何もあきらめないよ!

ちほの原稿です。

子どもが成長して物理的に手がかからなくなり、
今は私の体に大きな問題もないし、
心配なこともなく平穏な日々を送っている。

今の私自身を喜んでいいはずなのに
何故か焦りがわいてくる。
何かになっていないと、
誰かの役に立っていないとダメな気がしてくる。

小さな子どもたちと遊ぶ機会が時々あるけど、
彼らはきっと自分が大切な存在だと知っているし、
何かやらなきゃ価値がないとか考えていないようだ。

生まれて間もない頃は、
精一杯にその時その時を生きて、
あるがままでいられた。
お腹が空いたら泣く、
不快なことがあれば泣く、
抱っこしてほしいと泣く。

体力が続く限り泣いて、
休んでまた泣く姿を見ていると
私には、「何もあきらめないよ」
って言ってるように聞こえてくる。
その力強さに、愛情の深さに
めまいがするくらい感動してしまうことがある。

私も小さい時は、そんな子どもたちみんなと
同じだったはずだよね。
何もあきらめてなかったし、
愛情もいっぱい見せていたんだろうな。

みんなみたいにたくさん泣いたらそうなれるかな?
あるがままの自分をいいって思いたいな。

ちほ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR