泣いていろんなことを乗り越えるよ!

のんちゃんからです。

先日大雨の降る日に、
泣きながら歩いてくる
小学生の女の子とすれ違った。

それはほんとに大きな声で
「わあーわあー」と泣いていたので、
思わず「どーしたの?」と聞いてしまった。

そうしたらその女の子は
ちょっと泣くのをやめて 
「ミミズが怖いから泣いてるの」と言った。

確かにその道は、雨の日は
ミミズがうようよと出てくるところだった。

そして「だいじょうぶ」と言って 
その子はまた大声で「わあーわあー」と
泣きながらずんずん歩いて行った。

わあーわあー泣くことで自分の怖い気持ちや、
憎いミミズへの怒りを叫んでいるようにも聞こえた。

泣きながらでも、どんどん進んでいく
その子はなぜかすごく強そうに見えて
私はその子の背中を見送りながら、
ちょっとすごいなーと思っていた。

泣いているのに、弱くない。

私はすぐ泣くんだからとか、
泣かないで我慢しなさいとか、
泣いたって仕方がないとか
たくさん言われて大人になって
どちらかというと、泣くことは弱いこと、
よくないことって思っていた。

子どもの時に悲しいことや辛いことや、
痛いことがあっっても泣かないで
我慢すると誉められて、泣かないのが
立派なことなんだと思うことが多かった。

子どもも泣いたら急いであやして、
泣かせないようにして、子どもが泣くのを
聞くのも攻められてるようで辛かった。

今は大人だって泣きたいときは
泣いちゃおうって、思えて嬉しい。

わあわあ泣きながら、
いろんなこと聞いてもらえたら、
いろんなこと乗り越えるのが
ずっと簡単だよって知って
ほんとに嬉しい。

のんちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR