一緒にいることを感じる時間

ちほからです。

今秋も「親の時間」の
心と体に向き合うのクラスの合宿で
ニセコに行ってきました!

紅葉し始めたニセコは、時折雨やあられが降り、
私の大好きな羊蹄山にも、ずっと雲が
かかるような天候でしたが、
とてもいい時間を過ごすことができました。

今回は、一緒にいるみんなを
感じてみるというのがテーマでした。

参加したメンバーとも長いつきあいになり、
お互いを知ってるようなつもりでいたけど、
知らないことがまだまだあります。
ましてや、自分の素のままでいることは
出来そうで出来ていないとわかりました。
例えば食事をすることでも。

私は小さい頃、家族が食事中にケンカをしたり
無理やり食べさせられたのが苦痛だったので、
みんなを感じて食べたり楽しんだりすることが
とても難しいと思っているのです。
自分自身の安全を確保するために、
人に関心を持たず、持たれずに
振る舞うのをやり続けていることがわかりました。

遊びの中では素が出やすくなります。
夜にトランプをしたのですが、
みんなの見たことのない表情や態度が
あって面白くて盛り上がりました。
おどけたり、喜んだり悔しがったり、
必死になると小さい頃のみんなが見えるようです。

それなのに、翌朝にはみんなどこか
よそよそしくなってしまいました。
そのくらい、私たちは簡単に
人といる感覚を忘れがちになります。

リーダーの わこは、みんなといることを
常に思いださせてくれました。

本当は大好きな人をもっと近くに感じたいし、
一人じゃないとわかることは、
喜びであり力にもなります。

今は自分を見せても危険なことは起きないこと。
みんなのことをもっと好きだと感じて、
好かれていると感じていいと思ったことは
大きな気づきでした。

ちほ
スポンサーサイト
プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR