職場の苦手な人と仲良くなれたよ

こっちゃんからです。

今の職場に勤めて三年が過ぎました。

職場にはもちろん色々な人がいて、
私が苦手なタイプの人もいました。
私が苦手だと思っているのが、
態度に表れ、相手にも伝わるのでしょう、
相手も私によそよそしく、
頻繁に嫌味を言われたり、
苛立ちをぶつけられることもありました。

わたしはその人が、益々苦手になり怖くなって、
嫌なことを言われたら落ち込んで
自己嫌悪にもなりました。
相手の顔色を見ながらびくびく働いていると、
仕事も上手くいかないし、全然楽しくありません。

この状況をどうにか変えたい・・・と思い、
言わずに我慢していることを
思いっきり「親の時間」の仲間に聞いてもらったり、
なぜ苦手だと思うのか、
過去になにか原因がないか
いろいろと思いだしてみました。

そしてたくさん泣いたり
怒ったりを聞いてもらっているうちに、
まずは相手からの理不尽な攻撃から、
上手く逃げられるようになりました。
そして何かで怒られても、
以前のように落ち込まなくなりました。
さらに苦手だった相手に少しずつ
優しくなれるようになりました。

劇的に何かが起こったわけではないけれど、
私がひとつやさしくすると、
相手もすこし優しくしてくれて、
気が付いたら少しずつ怒られなくなったし、
嫌みも言われません。
私が何か失敗しても助けてくれます。

なんと今ではとても仲良しです。

聞き合う関係のある仲間に、
聞いてもらうと、すごいことが起こるんだと、
あらためて実感しました。

こっちゃん
スポンサーサイト

気になるのはひよちゃんのこと

今日から、カウンセリングの会議のために
中国の北京に行ってきます。
8年前にやはり同じ会議で北京に行ったのですが、
とても興味深い人たちがたくさんいました。
今回は、どんな人たちがいて、
どんな光景が見れるか、楽しみです。

北京の後、東京に行って「親の時間」の
クラスに参加するので、札幌を
10日間ぐらい留守にします。

ちょっと気になるのは、毎日ベランダに
りんごと、パンくずを食べに来るヒヨドリたち。

「10日間留守にします」という
メッセージを残していけたらいいのだけど。。。。

わこ




勉強の息抜きに遊ぶ

あやちゃんからです。

「親の時間」のスペシャルタイムのクラスでは、
メンバーがやりたい遊びを考えて
一緒に遊ぶ時間があります。
 
先日も久しぶりに、じゅうたんのへりなど直線を使って
両端から歩いて相手を押したり引いたりして
線から外すという遊びを教えてもらいました。

みきが書いてくれた雪遊びもそうですが、
私たち親は普段遊ぶ時には、
子どもが楽しむために
大半の時間を使っています。
それが子ども抜きで、
自分の楽しむことに集中できると 
とても楽しく、「きゃあきゃあ」
言って子どもみたいにはしゃいでいます。

やる前には、『面倒くさい』とか、
『疲れる』とか聞いてもらえます。

遊んで、身体を動かすことによって
色んな感情がダイレクトにわいて
きてそれも新鮮だし、遊びが終わったら
すぐに聞きあえるのでそれもとてもいいです。

自分がやって楽しかったら、
子どもとも一緒にやってみようと思えます。

クラスの次の日に早速、
テスト勉強中の娘の息抜きに
その遊びに誘いました。

足をひっかけたり、もちあげたり、
近くにあった椅子につかまったりして
二人で必死に戦うので
5分やるだけで汗だくになりました。

娘は、机に向かってばかりなので
身体もなまるし、勉強の気分転換にもなるしで
その後も何度がやって遊びました。

すると、それのせいかはわかりませんが
いつもは自分の部屋で一人でこもって
勉強していた娘が、リビングで勉強しはじめました。

そして「隣に座っていて」とか 
「まだ寝ないで起きていて」とか
「自分に注目してほしい」というような事を
言い始め、めずらしいなと思いました。

また他の人が持っている
色んな遊びを紹介してもらって、
子どもとの時間にも楽しめたらと思います。

あやちゃん

野鳥の声を聞きながら

昨日は今年初めて、北海道神宮での
ラジオ体操に行ってきました。

家を出たのは、5時50分。

まだ真っ暗で、薄曇りの空、
円山のすぐ横に月が見えました。
「おはよう、お月さま!」って
声をかけました。

IMG_0139.jpg



円山公園の入り口。6時25分。
まだ薄暗くて、灯りもついています。

IMG_0140.jpg



6時30分。ラジオ体操会場、
もう既に集まっている
人たちが全員で50人ぐらい。
こんなに寒くて暗いのに、
「みんな、偉いねー。わたしも!」
と、心の中で声をかけました。

IMG_0141.jpg



この後、原生林の中を通る前に
野鳥のチェックしました。
わたしが最近、ちょっとハマっている
野鳥観察のために。

IMG_0143.jpg



6時50分。雪景色は美しく、
原生林の中は静かで、野鳥の声がいっぱい
という期待で歩いたのですが、
やはり、都会の中の公園なので、
一番良く聞こえる鳥の声といえば
カラスの鳴き声。

IMG_0146.jpg



でも、シジュウカラとヤマガラを
見ることができました。
(残念ながら、動きが速すぎて撮影は不可能)

出かける前は、寒くて暗くて
くじけそうになったけど、
やっぱし、出かけて本当によかった!

わこ

「面倒くさい」が取れたらワクワクするよ

みきからです。

スペシャルタイムのクラスで今年に入ってから、
2回ほど公園に雪遊びに行きました。
目的は、雪遊びの楽しさを実感することです。

たかが雪遊び、されど雪遊び!

行く前から、いや雪遊びと決まった2週間前から、
それぞれにいろんな気持ちがわいてきました。
何をして遊ぼうかワクワクするひと、
天気のことや寒さを考えて沈むひと。

私がまず考えた事は、雪遊びのための準備でした。
ウェアーや靴、寒さ対策やその日の体調、
そして終った後の片付けのことまで。。。。
その時点で、とても面倒な気持ちになってしまいました。

「面倒くさい」と何度もカウンセラーに聞いてもらうと、
準備が嫌なだけで、雪遊び自体は
とっても楽しみなんだと気がつきました。

旅行や引越も嫌いなのは、準備と片付け、
気持ちの片付けも含め、それが面倒なだけで
旅行自体は楽しいし、引越だって
本当は新しい家にワクワクしていたんだと思い出しました。

邪魔する気持ちや感情がなければ、
どんなに楽しみにワクワクしながら
その日まで過ごせるかを考えたら、
なんてもったいないことをしてるんだろうと思いました。

何かをするときに出てくる邪魔する気持ちや
なんでそんなに嫌なのか、聞いてもらいながら
ひとつひとつ消していこうと思いました。

きっと勉強も受験も、邪魔するものがなければ
楽しいものなんだろうになーと、
中3のわが家の受験生を見て
ちょっと気のどくになってしまいました。

みき

親子の会話をラップ調でする

ふうちゃんからです。

若い人達の間では、ラップ調の歌が
人気があるそうです。
それに合わせて最近、うちではラップで
会話をするというのが流行っています。

例えばラップ調で "今日は、悪いんだけど、
イェイ、ゴミを出していってもらえるかい?イェイ、"
 "今日は、早く行きたいから、母さん、
今日は、無理なんだ。イェイ" 
猫背風に前かがみになり、
体をリズムに合わせて
スイングしながら話すと、
よりラップ調になって楽しいのです。
不思議と言いにくい事も、
ラップだと言えるのです。

私は、娘と息子が小学生の時に
「親の時間」を始めたのですが、
今、その子達も中学生と高校生になりました。

彼等は、本当によくいろんな事を話してくれます。
良いことも悪いことも腹のたつことも。
子ども達と色々な話をしながら生活するのが、
本当に楽しいな~と思う今日、この頃です。

最近、つくづく思うのですが、
こうやって子どもと色々な話ができるのは、
子ども達とスペシャルタイムをとってきた事が
大きいのではないかと思います。

わこをはじめ、仲間のみんな本当にどうもありがとう。

ふーちゃん

マリメッコ風(?)アクリルたわし

続きを読む

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR