると、「江別に私が帰ってきているだけで
心が明るくなる」と言ってくれた祖母。

一度も怒られた記憶が無く、ただそのまんまの私を
いつも面白がって、かわいがって、喜んでくれた祖母。

子どもの私には分からなかったけど、今の私には
どんなに必要で、どんなに大切な存在だったかがわかります。

祖母が亡くなってから、半年後下の子が生まれました。

下の子はとても機嫌が良く、誰か側で
あやしてくれているのかな?と思うことがよくあり、
私の子育てを心配してた祖母が
いてくれるのかな?と思ったこともありました。

子どもの頃、母との関係はなかなか難しかった私でしたが、
祖母の存在に本当に救われていたのだと思います。

「ずっとおばあちゃんが大好きだよ、
おばあちゃん、私の側に生きてくれてありがとう!」
って生きている間に伝えたかったなって思います。

のんちゃん
 
スポンサーサイト

わたしの大好きなこと

みきの原稿です。

小さい頃、私が一番最初に
なりたい職業は保母さんでした。
その後婦人警官、スチュワーデス、
学校の先生、花屋さんなどなど、
その都度かわっていったのですが、
保母さんになりたかったのは、
ただただ赤ちゃんが好きで、
楽しくて何時間そばにいても
飽きることがなかったからだとおもいます。
(どれほど弟か妹が欲しいと懇願したことか・・・)
ほかは、制服がカッコいいとか、
私ならもっと良い先生になれるとかいう理由でした。

結局どれにもならなかったのですが、
今「親の時間」で託児をしています。
やっぱり、何の理由もなくただ好きなことって、
多分一生好きで、自分さえ望めば
できるのだなぁと思いました。
いくら赤ちゃんが好きでも、お母さんではなく
保母さんになりたいと思ったところが、
興味深いのですが。。。。

うちの現在中学生男子の最初の夢は、
「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんでした。
その後、SASUKE(アスレチック的な競技?をする、
半年に1回くらい放送するテレビ番組)に出場、
そして現在はプロ野球選手です。
でも、音楽に合わせて、体を動かすのが一生好きならば・・・
将来、近所のラジオ体操のおじさんとかになってるかな?

最近は、合唱コンクールの指揮者の
モノマネの練習がなにより楽しそうです。

私も、きっとまだある大好きなことを思い出して、
次は何をしようかな~とワクワク中です。

みき

札幌は、涼しいよー

暑い、熱い福井と名古屋に行ってきました。
本当に暑かったですよー。
昨日は、札幌に降り立って、
涼しいのにホッとしました。
やっぱ、夏は札幌が一番だー。

でも、でも、福井の東尋坊おもしろかったです。
あんまりおもしろくて、岩をよじ登っていたら、
すごい日焼けになってしまい、
次の日は、身体がますます熱くなってしまいました。
越前松山も美しかったです。

もちろん、福井でやったカウンセリングのクラスと
名古屋でやったワークショップのリーダーも
とてもうまくいって、参加者と良い時間が持てました。

でも、もし次の機会があるのなら、
夏はやっぱしパスしたいと
ひそかに思ってしまうわたしです。

泣くのもカッコイイしょっ!

ふーちゃんの文章です

コーチの男泣き

ちょうど、この時期は部活に入っている中学生にとっての
最後の大会(中体連)が各地で繰り広げられています。

うちの息子もバスケットボール部で
感動的な試合を見せてくれました。
二回戦を勝った時の事です。
大学を卒業したての若いコーチは
試合後のミーティングで
「みんな、本当によくやってくれた」と
嬉し泣きをしていたそうです。

息子の話ではコーチは50人もの
部員をまとめるのに苦労をし、
少しの時間があれば、バスケのチームづくりの
本をいつも熱心に勉強していたそうです。
なかなか勝てないチームだったので
最後の試合でいい試合ができ、
コーチの喜びは、ひとしおだったのだと思います。

先日、サッカー部も三回戦まで勝ち進み、
本当に感動的な試合をした後に、三年生からの
「先生が来てくれて、こんなにいい試合が出来て楽しかったです」
という言葉に若いコーチは号泣していたそうです。
サッカー部は、顧問の先生が見つからず
半年以上も休部していたので、
なおさらだったのだと思います。

わこの本、「泣きたいときにはないちゃおう」
にもあるように、子どもや親にも限らず、
男性でも女性でも泣くという事は
自分が元気を取り戻すのに素晴らしい威力を発揮します。

その事を知っているのか、
特に若い世代の人達の間では、
男性が泣く事に対して
好意的に思う人が多い様に思います。
ステキな事だと感じます。

息子もバスケの三回戦を負けた時には
悔しかったのでしょう。
友達と顔をグシャグシャにして大泣きしていました。
ところが、そんな姿を見た女子バスケの子達は、
「そういうのもカッコイイしょ」と言っていました。
本当に、若い人の感覚は素晴らしいと思います。

ふーちゃん

暑かったよー、東京

東京に行ってきました。
すっごい、暑かったです。
クーラー嫌いのわたしでも、
クーラーがありがたく思うほど、
湿度が高くて、汗だらだらでした。

最近、山手線の広告用テレビの、
天気予報で汗かき指数という予報が出ます。
確か、「びしょびしょ」が最高なのだけど、
連日びしょびしょ予報です。

それでも、東京の人達は、
「こんなのまだ涼しい方」と言います。
これからが、本当の暑さ到来みたいです。

暑い所の人達にはもうしわけないけど、
つくづく北海道に住んでいて良かったなーと
思います。日中は暑くても、朝晩はとても
涼しいのです。
ちなみに家にはクーラーも、扇風機もありません。
団扇はあります。

でも、でも、わたし今週の水曜日から
今度は名古屋に行きます。
東京よりも暑いみたいです。
どうしよーって、今から困ってます。




泣くことの大切さ

今回は、時々託児を担当しているいっこです。

泣くことの大切さ
「親の時間」の託児をしていていつも思うのは、
「みんなお母さんのことを、
『大、大、大好き』なんだなぁ」
ということです。
「親の時間」の託児の特徴は、
『お母さんと一緒にいたい』気持ちを
我慢しなくてもいい、泣きたいだけ
泣いていられるということです。

もちろん、親のクラスが終わるまで
お母さんには会えません。
でも、遊びに集中出来ないときや、
機嫌が悪くなってきたとき、
おもちゃで気分を紛らわせるので はなくて、
「お母さんが一緒にいなくてさびしいんだね。
泣いてもいいよ。私が一緒にいるよ。」
と伝えます。
「ワァーン」
「お母さんがいいの。あっちにいって!」
「お母さんを連れてこれなくてごめんね。
私、お母さんが来るまで一緒にいるからね。」
「やだ!あっちいって~。おかあさーん。」
こうしてひとしきり泣くと、
見違えるように機嫌よくなって
(もちろん、私とも仲良く)遊び出します。
泣いたり、遊んだりを繰り返していくうちに、
託児に来ている子ども同士も、
どんどん仲良くなっていくようです。

こんな風に子どもたちと過ごしていると、
私も小さかったとき、
『お母さん大好き』という気持ちを
しっかりもっていたことを思い出します。

だけど、 『おかあさーん』と泣くのを
全く止めずに、心配もせずに
聞いてくれる大人はいませんでした。
泣くのをたくさん我慢しているうちに、
お母さんのことをどんなに好きかも、
感じないようになってしまっていました。

「親の時間」に出会って、
泣くことの大切さを知り、
『お母さん大好き』という気持ちを
少しずつ思い出すことができて
本当によかったと思います。

それから、そのことをはっきりと
見せてもらえる託児の時間もいつも楽しみです。

「あなたたちに会えてうれしいよ。
また、一緒に遊ぼうね!」

いっこ

ラジオ体操

わたしの家の近くに北海道神宮があります。
わたしは、無信心なので、お参りに行ったりしないし、
元旦の初詣も一度も行ったことがありません。
でも、建物自体はとても美しいので、
海外から友人が来たときとかは、
連れて行ってあげるぐらいでした。

この神宮の前で、毎朝6時半から
ラジオ体操が行われているのを
数年前に、近くを散歩した時に知りました。
その時は、大勢の大人達が、同じ動作をしている様子が、
学校といういうよりも、何か軍隊を連想させられ、
近づきにくい雰囲気を感じました。

で、ずっと敬遠していたのですが、
ある日、娘の紹介でNPOの集まりに参加した時、
娘のアパートの近くの公園で
ラジオ体操をやるイベントがありました。
この時に、体験したラジオ体操が、
なかなか気持ちが良くて、ちょっと北海道神宮にも
行ってみようかという気にさせられました。

そして、北海道神宮の体操に出てみたら、
本当に気持ちがいいのです。
わたしのお気に入りの定位置も決めました。
2本の杉の木の間です。
身体を後ろにそらせる時に、
杉の木の間から見える空は、
とても、とても美しいです。

ラジオ体操の後は、円山原生林のある公園を散歩します。。
いろんな鳥の声を聴きながら、早朝からの森林浴は、
身体にとって最高の贈り物です。

そうそう、ラジオ体操の歌もいいなーって再発見です。
「新しい朝がきた。希望の朝だ」
こんな風に一日始められたらいいですよね!


プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR