触れ合うって大事

みっちゃんの文章です。

「男の子も女の子もお母さんとスキンシップしたい」

私には母親とのスキンシップの
記憶があまりありません。

友人から、
『私は高校生まで、母親のひざに座っていたよ』
という話を聞いて驚いた事がありました。

「親の時間」の仲間にその話をしたら、
羨ましくて泣けてきたのを覚えてます。

今は痩せて細い私の母ですが、
私が小さい頃は、豊満な胸の人でした。

「親の時間」の仲間に、母親の代わりにみたてて、
だっこしてもらうと、何故だか泣けてきました。
特に、以前の母のようなふっくらした体型の人に
抱きしめてもらうと、涙が止まらなくなりました。

子供達が小さい頃、私にべたべたと
くっついてくるのがとても不快でした。

下の二人は性別の違う双子です。

一人が私にくっつくと、もう一人も
必ずそばに寄ってきて、身動きが出来なくなり、
心の中では拷問されている様な気分になりました。

二人は現在、14歳になりますが、
今でも変わらず私にくっつてきます。

お腹や二の腕などを触られ、
クンクン匂いを嗅がれ「落ち着く~」
と癒やしグッツの様に扱われます。

二人共、私より身体が大きくなって、
ひとつの布団に入りきれないのに、
それでも無理やり入ってきて、
身動きがとれなくなります。

でも、今の私は、もうあの頃の様に
不快には感じなくなりました。
かえって何だか幸せだなあ~と感じます。

人は性別関係なく、幾つになっても
人とスキンシップしてたいんだと思います。

たぶん、お爺ちゃん、お婆ちゃんになっても
そうなんだと思います。

83歳の私の父は認知症で、顔を見に行くと、
いつも同じ椅子に腰かけて、
テレビをかけっぱなしにしています。
行く度に、髪の毛が薄くなった頭を
撫でてあげると、嬉しそうにじっとしています。

『男の子はメソメソ泣いたらカッコ悪い』とか、
『いつまでも赤ちゃんみたいに
ベタベタしていると変だ』と言われ
大きくなるとスキンシップから遠ざけられますが、
そう言わないで育てると、女の子と同じなんです。
人と触れ合う事で、安心したり、
元気になれたりするのです。

みっちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR