ギューってハグ

青森のママンからです。

子どもが4人います。
第一子22才の子が最近、
本音で私にぶつかってきました。
両親が離婚した時の寂しさや悲しさ、
そして幼い頃からの自分自身の悩みを
泣きながら吐き出された時に気づいたのは、
私は自分の事で精一杯で子どもと
十分に触れ合っていなかった…ということ。
辛い気持ちを聞いてあげられなかった…ということ。

そこで決めました。子育てをやり直そう!

今一緒に生活していないので、
ご飯を一緒に食べる時間を作ったり、
お弁当持参でお出かけしたり、
電話でおしゃべりしたり。
積極的に子どもに関わっていきました。

そして、「親の時間」で練習した『ハグ』。
メインリスナーが、大人になって
突然ハグするっても照れちゃうから
練習しよう!って。
みんなでハグしあいました、泣きながら。

もちろん、私の子どもとも
ちゃんとハグしました。
最初はお互いに照れていたけど、
小さな頃に戻ったように
ギュウッと抱き合いました。

練習してくれたみんな、ありがとう!
子どもに笑顔が戻りました!

ママン
スポンサーサイト

そのままで、いい親だよ

としみからです。

電車でのできごとです
座席に座っている私の横に、
あかちゃんを抱っこした
お母さんが立っていました。
「よかったら座りませんか?」という私に、
そのお母さんは「いいんです。
今まで座ってたんですけど、
この子が泣いちゃって、それで立ったんです」
と話してくれました。
「そうなんですか?」と、私が
抱っこされたあかちゃんに
話しかけるとあかちゃんは
ニッコリ笑いました。
「いつもそうなんです、私を
休ませたくないんですよ、この子」
とお母さんが言いました。
「そうなの・・・お母さんよくやってますね」
と私が言った後に、お母さんは
「お父さんの所にオモチャもらいに行こう」
と言ってその場を去って行きました。

私も初めての子育て中、
電車で出会ったお母さんのように
子どもを泣かせないようにする為に
時間とエネルギーを費やし疲れ果て、
母に「もう駄目かもしれない」と
弱音を吐いたら「好きで親になったんだから、
責任もって頑張りなさい」と
叱られたことを思い出しました。
それからは、正直に言えば
傷つくことになると思い、どんなに辛くても
母には平気を装うことに決めました。
弱音を吐いた私を見て、母は私が
良い母親になれないかも知れないと心配し、
私を励まさなくてはという気持から
言ったのだと思います。
でも、私は励まされるどころか深く傷つきました。

その後、「親の時間」に参加するようになって、
アドバイスや叱咤激励ではなく、
「そのままの私がいいお母さんだ」と
気付くことが、何よりも
大きい力になることを学びました。

でも、「そのままでいいお母さんだよ」と
誰もが言ってもらってはいないので、
そのような励まし方を知りません。
実際私だって「親の時間」以外で
言われたことは、ありません。
それだけ、社会では親に対しての
厳しいプレッシャーがあるのだと思います。

子育てに難しさを感じた時に
「私は本当にいいお母さんだ」と
いう言葉に勇気とパワーを貰い、
自分や子どもを責めないように乗り越えてきました。
母が言ったとおり、私は望んで母親になったけど、
子育てをたった一人で歯をくいしばってやることが
責任を持ったやり方ではないと思います。
私は母親同士が聞きあうことで助け合い、
ありのままの自分を大切にしながら
自分が選択した母親というチャレンジを
どんなときにも楽しみながらやっていくことが、
私なりの責任の取り方であり生き方だと思っています。

としみ

あきらめなかった私をほめてあげたい

こっちゃんからです。

先日テレビで、
「うつになった人がどうやって
その辛さから抜け出したか」
という内容の放送をしていました。
「うつ抜け」という本も売られているようですね。

うつ、という言葉が、以前に比べて気軽に
人々の話題にのぼるようになったように思います。

わたしも世間で語られるような、
いわゆる「鬱の状態」になったことがあります。
それは断続的に数年間続きました。

心療内科を受診していたこともあります。
「抗鬱剤」といわれる薬を飲んでいたこともあります。

今はあの頃のような辛さを感じることはありません。
薬を飲みたいとも感じません。

わたしが辛さを感じなくなってきたのは、
ひたすら聞きあう仲間と「聞きあう時間」を
持ってきたからだと思っています。

ずっとひとりで溜めこんで
我慢してきた感情を、吐き出すこと。
それを一人でおこなうのではなく、
信頼できる仲間に聞いてもらうこと。
そしてわたしも仲間の話を聞き、
信頼しあえる関係をつくっていくこと。

この作業の積み重ねが、
わたしにとってはかけがえのない経験となり
辛さばかりだった自分の人生のなかに
希望や楽しさや信頼や愛情が戻ってきました。

あきらめずに生き抜いたわたしを褒めてあげたい。
そして聞きあう仲間たちの存在にとても感謝してます。

ほんとうに、どうもありがとう!

こっちゃん

偽物ピーマンに騙されたいいお母さん

あやちゃんからです。

朝、ねぼけまなこで朝食の支度を
しようと冷蔵庫を開けました。
するとピーマンが一つだけ入っていました。
『一個だけ残しておいたんだなーオムレツに入れよう!』
と取り出したら、残り物なのになぜか袋に入っていて
テープで閉じてあるのを何の疑問も持たず、
包丁でビリビリと破り、中身を取り出しました。

ピーマンをつかむと、硬い・・・
なぜ?一瞬理解できず、シンクの淵で
コンコンと叩いてみる事数回。

とうとう娘が笑い出しました。
そう。それは娘が授業で紙粘土で作って
きた物だったのです。
形こそ不恰好なものの、ラッカーでつやもあり、
すっかりだまされました。
「あっちゃ~全然わかんなかった!
きぃーっ!ぐやじいっ!」と叫んだら、
娘の嬉しそうなこと!

その事を娘が授業で話したら
クラス中「〇〇の母ちゃんうける~!」
と大爆笑だったそうです。

他のお母さん達は袋を開ける前に
偽物だと全員見破ってしまったのだそう。
教科担任の先生も「袋を開けるところまで
わからなかったお母さんは
8クラス中、2人しかいなかったから
余った袋をもう1枚あげるね」ともらって来ました。

娘は、次はお父さんをだます!
と張り切っていました。

思春期真っ只中の子供達こそ、こうやって
大人をからかいたいのだと思います。

娘だけでなく、友達にまで
笑ってもらえて嬉しかったです。
ぼけぼけで簡単にだまされる
アタシって本当にいい母さんだ~。

あやちゃん

帰省

先月の27日から八戸に帰省していて
今日9日に札幌に帰ってきました。
パソコンにアクセスできなかったので
ブログもしばらくお休みしていました。
ごめんなさい。

連休中、ずっと行きたかった秋田県の
角館にも行ってこれました。

また写真で、わたしの旅の楽しかったことを
お裾分けをさせてくださいね!

毎日桜を見ていて
写真はたくさん撮りました。
その中から一枚だけ選ぶのは本当に
大変だったのですが、
この一枚が一番雰囲気があるかなぁ?
って思っています。

根城

わたしの姉が住んでいる根城(ねじょう)
という場所は名前の通りにお城の跡地で、
たくさんのしだれ桜が植えられています。


変なタンポポ

お花の写真もたくさん撮りました。
その中で形がちょっと変わった
茎が一つでお花がいっぱいのタンポポです。


角の浜(かどの浜)というところで釣りもしました。
釣竿だけ借りて、自分で針と餌を買って
もちろん餌も自分でつけて、投げる練習もして。
結局なーんにも釣れなかったけど
楽しかったー。

釣り

岸壁なのに水と海藻が美しくて、
ずーっと見ていても飽きなかったです。
わたしの影と、釣竿わかるかなぁ?


階上岳

八戸周辺で一番高い山(といっても標高740m)に
去年100名山を制覇した67歳の姉と登りました。
その時に見たお花です。


藤

最後の日に、八戸の朝市に行ってきました。
藤の花がもう咲いていてとても
いい香りをさせていました。


そうそう、「親の時間あおもり」
(青森県の「親の時間」は、八戸市のメンバーに青森市の
メンバーも加わったので、「親の時間はちのへ」
から、「親の時間あおもり」に改名したそうです)
のメンバーと一緒にクラスもしてきましたよ。

青森市から3人、八戸市に来てくれて
新しい人たち4人に出会えたのが
とても嬉しかったです。

わこ
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR