藤巻君のファンのみきより

今日は、みきの文章です。

先日バス停でバスを待っているとき、
私の前を4歳くらいの男の子が、
2歳くらいの妹をソリに乗せて、
楽しそうに引っぱっていきました。
その後ろを、お母さんも楽しそうに歩いていきました。
なんだかみんな楽しそうでいいなぁ、と思いながら見ていました。

バスに乗りまもなく、信号待ちでバスが止まっているときに、
さっきの親子が見えました。
バスの運転手に、男の子が満面の笑顔で、
超うれしそうに「バイバーイ」とさけびながら、
何度もジャンプして全身で手を振っていました。

わたしは、想像しました。
その男の子は、熱狂的なバスのファンで、
バスの運転手さんをとても尊敬しているのだろうと。
その運転手さんは、うれしそうにも、丁重にその男の子に一礼しました。

その様子を見て、私はなぜだか突然涙が出ました。
その時は、なんで涙が出るのかわからなかったのですが、
帰ってから、電話で「親の時間」の人に話を聞いてもらいました。
そして気づいたのは、私もあの男の子みたいに、
あんなふうに素直に純粋に人に近づきたいんだ、ということ、
それから私も子供の頃、大人に、
自分の思いに対してあの運転手さんのように、
誠意を持って対応してほしかった、ということでした。

先週月曜日、藤巻亮太(「粉雪」歌ってた人)
のライブに行きました。
ライブの後、会場の外で、藤巻君が出てくるのを長~いあいだ、
寒~いなか待っていました。
出待ち初体験!
そして、彼がワゴン車で去る時に、
何も考えず私は、満面の笑顔で、ジャンプしながら、
全身で大きく手を振り「またねー」と叫んでいました!
すると藤巻君は窓をあけ、身を乗り出し笑顔で手を振ってくれました。
(もちろんそこにいた十数人に対してですが)
ん~ん満足!!

というか、相手がどんな対応をしてくれたかではなく、
自分が全身で気持ちを表現できたことが、
とても心地よく、満足だったのでした。

また、あの親子に逢いたいな~
藤巻君にも逢いたいな~♪♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東京クラスのゆうこです。
子供って皆純粋で、他人に対してオープンですよね。4歳の息子を見ていて、いつもいいな~~と思ってしまいます。忘れてたけど、私もそんな子供だったんだよなーと・・・。
私も笑顔で息子に「大好き」を表現したいなぁって思いました。
プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR