子育てのように、花育てを楽しむ

みっちゃんの原稿です。

札幌は春になり、草花が芽吹き出しました、

私の住んでいる真駒内は緑が多く、
近所を散歩すると、様々な花が観賞出来ます。
福寿草、桜、水仙、梅の花、最近は
紫陽花の葉っぱが日々色濃くなっています。

以前は観葉植物を枯らさない程度に自宅で育てていた私ですが、
ここ最近ではお花を育てるのが趣味になっています。

朝早起きして、窓を開けて朝日を浴びながら
花にお水をあげるのが、今の私の楽しい日課です。
クリスマスシーズンに購入したシクラメンが
春まで花を絶やさず咲き続けてくれたり
花のシーズンが終わったはずのデンマークカクタスが
春になって葉先に花の芽を付けてくれたり、
ベランダのミニバラが、雪解けと
同時に芽吹いてくれたりと。
愛情をかけて育てていると、
花が私に応えて咲いてくれている様で、
とても幸せな気分になります。

年に2回花を付ける胡蝶蘭、
昨年の春から一度も花が咲きません。
葉っぱだけの状態で購入したので
何色の花なのか私にもわかりません。
今は根気よく週一回水やりをしています。

又、今年咲き終わったヒヤシンスの球根を、
来年にむけて陰干ししています。

花を育てるのって、なんだか子育てに似ています。
世話しすぎず、根気よく見守って、
愛情をそそいでいると、その子らしい花を咲かせます。

みんな、形や色や香りも違って、
見ていてとても幸せな気持ちになります。

みっちゃん
>
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR