本当に大切なことは何かな?

東京クラスのあっこからです。

我が家の娘Kちゃんは、運動が苦手だけれど
水遊びが大好きで、ちゃんと泳げなくても
海でもプールでも自由自在に潜る。

東京に引っ越して、なかなか友達もできず
家の中でばかり過ごすKちゃんに
スイミングのクラスをすすめたら、
「行く!」と言ったのは昨年の9月。

そしてこの6月で「もうやめる」と言い出した。
「なんでやめたくなったの?」と聞くと
「だってもうあきた」
「クロール(の息継ぎ)、むずかしい」
「ともだちできなくていい」

泳ぐの、すごく上手なのに。
息継ぎ、上手にできてるじゃん。
スイミングを習い始めて
体を動かすようになってから
少し早く走れるようになったし
ブリッジも家族で1番上手だし
キックボードだって乗れるようになったのに。
第一、運動しないと太るよ。
もったいない。もったいない。

そんな言葉が私の頭の中をぐるぐる回ってる。
すごく残念でちょっと怒りたい気持ち。
もっと練習しなよ、とか
やらないからできないんだよ、とか
習い事が続かないのは我慢が足りないから、とか。

私はいっぱいそう言われてきたし
そう言われて、上手にできるように頑張ってきた。
いろいろなことができるようになることは私のため。
みんな、私のためにアドバイスしてくれたし、
自分に求められていることをうまくこなして
達成することが大事になっていった。

そう、上手にできるようになってほしいのは私。
Kちゃんはきちんとした泳法で泳げなくても
すごく楽しそうに水の中で遊ぶ。潜る。浮く。
本当にイルカみたいに。

楽しいから、好きだから、もっとやりたいから
いろんなことにチャレンジするんだよね。
上手にできるようになることを
目的にしていると、自分が何が好きで
何がやりたいのかわからなくなっちゃう。

そう、それが今の私。

だからKちゃんには言わない。
言いたいのを一生懸命我慢している。

代わりに「親の時間」の仲間に
私の残念な気持ちを聞いてもらって
本当に大切なことは何かを
思い出させてもらっている。

あっこ
スポンサーサイト
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR