息子の成長に関して思うこと

東京クラスのみきちゃんです。

今から、3年前に公開された、
「おおかみこどもの雨と雪」というアニメ。
狼男と恋に落ちた「はな」という女性が、
結婚し、母となり、夫に先立たれ、
女手一つでおおかみこどもの姉・雪ちゃんと
弟・雨くんを育てていく12年の物語。
人間と狼。どちらの生き方も選べるように・・。

当時、長男も雨くんと同じ10歳だったこともあって、
これから思春期を迎え、体も変化し、
自立に向けて大人の階段を少しづつ昇っていくのだろうなぁと、
母として、気持ちを重ねたものでした。

その映画が先日テレビで放映されていて、
あれから3年。
まさに思春期まっさかり。
声変わりもして、体つきもすっかり青年のようになって、
階段を上がっている息子です。

映画の中の雨くんもそうでしたが、
こちらから聞いてもあまり話さなくなり、
何を考えているのかわからない・・ということも。

女の子の変化は、自分も通ってきた道だから、
想像もつきやすいけれど、
男の子は体のことも含め、よくわからない。

そのわからなさが、不安につながることもあったり。
甘えん坊だった息子が、行きつ戻りつしながら、
少しづつ離れていく。

イライラしたり、うざったそうにする息子を見ながら、
そこが愛おしいなぁと思ったり、さみしさと共に、
ちょっと嬉しさも感じたり。

「親の時間」をはじめた頃の倍くらいの年齢になった息子。

自分自身も息子の成長と共に
向き合う問題も変わってきていて、
自分のことに取り組むことも増えた。

そして、息子を見ていると、
自分が中学生だった頃のことを思い出したり、
私もこんなところで傷ついていたな~と感じる事も。

子離れの道を歩む中で、聴き合う時間の
大切さを改めて感じるこの頃です。

みきちゃん
スポンサーサイト

釧路湿原マラソンに参加するよ!

ちほからです。

実家がある釧路の湿原マラソン大会に参加します。

小学生の頃に一度参加したことがあって、
その時は暑くて日射しが強かったことを覚えている。
今の道東は涼しい!

両親が応援にきてくれるのが嬉しい。

走ろうと思ったきっかけは病気だった。

手術に耐えうる体力を作ろうとウォーキングを始めた。
どうやったら細く長く生きていけるか?
と考えての健康法。
そのうち歩く距離が長くなり、
小走りするようになり、
ちょっとずつ走れるようになった。

手術をしたあとに参加した大会では
「みんなに支えられて今ここで走ってるんだなぁ」と
感慨深くなり、走りながらちょっと泣いた。

今回は何を思いながら走るんだろう?
走れる体に感謝して、
みんながいることを感じて疾走してきます!

ちほ

藻岩山、また登ったよ

札幌は火曜日からずっとお天気悪いです。
でも、むしむし蒸し暑いので、
夏って感じはするのですが。。。。

連休の最終日の20日は、
まあまあのお天気だったので
また、藻岩山に登ってきました。

今回は2回目で気持ち的に余裕があったので、
写真も撮れました。

まずは、山頂から

藻岩山4

左横に見えるのが、朝のラジオ体操を
やっている北海道神宮がある円山です。

藻岩山1

うまく雰囲気が出てなくて残念ですが、
原生林の一部です。


藻岩山3

藻岩山2

今の時期、山の額紫陽花が満開で美しいです。






絶妙な切り返し

東京に行ったあっこからの原稿です。

『絶妙な切り返し』

麦茶をグラスにつぐ際に
ボタボタこぼす10歳の息子H。
呆れて、どうにかやさしい声で注意しようとした私。

「Hちゃんさぁ・・」

息子はニッコリ笑って

「まぁまぁ、未来(将来)は
上手くなるから大丈夫だって。」


素晴らしい返答に笑ってしまった。
その通りだ。

あっこ

感動で心が震えるほど好きなこと

としみからです。

私は字が大好きです。
特に、筆と墨で書いた字は
とても美しいと感じます。
ひらがなは曲線と空間が魅力的。
漢字は全体のバランスが絶妙でかっこいい。

習字との出会いは、私が5歳の時でした。
通っていた幼稚園で書道教室をしていて、
お友達と一緒に始めました。
お友達は辞めてしまいましたが、
その後も私は8年間通い続けました。
おじいさん先生が「伸び伸びとしたいい字だね」
と言った言葉が、とても嬉しかったのを
今でもよく覚えています。

習字にはお手本があるものの、
書いてみると同じ字は二度と書けません。
一人ひとり個性が字に現れます。
線の太さ、曲線、はね方や
筆の運ぶスピードで字に表情ができて、
見たり書いたりすると、本当に面白いものです。

最近、習字を44年振りに学び始めて
思い出してきたことがあります。

字は生活の道具でもあるけれど、
私には自己表現する場所でした。
自分を表現するのは本当に楽しいです。
好きすぎて、感動して心が震えることもあります。
忙しい子育てや日常の生活の中に、
心を揺さぶられる程の好きな事があるって
大切だと思いました。

子どもの頃は、大好きがいっぱいあったはず。
大人だって、お母さんだって
大好きをいっぱい思い出して、心と体を喜ばせよう!!

みんなの大好きって何ですか?

としみ

50歳からの挑戦!

札幌の「親の時間」の
「身体と心に向き合うクラス」では、
メンバー同士で、自分の身体にまつわる
いろいろなことを、時々報告し合っています。

下の文章は、わたしがメンバーの人たちに
昨日(6日)書いた報告です。


昨日(5日)、いつも家の窓から見ている藻岩山に
今年66歳になる姉の足慣らしにつきあって、
登ってきました。
というのは、姉は100名山踏破を目指していて、
明日登る予定の利尻富士を入れてあと残すは、
四山なのです。

わたしが今までに登った山は、
札幌の円山と三角山だけなので、
藻岩山はちょっと挑戦ではありましたが、
姉と一緒だったのが良かったのか、
思ったよりも楽に登りました。

頂上は霧で、風景は全然見えなかったけど、
それが何かすごい高い山に登った気分にしてくれました。
円山と同じで、藻岩山も原始林なのです。
緑が深くて、小川のせせらぎの音がして、
こんな奥深い山が札幌という都会の
すぐ傍にあるのがちょっと
信じられない感じでした。
また、登ろうと思っています。


で、昨日、利尻富士に登った
姉から、次のメールが届きました。

「11時間歩き続け、
景色も天気も体調もバッチリで
登頂出来て嬉しかったよ。
今民宿の布団の中でーす。」

姉は、50歳から山に登り始め
100名山に挑戦し始めました。
で、あと残すは三山です。

がんばれ、ねえさん!



泣いていろんなことを乗り越えるよ!

のんちゃんからです。

先日大雨の降る日に、
泣きながら歩いてくる
小学生の女の子とすれ違った。

それはほんとに大きな声で
「わあーわあー」と泣いていたので、
思わず「どーしたの?」と聞いてしまった。

そうしたらその女の子は
ちょっと泣くのをやめて 
「ミミズが怖いから泣いてるの」と言った。

確かにその道は、雨の日は
ミミズがうようよと出てくるところだった。

そして「だいじょうぶ」と言って 
その子はまた大声で「わあーわあー」と
泣きながらずんずん歩いて行った。

わあーわあー泣くことで自分の怖い気持ちや、
憎いミミズへの怒りを叫んでいるようにも聞こえた。

泣きながらでも、どんどん進んでいく
その子はなぜかすごく強そうに見えて
私はその子の背中を見送りながら、
ちょっとすごいなーと思っていた。

泣いているのに、弱くない。

私はすぐ泣くんだからとか、
泣かないで我慢しなさいとか、
泣いたって仕方がないとか
たくさん言われて大人になって
どちらかというと、泣くことは弱いこと、
よくないことって思っていた。

子どもの時に悲しいことや辛いことや、
痛いことがあっっても泣かないで
我慢すると誉められて、泣かないのが
立派なことなんだと思うことが多かった。

子どもも泣いたら急いであやして、
泣かせないようにして、子どもが泣くのを
聞くのも攻められてるようで辛かった。

今は大人だって泣きたいときは
泣いちゃおうって、思えて嬉しい。

わあわあ泣きながら、
いろんなこと聞いてもらえたら、
いろんなこと乗り越えるのが
ずっと簡単だよって知って
ほんとに嬉しい。

のんちゃん

ジブリ美術館

昨日の1日、東京の「親の時間」のクラスの後、
娘と一緒に三鷹のジブリ美術館に行ってきました。

まず、三鷹駅で降り、玉川上水沿いを歩いて
美術館にむかいました。
この道がとてもきれいです。
木がたくさん生い茂っていて、川沿いだけ
昔からの自然がそのまま残っているみたいな感じでした。

ジブリ美術館はすごい人気で、当然当日券なんてありません。
わたしも、娘が前もって予約していてくれて入れました。
7月、8月は抽選入場になるみたいです。

たくさんの人達が列を作っていて、
海外からの観光客も多かったです。

美術館、すごい良かったです。
わたしの一番気に入った場所は、
常設展示室の、「映画のうまれた所」
宮崎駿さんの原画が無造作にたくさん、たくさん
置いてあったり、貼ってあったりしました。
このお部屋3回も見にいきました。
でも、また行きたい。

娘が、宮崎駿さんの本を3冊買いました。
その中の1冊は、わたしに買ってくれました。
今日札幌に帰る飛行機の中でそれを読むのが楽しみです。

入場整理の係の人達や、館内で働いている人達も
みーんな親切で良い人達でした。

館内は撮影禁止なのだけど、外は撮れるので
屋上庭園に立っていた、まもり神さんの
後ろ姿だけ撮らしてもらいました。

ジブリ2


ジブリ

腰の所の草、見えますか?








プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR