つながりを、もっと築いていくよ!

「親の時間 東京」のメンバーの
みきちゃんにも頼んで、原稿を
書いてもらいました。


東京クラスで連絡係りを
している「みきちゃん」です。
東京では、札幌からわこに来てもらっている
「聴き合うことを身につけるクラス」と、
メンバーのみで行う「自習クラス」を開催しています。

今回、わこに原稿を頼まれて、
何を書こうかな・・と考えたのですが、
「親の時間」に出会ったときの
ことを書きたいと思います。

長男のことで悩んでいた頃。
一人で悶々と抱えていたあの頃。
ただただ聴いてほしい、という思いを抱え、
「親の時間」がそういう場だというフレーズに
藁をもつかむ思いで参加しました。

目の前に座った、はじめて会った方
の前で私は泣きました。
たぶん、ほとんど話しをしない前に。

しっかりと自分の話を聴こうとしてくれる。
優しいまなざしと、泣いていいよ、
と言ってくれる場所で、何かが緩んではじけたように。

それまでにも専門の方に
相談したことはあったけれど、
冷静にならなきゃ、と私自身の感情を、思いを、
そのままに伝えたことはなかったのですよね・・。

それが初めてのことでしたが、
そうやって話を聴いてもらい、
自分と向き合っていく中で、
これは子でもの問題じゃない、
私自身の問題だ、ということに気づき、
少しづつ私自身も、
そして長男との関わりも変わっていきました。

頭だけじゃなく、心と体が実感できたから、
変わることができたのだと思います。

気づけば、「親の時間」の仲間たちをはじめ、
頼れる人や場所が増え、
サポートし合える関係がたくさんできました。

生きやすくなるということは、
頼れる場所をどれだけ作るか
によるような気がします。

あのとき、「親の時間」に参加して
本当によかった!

これからも、そんな素敵な
つながりを築いていきたいです。

みきちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR