きっとできる!

みゆからです。

先月、中学校の家庭科以来やっていなかった
洋裁に挑戦してスカートを縫いました。

洋裁は何年か前に型紙と布を準備して
ほぼ完成まで漕ぎつけながらも
途中で止めた経験があります。
それ以来、長い間遠ざかっていました。

それでも服作りをやりたい気持ちは
私の中で燻り続けていたので、
そのことを「親の時間」の仲間に
何度か聞いてもらったのです。

仲間から励ましの言葉をもらい、
私自身も「出来ないなんて決めつけては駄目、
もしどうにもならなくなったら
ほどいて小物作りに変更すればいい」
と考え直すことにしました。

雑誌の作り方の行程をしっかり
確認したうえで取り掛かりました。
実際の作業は想像していたより
時間はかかりましたが、
満足のいく出来でした。
その証拠に、既に2度外出の際に
身に付けましたよ。

今になってみると「きっと出来る」と
いう思いが、諦めずに完成できた理由の
ひとつだったと思います。

ちょっぴり夢が広がった私は、
次回は何を縫おうか考えるのが
楽しくなっている今日この頃です。

みゆ

スポンサーサイト

自分が元気になれることを優先

はじめまして!
東京クラスのようちゃんです。

この前の日曜日、子ども達と
クレープを食べました。
小4の息子と小6の娘は、クリームや
フルーツいっぱいのスイーツ系。
私はレタス・ハム・チーズのおかず系を注文。

息子、娘、私の順で、最後に私が
品物を受け取った瞬間、
息子が「おいしそう~!」と言いました。
いつもなら「ひとくちあげるね~」と
応えていたし、子ども達には、
ひと口でもふた口でも
求められるだけ分け与えていました。

でもこの日は違いました。
私は、何気なく無言で食べ始めました。
私の残りが少なくなってきたのを、
すでに食べ終わって見ていた息子が
「ひとくち欲しいな~」と言いました。
それを聞いて、間髪入れずに、私は
「これはママのっ!」
と、残りを全部パクッとひと口で、
自分の口に放り込んでしまったのです。
あっけにとられた息子の唖然とした表情。
娘もエッという顔をしています。
~~シーン~~

「、、、〇〇(息子)も、ママに
ひと口あげてないじゃん」と娘。

違う、違う、ギブ&テイクを求めたわけじゃない。
ものすごくお腹が空いてたわけでもない。
しかもスパッと切った後に残ったのは、、、
清々しさじゃなかった。
襲ってきた、なんともいえない後悔と罪悪感。
母親として、やっては
いけないことをしてしまったような。。。

「親の時間」で話を聞いてもらう度、
繰り返し繰り返し、いつも同じ壁が現れます。
繰り返し、壁と向き合う中で最近、
自分は「ガッカリされるのが怖い」
ということがわかりました。
自分が何をしたいか、より、
相手が何を期待しているか、
の方ばかり気になり、
それに応えることを優先して
「ガッカリされないように」
生きてきたんだな、と。
相手というのは親に始まり、
友達、先生や上司、そして夫、子ども達かな。

壁にぶち当たる度に
「もっと思ってること言っていいんだよ~」
「もっと好きなことやっていいんだよ~」
「やりたくなかったら、いやだ!
って言っていいんだよ~~」
とみんなも、何度も、何度でも、言ってくれる。
その壁を打ち壊そう!
自分を1番に優先していいんだよ!と。

、、、本当はクレープを丸々ひとつ、
一人で食べたい自分がいたのかな(笑)

ひと口分けてあげられる日ももちろんある、
でも分け与えたくない気分の時もある。

クレープ事件は小さな(お恥ずかしい)
出来事でしたが、私にとっては
大きな一歩だったのかもしれない。
ガッカリされたくないという恐怖心は
自分が思っていた以上に根深いと気づけたし。

それで今、自分の本当にやりたいことは
何なのかな?と真剣に考えています。
ほかの誰か、じゃない自分。
自分で自分をガッカリさせない!
まずは「自分が元気になれることを優先する」
から始めています。

「親の時間」という場、みんなの存在に感謝です。

ようこ

身体の声を聞く

しばらくのお休みごめんなさい。

ともこからです。

5月のマラソン大会の前に膀胱炎になりました。
大会中も何度もトイレに行くけど
出ないという苦しい経験をしました。
振り返ると、日々の仕事とマラソンの練習とで
疲労が重なっていました。

ゴールデンウィークにも花粉症で
体調を崩していたのに、
立ち止まることができませんでした。

過信していたのだと思います。
大丈夫だ、スグに調子は良くなると。

身体は食べる事、排泄する事、
休む事、眠る事、全ては繋がっていて
どれか一つを乱暴にしてしまうと、
バランスを崩し、身体は
いつも通りでいられなくなります。
以前不眠になってから、
随分と身体の声を聞く事が
出来るようになったと思っていたのに、
時間が経ってすっかり忘れていました。

身体に『ごめんね』と謝って
『休息を忘れないよ』と約束しました。

ともこ

運動会での娘を見て

匿名さんからです。

先週の曇り空の中、小学六年生の
娘の運動会がありました。

その日は午後から雨の予報だったので
午前中で全ての競技が終わる、
「荒天用プログラム」に変更され行われました。
なので、お弁当も作らなくてよく
レジャーシートだけを持って
早朝に場所を取った最前列に座って
家族全員で娘の応援をしました。

小学生最後の運動会を見ながら
一年生からの娘の成長を思い出しました。

比較的おとなしい娘は、小学校入学当初から
友達との関係が難しく、学校で孤立することも多くて、
私は朝、娘を学校に送り出すのが不安でした。
その頃、娘のことで何度も「親の時間」の
仲間に話を聞いてもらっていたのを覚えています。

娘が4年生の時、本人も食事の量が減り
口数も少なくなっていったある日、
娘から私に言って来るまで待とうと思っていましたが、
「お母さん、少し気になってることがあるんだけど」と
私から娘に話を始めしました。
そうしたら、私の膝に座った娘が
涙をぽろぽろ流し始めました。
「泣きたかったら今泣いていいよ」と
私が「親の時間」に初めて行った時に、
言われてホッとして涙が溢れた言葉を
娘にも言ったら、私にギュっとしがみついて
しばらく泣いていました。
私もその時は一緒に泣きました。

それをきっかけに、「娘の話を聞く時間」が
私たち親子の間に始まりました。
時には学校を休んだり、
先生に相談したりと、いろいろ娘と
相談しながらここまでやってきました。

今年の運動会での娘は、
隣の席の子とふざけあったり、
リレーで走るクラスメートに対して
大きな声を出して一生懸命応援したり、
娘の「白組」が勝ったときには
両手を挙げて飛び跳ね、
今まで一度も見たことがなかった娘の姿がありました。

娘も気持ちを共感しあえる仲間ができて
少しずつ、少しずつ自信を取り戻しているようです。

私も「親の時間」のみんなに励ましてもらいながら、
娘の話を只々黙って聞くことができて
本当に良かったと思います。

お誕生日に一人旅

6月がお誕生日のわたしに
わたしからのプレゼントで、
東ヨーロッパに行くことにしました。

今日、東京に行って娘の所に2泊して
金曜日から2週間の旅です。

友達に会いに行くわけでもなく、
研修や仕事があるわけでもなく、
全くの海外ひとり旅は、初めてで
ワクワク、ドキドキです。

たくさんの素敵な報告ができらたいいなー。


息子よ、君も泣いていいんだよ

ちほからです。

息子は今年の春に大学生になりました。
希望校には入学できなかったのですが、
受かった大学に進学することに決めました。

進路は決めたものの落ち込み、
親元を離れることに不安があるようで
苛立っていてもいて、珍しく話しかけても
時々うわの空なところも見られました。
いろいろ感じて泣きたいだろうにと
私が思ってもそう簡単にはいきません。

小学生の頃の息子は辛い時は泣いて帰ってくるか、
目にタオルを当てて居間に来たりして
「泣きたいよ」と言わんばかりの態度でした。
私が「どうしたの?」と言えば、
後は泣きながら言いたいことを言って
その後、機嫌が直ったりしたものでした。

高校生くらいになると、怒ったり文句は言うものの、
泣くことはほとんどなくなりました。
私より大きくなった息子の話を聞こうと
近づいても苛立って手足をバタつかせたりして
私はちょっと痛い思いもしていました。

新しい土地で新生活の準備をしている時も
ずっと文句と不安を言っていた息子。
明日から一人暮らしをする段になっても
「行きたくない」と言うばかりで、
私もちょっと心配になったのでしたが…

次の日、大学に行く準備でバタバタしていた息子が
「もう行かなき ゃ!じゃあね!」と
涙目でハグしてきました。
私は出かけようとする息子を止めて
「今ちょっとだけ泣いていきな 」と言って
二人で泣きました。
ほんの2、3分のことでした。

世間的に男の子は強くなければいけないので、
泣くことも、弱音をはくことも
出来ない状況に置かれます。
女の私でも親から、泣くのは恥ずかしい
ことだと言われてきました。

私が「親の時間」に参加したのは
息子が1才半の時からで、泣くことが
傷ついたことから回復する
大切なことだと知っていたけれど、
世間では、特に男の子は禁止に
近い状況で泣くのを止められます。
けれど、大きくなっても男の子も泣きたいのです。
むしろ泣いた方がその人らしく
生きていけると、私は思います。
泣いてもいいというメッ セージが
どんな男の子、男性にも届けばいいのにと思います。

あれから2ヶ月が過ぎ、息子は大学にも
一人暮らしにも慣れてきたようで す。
最近どう?と聞くと「余裕!」なんて言ってきます。
息子よ、忘れないでね。君は泣いていいんだよ。

ちほ
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR