自分のリーダーシップで歯の治療ができたよ

あやちゃんの原稿です。

歯医者の通院が終わってめっちゃ嬉しい~

昨年末、鳥の骨をかじって 
歯がグラグラしてしまい、
7.8年ぶりに歯医者へ行きました。

折れてはいなかったものの、
こうなる原因は歯槽膿漏なので、
その治療が必要とのこと。

そこから、聞き合う時間を使って、
歯について取り組み始めました。

まず、私は小さい頃から歯医者が大嫌い。
どれだけ嫌で痛い思いをしてきたを
聞いてもらいました。

実際の治療にあったって
レントゲンは極力撮りたくない事、 
抜歯の際も自分の自己治癒力を信じて
抗生剤は飲みたくない事、
麻酔を打つときは事前に教えてほしい事、
フッ素は使ってほしくない事、
などなどを担当医に伝えられるようになるため 
治療前後に仲間に聞いてもらいました。

歯医者にとっては、一般的にどれも当たり前にやる医療行為に、
いちいち文句をつける面倒な患者だったかもしれません。

はじめは否定的な物言いの担当医でしたが、
事前に「親の時間」の仲間に聞いてもらっていたので、
医者に理性的に話す事ができ、
次第に理解してもらえるようになりました。

歯茎を切開しての抜歯や、
歯茎の裏の歯石を取るのは、
治療後もとても痛いのですが
痛みの記憶にも取り組んだからか、
一度も痛み止めを飲まずに乗り切れました。

そして今月、一年かかって、
ようやくすべての歯の治療が終わりました~

歯の事で沢山聞いてもらったおかげで、
私は私の身体を大事にしながら
歯を治すことができたよ!
みんなありがとう!

あやちゃん


わたし、29日に引っ越しなので、
今年はこれが最後のブログになると思います。

今年もこのブログに書いてくれた人たち、
そして読んでくれた人たち、どうもありがとう。

みなさん、大好きな人たちとよいお年を
お過ごしください。

わこ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR