新しい出会いからの発見

のんちゃんからです。

鶏のこっこちゃん

我が家に鶏が来た。名前はこっこちゃん。
もとは甥っ子の鶏だった。

動物好きの甥っ子が卵から返して、
すごくかわいがって育てていたのだが、
マンションのベランダで飼うには大きくなりすぎ、
うちにもらわれてきた。

この鶏のこっこちゃんがあまりに
かわいくてびっくりしている。

母が畑仕事をするときに柵から出すのだが、
母が来るのを足踏みして待っていて、
柵を開けると飛び出してくる。

はじめはおっかなびっくりだったが、
だんだん畑のいろんな種類の
虫を食べられるようになり、
よく見てると好き嫌いも
ちゃんとあることが分かる。

前の日に気に入った虫が
沢山いた場所を覚えていて、
次の日にちゃんと探しに行くのも面白い。。

母が「こっこちゃん、ここ、ここ」と
虫を見つけて呼ぶと、お尻をフリフリさせて
急いで走ってくる様子は本当にかわいい。

可愛がられて育ったからか人懐こくて、
誰かが畑に行くとよってきて
「ぐるるー、くるうー」と話しかけてくる。
私が「そうなのーそうなのー」と
聞いてあげるとずっと会話のように続く。

こっこちゃんのこの声を聞くと、
子どもたちが赤ちゃんの頃、
喉からいろんな声を出して
おしゃべりしてるのを
「そうなのーそうなのー」と
聞いていた時のことを思い出して懐かしくなる。
まさか人間の赤ちゃんの声と、
鶏の声がちょっと似てるとは思わなかった。

鶏だって何か聞いてもらいたそうなんだから、
人間はもっと聞いてもらいたいよなーと
しみじみ思ったりする。

こっこちゃんは畑のいい餌をたくさん食べて、
めちゃくちゃおいしい卵を産んでくれる。

鶏は5年くらいで卵産まなくなるらしいけど
30年くらい生きるらしい。
それもびっくり。

母は六月に50年来の親友を亡くした。
母の親友だったおばさんは、生前に
母が寂しくなることをとても心配してくれていたけど、
亡くなった二日後にこっこちゃんが来てくれて、
毎日畑で母に寄り添っていてくれる。

新しい出会いは、新しい発見と
ちょっとした感動の連続で面白い。
知らないことが、まだまだたくさんあるのだなと思う。

のんちゃん

 
スポンサーサイト

手を握ってて!

こっちゃんからです。

中一の息子が先日、夜中にめずらしく
「さっきからぜんぜん眠れない」
と訴えてきました。
私はもう眠っていたので、
めんどくさいなぁと思いながらも
彼のところへ行き
具合は悪くないか、
何か気になっていることはないか、
学校で変わったことはなかったか、
眠れない原因になりそうなことを
あれこれ聞いてみましたが
「別にない」と。

困ったなぁ。わたしも早く寝たいのに。
何か原因があるのなら話を聞いて、
そしたら眠れるかなとも思ったのに・・・

小さいころから眠りが浅い彼に
いつも眠りを妨げられてきたので、
それも思い出して、ますますめんどくさいなぁ
という気持ちが出てきます。

私が困っていると、彼がポツリと
「手を握ってて」と。
言われたとおりに握っていると、
そのうちスゥっと眠っていきました。

なんだ、こんなこと!

「眠れない」という状況を
何かものすごくおおごとに
捉えていたいた自分に気がついて
ひとりで苦笑いしてしまいました。

こっちゃん

秋の薔薇とまやかし睡蓮

昨日、家のベランダの小さな庭で
素敵な発見が二つありました。

まずは、これ!

秋の薔薇


6月に今年初めての花をつけてから、
その後二つ、合計三つ咲いた薔薇。
7月の中旬まで楽しませてくれました。

その後、「ありがとうね」って言って
薔薇の古い枝を切って、
ベランダの奥に置いておきました。
そして、昨日水をあげたときに、嬉しい発見!
またお花をつけていたのです!
そのうえ、あと蕾が二つもついています。

この薔薇は、4、5年ずっとベランダで
越冬を重ねて、毎年6月の下旬には
とっても香しい花をつけてくれました。
でも、秋に花をつけたのは初めてなのです。
すごい、感激でした。


そして、もうひとつはこれ。

まやかし睡蓮


絶対睡蓮に見えるでしょう?
でも、実はこれ「まやかし睡蓮」
といってもプラスチックではなく、
れっきとした生花です。

何だと思いますかぁ?







諦めずに子どもに向き合う先生に感謝

あやちゃんからです。

先月、娘の習っているバレエの先生が退職されました。
辞めると聞いた時も、最後のレッスンの日も
娘と他の生徒たちは大泣きでした。

正直、私自身は先生の感情的に怒ったり、
時々生徒や親に威圧的になる態度が気になって
その先生があまり好きではありませんでした。

なので、あんなに悲しむ彼女たちの気持ちがわからず、
とりあえず、私がその先生のどこが苦手なのかを
「親の時間」の仲間に聞いてもらいました。

そして、思い出したのですが、
先日、(「親の時間」のベースになっている)
再評価カウンセリングの会で、大人の前で
娘がインタビューを受ける機会がありました。
その中で、大人に求めることは?の
質問に対して、娘は次のように答えました。
「大人たちは私たちの話しを聞く時、
どうしたの?と聞いて欲しい。
一回では答えないかもしれないけど
それでもまた聞いて欲しい。
三回聞いても答えないかもしれないけど
それでも諦めないで聞いて欲しい。」

それを聞いて、私も娘の年くらいの時、
本当はそう言いたかったと、
思ったのを思い出しました。

そして、気持ちがクリアになってきたら、
『そうだ!この先生は怒っても
諦めない先生だったな』とわかりました。

バレエは華やかに見える世界ですが
日々のレッスンは、変わりばえのしない
基礎を繰り返し行うそれは地味なものです。
そんな中で、スキップもできなかった娘に対して
諦めずに、できるようになった小さな事を、
先生は一緒に喜んで寄り添ってくれたのだ
と気がつけて、感謝の気持ちが溢れてきました。

あやちゃん

自分の二の腕にウットリ!

みきからです。

「親の時間」のクラスの中で、
腕立て伏せをする機会がありました。

腕立て伏せは苦手という
思い込みがあったし、
多分数十年やった記憶がないので
出来ないと思いました。

でも、みんなに励ましてもらって
チャレンジしてみると、
思っていたよりもたくさんできたのです!

自分で驚いたのですが、なにか
自分の筋肉にスゴい可能性を感じました。

夫と息子が腕立て伏せをし合っていたことがあって、
その時は全然参加しようと思わなかったけど、
あの程度なら、もう少し鍛えたら
私も出来るな~と思っています!

今まで、腕立て伏せが、出来るように
なりたいと思うことがなかっただけで、
やりたいと思えば出来るのだと思いました。

腕立て伏せだけでなく、
やりたいと思うことはなんだって
出来るにちがいない!!と今は思っています。

少し硬くなった(ような気がする)
自分の二の腕にウットリしています♪

みき

娘の絵から思ったこと

いっこからです。

押し入れを整理していたら、
娘が小さい頃に描いた絵がたくさん出てきました。

一枚一枚めくって見ながら、
小さかった娘と一緒に過ごした時間を
懐かしく思い出しました。

その中から大好きな絵を見つけたので、
パネルに入れて壁にかけています。
私が彼女の妹を出産した後に、
「お母さんへのプレゼント」と言って
大切そうに渡してくれた絵です。

大きな包装紙の裏側全面に、
お父さんやお母さん(私)や弟、そして娘自身。
家族を描いてあるようなのですが、
女の人は4人いて、そのうちの2人には
お腹のところに赤ちゃんが描いてあります。

その絵には、お母さんのお腹の中にいた
赤ちゃんが生まれてきた喜びや、
お母さんを応援する気持ち、
家族への愛情がいっぱいつまっているようです。

子育てをしている時には、
私には大きな責任があると思っていて、
自分が頑張らなくちゃと気負っていたけど、
この絵を見ると、子どもからたくさん
愛情をもらって頑張れていたんだなと思います。

あの頃余裕がなくて、その愛情を
充分に感じてはいなかったことを
思い出すと、いまだに涙がこぼれます。

私自身は、絵を描くことは苦手だ
とずっと思っていました。
学校で、絵の描き方や、良い絵はこういう物、
ということを指導された時に、絵は難しいものだ
と思ってしまったことも一因でしょう。

でも今は、私も小さい頃に、
娘のように素直な気持ちで
自由に描いていたことが
あったかもしれないと思います。

もう一度その頃の自分を思い出して、
絵を描いてみたいと思っています。

いっこ
プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR