娘の絵から思ったこと

いっこからです。

押し入れを整理していたら、
娘が小さい頃に描いた絵がたくさん出てきました。

一枚一枚めくって見ながら、
小さかった娘と一緒に過ごした時間を
懐かしく思い出しました。

その中から大好きな絵を見つけたので、
パネルに入れて壁にかけています。
私が彼女の妹を出産した後に、
「お母さんへのプレゼント」と言って
大切そうに渡してくれた絵です。

大きな包装紙の裏側全面に、
お父さんやお母さん(私)や弟、そして娘自身。
家族を描いてあるようなのですが、
女の人は4人いて、そのうちの2人には
お腹のところに赤ちゃんが描いてあります。

その絵には、お母さんのお腹の中にいた
赤ちゃんが生まれてきた喜びや、
お母さんを応援する気持ち、
家族への愛情がいっぱいつまっているようです。

子育てをしている時には、
私には大きな責任があると思っていて、
自分が頑張らなくちゃと気負っていたけど、
この絵を見ると、子どもからたくさん
愛情をもらって頑張れていたんだなと思います。

あの頃余裕がなくて、その愛情を
充分に感じてはいなかったことを
思い出すと、いまだに涙がこぼれます。

私自身は、絵を描くことは苦手だ
とずっと思っていました。
学校で、絵の描き方や、良い絵はこういう物、
ということを指導された時に、絵は難しいものだ
と思ってしまったことも一因でしょう。

でも今は、私も小さい頃に、
娘のように素直な気持ちで
自由に描いていたことが
あったかもしれないと思います。

もう一度その頃の自分を思い出して、
絵を描いてみたいと思っています。

いっこ
スポンサーサイト
プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR