涙の大切さ

みっちゃんの原稿です。

最近、涙を流しましたか? 
こんな書き出しの記事を見つけました。

映像や小説を鑑賞し、
自ら泣こうとするイベント
『涙活』という試みが行われているそうです。

映像の内容は、家族や動物、愛情、離別など多様で、
おじいちゃんが、天国に旅立ったおばあちゃんに
生前一度も言えなかった「好き」を
伝えるというのもありました。
それに加えて、小説などの作品を集団で鑑賞し、
一緒に涙を流す活動もあります。

映像などに感動して泣く事で、
気持ちを静める効果のある副交感神経が働き、
緊張した気分や、うっ積した気分が弱まり、
ほっとした安らかな気持ちになるというのです。

このイベントの主催者が、
参加者の脳の活動量や脈拍を計測したところ、
泣き始めると脈拍は急落し、脳は緊張状態から
リラックス状態に切り替わった様子が
うかがえたそうです。

私はこの記事を目にした時、
やっぱり泣くことは脳を休める効果が
あるんだなあーと思いました。

『親の時間』で話を聞いてもらって、
泣いたり、相手の話を聞いて共感の涙を流すと、
帰ってから子供に優しくなれます。

子供も、私の変化に気づいて
「今日は何だか機嫌がいいね」と言います。

不思議な事に今現在の出来事だけではなく、
とても幼い頃の悲しかった話を聞いてもらっていても、
同じ様に止めどもなく涙が溢れます。

そしてその記憶はいつしか、辛くて悲しい記憶から、
ごく普通の思い出に変わってゆきます。

涙には脳を休める効果だけではなく、
心を癒やす効果もあるのです。

みっちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR