娘のキラキラ輝く瞳

あやちゃんからです。

先日ニセコにスキーに行って来ました。

前日から降り続く50cm以上の積雪で
膝上までの新雪に加え、山頂はマイナス15度。
その上猛吹雪・・・・
リフトで上った瞬間、傍にあったレストランへ
駆け込んだ完璧滑る気ゼロの私に、
「スペシャルタイム!鬼ごっこしよう!」
のやる気マンマンの娘の声。

娘はスキーで私が鬼になり、逃げたり、
また逆に追いかけて捕まえたりが大好き。

しかし、私より早いスピードで滑り降りる娘を
追いかけるのは、吹雪で視界が数メートルの中
かなり危険なので断念。

そこで 1回だけ鬼ごっこをして
麓に下りて雪のトンネルを作り始めました。

娘は横穴を掘り続けるから、私に雪をどんどんかき出せ
と指示して、頑張って堀り続けます。

スペシャルタイムでは、何個かルールがありますが、
その最大のルールは彼女に100%注目して
彼女が望むように手助けする事です。

100%注目するのは、私たちが、
普段聞きあう時にやっている事と一緒です。

1メートルほど掘ったでしょうか、
(しつこいようですがこの間もマイナス15度、吹雪です)
またしても娘から「上からも掘って!横からと繋げたいから」との指示。

しかし予想通り、ふわふわの新雪はもろく、
せっかく横から掘った天井ごとすべてあっという間に
ベシャっと崩れ落ちてしまいました。

娘は「あ~あ!!」と切れ気味で私を責めます。
「ごめんね」と謝りながら、
「あ~あって言いたいのはこっちだわっっ」と心の中で密かに思う私。

この気持ちは仲間に聞いてもらわねば。。。。。。

私も含め、大半の大人はこんな風に注目して
遊んでもらっていませんから、
それをやることは苦しい時がよくあります。

でもそれを仲間に聞いてもらいながらも続けているのは 
スペシャルタイムで得られるものが、
娘だけでなく私にも沢山あるからです。

写真で想像してもらえるかな?
前から見た娘のキラキラ輝く瞳を!

あやちゃん

あやちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あやちゃん、私の心の目で見えました
きらきらの瞳に・・・やられました(*^_^*)
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR