手をつなぐっていいよ

初登場のあっこからです。

小さい頃から手がコンプレックスだった私。
節が大きくて硬くて男の子みたい。
誰かと握手すると柔らかくてスベスベで
私の手をみんなはどう思うんだろう、
みんなは柔らかくていいなぁと思っていたものです。

握手が嫌だった私はふれあうことも苦手。
誰かにさわる時にはすごく気を遣うし、
触られるのはもっと苦手。
肩に手を置かれたり、
テーブルの下で足がぶつかったりすると
緊張して触れた部分がこわばってしまう。

そんな私も「親の時間」に出会って7年。
最初はどこかに触れながら、
話しを聞きあうことがイヤでイヤで
何で触るのさっ!と怒りたい気持ちだった。
でもね、変わるんだね、人って。


(ここで突然ですが、わこのコメント
「親の時間」では、話しを聞き合う時に、
手を取ったり、膝に軽く手を置いてもらったり
することをすすめています。
もちろん、すごくイヤダったら無理強いはしません。

理由は、小さな子どもを例にとったらわかりやすいのですが、
子どもは、安心で信頼できる人と一緒にいると、
その人の膝に乗ったり、手をつないだりして
安心感、信頼感を確認します。

わたしたちおとなも子どもの頃は、
手をつなぐ時、誰かにそっと触れてもらう時、
安心感を持ったはずなのです。
話しを聞き、聞いてもらいながら
手をつなぐことで、
おとなになったわたしたちも
安心感、信頼感を深めることができるようになります)

以下あっこの文章の続き

目の前にいる人を信頼して
手を握りながら泣けるのです。
そこにいるよね?と確認しているみたい。
すごく安心で、心地よさまで感じられるくらい。

本当にいいよ、聞きあうのって。

ちょっといいかも?
ほんとうかな?
あなたはどう思う?

一度確かめに来てみてね。

あっこ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR