5歳のお友達

いっこからです。

Aちゃんとけん玉

近所に住んでいたお友達のAちゃんは5才です。
この夏引っ越しして、ちょっと遠くに行ってしまいました。

Aちゃんの引っ越し2、3ヶ月前だったでしょうか。
我が家に遊びに来て、使い古したけん玉を見つけました。
「あっ、これ知っているよ。むずかしいんだよ」
「やったことあるの?」
「こうやって、こうなって、ここに乗っかるんだよ。
ぼくは、上手く出来ないの。」
「そっかー、出来なかったんだ。」
「やってみようかな」
そして、けん玉の玉をブーンと回して
大きい方の皿に乗せようとしましたが、
かすりもしませんでした。
Aちゃんは、私の方をチラッと見ました。
そし て、何回かやった後「やっぱり出来ない」
と言ってけん玉をしまいました。
「じゃあ、何して遊ぼうか?」
と聞くと、しばらく考えてから
「やっぱりけん玉やろう」
と言って、また遊び始めました。
そこで私は一人応援団になりました。
Aちゃんは1回やるごとに私の顔を見ます。
「あーあ」
「おしーい」
「だめだー」
「さっきよりお皿の近くに行ったね」
「できないなぁ」
「いつかきっとできるようになるよ」
「あっ!」
「もう少しだったね!」
何回も繰り返しているうちに、
ついに玉がピタッとお皿の上に乗りました!
Aちゃんは目を見開いて、
口を大きく開けて私を見ました。
声は出ませんが、全身が喜びであふれています。
そしてすぐ、二人で大騒ぎになりました。
「見て見て見て!」
「すごい!頑張ったねー」
「出来たー!(ガッツポーズ)」

その日の午後,自分の家に帰っていた
Aちゃんがたずねてきて
「けん玉、家になくて練習出来ないから、
貸して欲しいの」
と、けん玉を持っていきました。

お引っ越しの日、Aちゃんのお父さんとお母さんが、
けん玉を返しに来ましたが、
そのままプレゼントしました。

けん玉が大好きになったAちゃんに、
楽しい時間を一緒に過ごせたことありがとう、
と伝えたいし、また声を聞きたいです。

これを書きながら『電話してみようかな?』
という気持ちになりました。

いっこ
スポンサーサイト

聞き合うことの効果

八戸のさっちゃんからです。

聞き合うクラスに参加して数ヶ月。
感じたことは「 話を聞いてくれる人がいてうれしい!
一人じゃないんだ!!」ということ。
孤独育児に疲労感たっぷりだった私にとって
今はこのクラスが癒しの時間です。

クラスにでるようになって、気づいたことは
「いつも怒りをがまんしないで、私も怒ってもいいんだ!
怒りを感じたとしても私は悪くないんだ!」ということ。
そのことを聞いてもらったら、自分に優しくなりました。

そしたら 娘が目の前で 怒ってても、
ダダをこねても 、一歩ひいて
観察できるようになったのがいい変化。
これって 私にも娘にもいいことですよね?
今では親の時間が楽しみでワクワクです。

そういえば昨晩のこと。
娘が寝る前にダダをこねて騒ぎ出したので、
うんうんってしばらく 聞いてました。(観察?)
そしたら いいかげん騒いだあと、
「保育園で ○○ちゃんに いじわるされたの。。。」
って教えてくれました。
3才の娘も嫌なことがあっても
頑張っているんだな~と痛感。

その後も娘の目を見て「うんうんっ」て聞いて。
そしたら しばらくして 気持ち良さそうに
眠りに入りました。

今までの私ならダダをこねた時点で娘を
「うるさい」って叱り付けてたかも。
これも聞き合うクラス効果だなって思ったら
嬉しくなった出来事でした。

さっちゃん

娘に関するこの夏の嬉しい発見

みゆからです。

今朝、私と大学生の娘の間で交わされた「行ってきます」と
「行ってらっしゃい」の挨拶、ありふれた光景です。
けれども少し前の私たちにとってはそうではありませんでした。

それまでは、娘は私の言葉に対して無視か
不機嫌に「はい」と口ごもるだけでした。
私はそっけない娘の後ろ姿を追いながら
淋しさを日毎に募らせていました。

そんな日々が続いたある日、
娘はコンビニでアルバイトを始めました。
接客業ゆえのストレスが大きいらしく、
口を開けばコンビニに来るお客さんの話ばかり。
正直、娘の話を聞くのが苦痛なこともありましたが、
「親の時間」の仲間に聞いてもらいながら
何とか話を聞き続けました。

そして今、娘は「それじゃあ、行って来るね」と
言ってから出かけるようになったのです。

私は、これまでとの違いを考えてみましたが、
はっきりした理由はわかりません。
けれども、きっと娘の感情的になりながらの
アルバイト先での話を、私が黙って受けとめたことくが
影響しているのではと思います。

あまり関係なく見えるふたつの事柄が、
こんなうれしい結果をもたらしてくれたことは、
私にとってこの夏のうれしい発見です。

みゆ

夏のおわり

札幌は昨日から小学校が始まりました。
それに合わせてか、気温もぐっと下がって
昨日は秋のような気候でした。

小学生が来なくなって、
朝のラジオ体操も淋しくなりました。

ラジオ体操後のお散歩コースの
円山原生林に今年も大きなオニヤンマが
飛んでいます。
何年も見ているけど、いつも美しいです。

暑かった札幌の夏が終わろうとしています。

「仮面ライダーになれた」

ともこからです。

子どもの頃、テレビ番組の仮面ライダーが大好きでした。
私には妹しかいないので、それは特に
兄弟の影響があったわけではありません。

野山をバイクで颯爽と駆け抜ける姿に魅了されていました。
女の子なのだからこんなのを見るのはやめるように
何度も大人に言われましたが、
かまわず見ていたと記憶しています。

成長して20歳の自動車免許取得の際、
古風な考えの父に猛反対され、
隠れて教習所に通いました。

その後、結婚、出産、子育てと
バイクとは縁遠くなって行きました。

しかし今年、子ども達が20歳を迎え、
今まで出来なかったことに挑戦してみたくなり、
またバイクのことを思い出しました。

大型二輪免許をもっている友人に相談したところ
「私も40代で免許取ったよ。大丈夫取れるよ」
と励まされました。

更に普通二輪免許を持つ娘の友人には
「自動車学校を紹介で入ると割引受けられますよ」と聞き、
別な友人には「乗っていないバイクあげようか?」
(結局、壊れていてもらえませんでしたが)
と言われて、これは取るしかないと
自動車学校に5月に入学しました。

補修もついたり、教習は四苦八苦でしたが
卒検には一度で合格出来て6月10日に
免許取得出来ました。

合格の際は感動して涙がでました。

今バイクに乗り始めて思うことは、
バイクは走りを見るより、
後ろに乗せてもらうより、
仮面ライダー気分で自分で
運転するのが一番良いと思います!

最近、ツーリングを心から楽しんでいます。

ともこ

癒しの散歩

みっちゃんからです。

父親が認知症になって4年経ちました。

少しずつ色々な事を忘れてゆく父親を
近くで見守っていて、
言葉では表現できない程の
色々な感情が湧きおこり、
私の身体にも様々な
変調がおこりました。

話を聴いてもらう中で、
最近になって、ようやく私の心が原因で
体調不良が続いていたんだと自覚できました。

心と身体は本当に繋がっていますね。

今、朝の散歩と、夜の散歩を続けています。

近所の住宅街での散歩なのですが、
自然の多い場所なので、
早朝の散歩は空気が新鮮で気持がよく、
歩いて行く先に藻岩山が見えて、
庭の花壇も綺麗で、
たまにリスが遊んでいたりする事もあって、
ただの散歩なのにとても楽しいと感じます。

普段だったら、すれちがっても
挨拶を交わさない見知らぬ人も、
何故かこの時間帯には「おはようございます」
と声をかけ合います。

夜の散歩は、森林の香りが良く、
夜空がきれいで、きつねもフラフラと歩いていて、
なんだかこれも格別です。

散歩をしていると心が落ち着きます。

年老いた父は、まだ私の事は覚えていますが、
日常の事はその瞬間の事しかわからない様です。

排泄も上手く出来なくなり、こんなふうに
年老いてゆくのだなあ~と感じています。

みっちゃん

自分の体を愛せる人になりたい!

まきちゃんからです。

先日中学から高校まで一緒だった友達と
4か月ぶりに会ってきました。

お互い家庭をを持ち、子供の年齢も同じくらいで
共感できることも多く、お互いの近況や、
学生の頃のことなど時間を忘れて話しました。

喫茶店で、私達のすぐそばの席に
小さな子どもを連れたお母さん達数人が、
子どもに目を配りながら、
ひと時おしゃべりを楽しんでいる様子が、
無我夢中で子育てしていた頃のことを
私達に思い出させてくれました。

でも、考えてみたら私達は結婚してから連絡をとってなく、
会うようになったのはここ数年のことで、
子どもが小さい時は全く会っていませんでした。

家事や子育てが大変なのは自分だけじゃない、
一人でやるのは当たり前と、
友達を勝手にライバルにして
相談なんてしないと、決め込んでいたような気がします。

お母さんとして知り合った人には相談していたのに、
何で学生からの友達に距離を置いたのか?

それが「太った」ことと関係しているんだなと、
親の時間の「こころと体のことについて考える」
クラスに行き、気がつきました。

妊娠する前の私は今よりも
約20キロくらい痩せていました。
ところが長女の妊娠を機に体重が増え続け、
今の体重までになりました。

学生の頃もそれほど自分に自信があった訳ではないけれど、
痩せていたし、着飾ってかっこつける余裕が
今よりもあったように思います。

でも、今は学生時代の体型にすぐ戻れるわけではなく
Sサイズの服はとうてい着られません。

以前とは違う体型の自分を見られることが嫌でした。
言いようのない敗北感がありました。

「親の時間」の聞きあう時間で、
他に友達に負けたと思うことを口にしたら、
子どもに「自分(私)が負けた」と思っていることを
注意しがちなことにも気づきました。

一体どうなったら人として「勝ち」なんでしょう?

友達と年賀状だけのやり取りだけが続いたある年、
私の母が亡くなり、友達に既成の喪中はがきではなく、
自分の言葉でハガキを送りました。
それがきっかけでメールのやりとりが始まり、
また会うまでになりました。

彼女は学生時代の辛いいじめの経験からか、
昔から他人も含め自分のことでも
外見について口にする人ではありません。
なので、私にも見かけのことは一切言いません。

彼女自身は学生のころと変わらず痩せ型の人ですが、
じっとしていられない性質なので、
仕事を二つ掛け持ちし、
そのあと15年続けているママさんバレーに行き、
いつも自転車で駆け回っています。

私は、「痩せている=勝者」「太っている=敗者」
という思い込みから自由になって、
自分の体を愛せる人になりたいです!

まきちゃん

福島キッズ 夏

福島県の小、中学生が、夏、冬、春休みを
北海道で過ごすプロジェクト「福島キッズ」
の大沼コースにボランティアで
娘と一緒に参加してきました。

一年半前の冬にも大沼コースに参加したのですが、
夏と冬では周りの風景が全く違っていました。
が、子ども達は、変わりなく外で楽しい時間を
過ごしていました。
(ホームシックの子ども達もいたけれど。。。)

わたしも楽しかったー。

一番印象的だったのは、「ウシガエル」
大沼にはウシガエルがたくさんいます。
最初カエルだと知らなかったので、
朝散歩したときに泣き声を聞いて、
何か危険な獣がたくさんいるかと、
本気で恐くなりました。

このウシガエルを釣るために、
子ども達としかけを作って、
釣る練習をして、大沼でウシガエル釣りをしました。

すごーく粘ったのですが、残念ながら
釣ることはできませんでした。
でも、しかけにつられてカエルが
顔を出してくれたのが
すごーく可愛かったです。

わたし、は虫類大好きなのです。

でも、ウシガエルってすごく大きいんです。
中には、子猫ぐらいの大きさのもいるそうです。
だから、実際釣れちゃったら、ちょっと困るかも。。。

写真は朝のラジオ体操です。

福島キッズ



プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR