小さな庭で遊ぶ雀のこどもたち

広島可部のあっこさんからです。

この時期になると、我が家の庭に
雀の親子がやってきます。
何年も冬の間、夫が毎朝お米をまいていたからかなあ・・・。

ともかく、ある時、“ぢゅんぢゅん”と
えらくたくさんの雀が鳴いているなあと思って
そっと窓からのぞくと、さっと!飛び立ちます。
雀ってものすごく警戒心が強いんです。

しばらくすると、また声が聞こえます。
そぉ~っと、息をひそめてのぞくと
一回り小さな子雀が2羽と親鳥が
仲良く土に向かって何かついばんでいる様子です。
「なんだか濁っている鳴き声は雛鳥だったんだ!」

それからは、毎日が楽しみになってきました。
私も上手に覗き込むことができるようになっていった上に、
雀たちも何もしないとわかってきたのか、
自由に過ごすようになってきました。

兄弟、姉妹?でお花の間をあちこちしたり、
フェンスの縁で親鳥を呼んだり、
親子で砂浴びをしたり・・・。
砂浴び後の、小さなくぼみを見ていると、
人間だけじゃない、命の営みを実感して
ちょっと感動します。
わかっているつもりなのにねえ・・・。
 
今年も、やってきました。
頭の毛がまだフワフワした感じの雛鳥たちです。

奥行1.5メートルぐらいの庭ですが、
我が家の子ども達も小さい時、
おままごとや、砂遊びをしていました。
サラサラの砂を作って、砂団子を作ったり、
庭のダンゴムシを捕まえてきて、
飼ったこともありました。

今では、庭に降りることもなくなっていますが、
今度は、雀の子どもたちが遊んでいます。

あっこさん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR