親の時間のブログを読む理由

ちえちゃんの初めての原稿です。

今回から私にも当番がまわってくることになりました。
みなさまよろしくお願いいたします。

以前、わこに「ちえちゃんはこのブログを
すごく熱心に読んでくれてる」と言われたことがあります。
確かに自分はブログをよくチェックしています。
それはどうしてなのかを、この機会に考えてみました。

わたしは「親の時間」をはじめて4年になります。
どんな話でも、決して否定したりせず
聞いてくれる仲間たちのおかげで、
ずいぶんと自分の負の感情や、弱さを
受け入れることができるようになってきたし、
生きることに対して、実感がともなって
きたのではないかと思っています。

でも、話をする際にずっと押し込めていた
自分の感情を外に出してやるというのは、今でも苦手です。

それがどれだけ大事なことかはわかっていても、
なかなかかんたんにできることではありません。
それほどに、これまで自分の感情を押し込めて
わたしは生きてきたんだとも思います。

このブログには、みんながこれまで無意識に
押さえつけてきた感情をどのように発散してきたか、
その結果どのように自分自身を
取り戻していったかが書かれています。

わたしはまだ経験も浅く、とうてい自己を
取り戻したなどとは言えません。
忘れたい過去の感情を語るのは本当に難しいし、
途中で投げだしてしまいたくもなります。

けれどこのブログを読むと、自分を取り戻すのに
必要なのは、幼いころに持っていたささいな感情と
ひとつひとつていねいに向き合っていくことだと、
励まされているような気がするのです。

ブログからみんなが回復の過程で
どれほど多くの時間やエネルギーを費やしたかを
読み取ることができるからかもしれません。

頑張っているのは自分だけではないと
知ることができますし、自分もそうなりたいと
目標を持つことができるのです。

ちえちゃん
スポンサーサイト
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR