食べることについて考えたこと

まきちゃんからです。

久しぶりに体調を崩しました。
いろいろ気になることが重なって、
「親の時間」の仲間に話を聞いてもらってはいたものの、
ここ半年くらい医者から食事制限を進められました。
そのため、食べたい欲求を我慢したり
ストレスを言い訳に食べ過ぎたりして
具合を悪くしてしまいました。

ついこの間「親の時間」の「こころと体の事を考えるクラス」で
合宿に行って、「食べる」ことに対して仲間と一緒に取り組み、
小さかったころの私にとっての「食べること」を思い出しました。

私は幼いころから食が細く、
体はあまり丈夫な方ではありませんでした。
3歳ころから喘息の発作が起き、
そのころ住んでいた埼玉県から大きな病院のある
東京までよく電車で通っていました。
そんな私のことが母は心配で、
少ししか食べない私に「たくさん食べないと丈夫になれない」
とよくはっぱをかけられました。
私にとってはもう満足で食べたくないけれど、
私の体を心配する母に何か言われるのが嫌で、
随分無理をして食べていたように思います。

逆にたくさん食べたい物もありました。
それがサラミソーセージなのですが、
その頃の我が家では、お正月にだけ登場する食べ物で、
普段はなかなか口にできませんでした。
生活状況を考えると、食べ物に限らず
母に何かをねだることは出来ませんでした。
本当は母に「もっと食べたい。買って!!」と言いたかったけれど、
「いつか大人になって自分で働いたお金で好きなものを買おう」
と思っていました。

また、小学校1年生の時の担任の先生は
「給食は全部食べること」を守らせる先生だったので、
たくさん食べられない私は、全部食べ終わるまでいつも居残りでした。
こんな経験からか、誰かと一緒に食事をするのも
嫌いではないけれど、一人きりで、
自分の好きな物を、誰にも邪魔されず
食べる時間が大好きでした。
「誰にも分けてあげない」と言ってみたかったのを
合宿中思い出しました。

「食べる」ということ一つにしても、
いろんな感情が湧いてきたり、
食べることで何かをごまかしたり、
時々体の声を無視して食べてしまうけれど、
聞き合う仲間の存在を忘れずに、
自分を大切にする食べ方が出来たら良いなと思います。

まきちゃん
スポンサーサイト
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR