子宮筋腫の手術で

ふーちゃんからです。

痛みについて考えたこと

10月の始めに子宮筋腫の手術をしましたが、
どうやら特別に回復が早かった様なので、
わたしの経験について書いてみたいと思います。

腹腔鏡を使って、お腹に小さな穴を3つ開け、
子宮は残して筋腫をとるという術式で
手術をおこないました。

手術当日はベット上の安静でしたが、
次の日の朝には歩いてトイレに行き、
手術の2日目には退院という
凄まじいスケジュールで家に帰ってきました。

この予定は始めから決まっていて、
この術式ではこれが普通だそうです。

手術が終わって、病室に戻ってすぐは、
お腹の全部がひとかたまりで痛みました。

でも、手術後2~3時間したら、
どこが痛いのかがハッキリしてきました。

上をむいて寝ている状態から
左に寝返りをうつ時は、左の傷が痛みます。
でも完全に向いてしまえば痛みは感じませんでした。

右側を向く時、右には2つの穴の傷で、
その一つはカメラが入っていたやや大きな穴だったので、
左よりも痛みは強いです。
しかし、こちらも完全に右側を向いてしまえば
痛みはありませんでした。

膝を立ててお尻を上げたらどうかな?
これまた、大したことありません。
なんだか面白くなり、片足を上げたらどうだろう?
いける、いける。
両足上げたらどうだろう?
こちらもいける、いける、
色々試したところ、
くしゃみと咳が一番の痛みでした。

じゃあ~それ以外は、大したことないと思えました。

なので、手術の後の痛み止めは
使いませんでした。
それには、2つの理由がありました。

その1つめは
この痛みは、私の身体が手術の傷を治そうと
全力で頑張っている痛みで、
痛み止めを飲むとその回復も止める事になるから。

もう1つの理由は、
「親の時間」のわたしの友達の一人が、
もっと大きな傷の手術をしたにも関わらず
痛み止めを使わなかったのを聞いていたからです。
彼女の手術の傷に較べたら、
わたしのはその何分の1かぐらいの小さなもので、
痛み止めを使う必要があるわけがない、
と決めていたからです。

ちょうど(この原稿を書いている)2日前に、
手術後3週間目の診察がありました。
診察の待ち時間、偶然にその時に同じ病室で
同じ手術日の3人が顔をあわせて、
手術後の話に花がさきました。

ひとりの人は、入院中に痛みが怖くて
一度も寝返りがうてなかったそうです。
そのせいで退院してからも、
背中と腰の痛み、傷の痛みで
1週間位は痛くて鎮痛剤を使っていたそうです。

もう一人の人も、痛みが怖くて
痛む前に鎮痛剤を飲んでいたそうですが、
2週間は痛みがあったそうです。

私は、退院した時は、「いててて」と
背中を丸めて退院したものの、
退院した次の日の夕方から
スウッと痛みが無くなり、
一番痛いはずのクシャミの痛みも
気にならなくなる程でした。

入院前にもたくさんの人に、手術の恐怖や心配な事、
多くの事を聞いてもらい、手術後も「痛い痛い」を
「親の時間」の仲間にたくさん聞いてもらいました。

その事で自分の考えが整理でき、
混乱せずに自分の身体と向き合い、
本当に必要な事が見えてきたのだと思います。

「痛い痛い」を聞いてもらうと、
本当に痛みがなくなります。
痛いという感覚は、テレビで見る毒々しい映像の記憶や
今までに痛みを感じた記憶と
感情が一緒になって痛みを増強させている気がします。

「親の時間」の聞き合う仲間がいてくれたから、
自分で多くの事を決めることができて、
心から感謝しています。

後日談ですが、手術の前日に主治医から
「やはり、子宮全摘手術に切り替えませんか?
それの方が手術も簡単だし、出血も少ないです。
子宮を残すと腺筋症もあるので、
増殖する可能性もあります」と言われました。
貧血が強かった私は、子宮全摘をしようかと、
迷いでグラッときたのですが、
「いえ、子宮を残す手術でお願いします」と断りました。

先日の診察で「細胞の検査では腺筋症はなかったです。」
と主治医から言われました。
「私の大切な子宮を取らなくて良かった~」
やはり、自分の決断は大切だなとつくづく思った瞬間でした。

ふーちゃん


i痛み止めを使わないって、かんたんに見えて
なかなか難しいことなので、
ちょっとコメントを書き足します。

ふーちゃんも書いていたように、
「痛い」の感覚には、小さい頃や
若い時に体験した過去の痛みも
付着しているので、痛み自体が増幅して、
大きな恐怖になってしまいます。

そのため、ほとんどの人が、些細な痛みにさえ
恐怖を持っているので、痛みを止めるために、
すぐに薬を使用してしまいます。
それは、小さい頃から「痛い」を
聞いてくれる人がいなかったので、
「痛い」と言ってはいけないと思っているからなのです。

だから、どんなときに薬を使うかの判断ではなく、
痛みは常に薬で止めるものと、認識されています。
でも、それはある意味危険なことでもあります。
何故なら、ふーちゃんも書いているように
わたしたちの身体だけでなく、精神の治癒力全体にも、
ストップをかけることになるからです。

ふーちゃんは、痛み止めを使わないと決めて、
身体の「痛み」にしっかり向き合うことで、
困難な大きな恐怖、つまり精神的な「痛み」にも
しっかり立ち向かったのです。

ほんと、よくやったね!
これから、ますます自分の身体の声が
聞けるようになると思いますよ。

わこ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR