ホッカイロの再利用

先日約束した、かずこさんの投稿、
早速送られてきたので読んで下さい。

かずこさんのコメントを読んだ人の中には、すでに
試した人もいて、「ホッカイロが減らなくなったー」
という感想とかもらいました。
でも、やっぱり「コメントは読んでないー」
という人もいたので、繰り返しになる部分もありますが、
こころが、あったかくなる内容なので、読んで下さいね。

昔は、今のように消費文化ではなかったので、
みんな、いろいろな物質やエネルギーを、
とても大切に使っていました。
わたしたちも、その人達の知恵を使って、
物を大事にする心を取り戻したら、
使い捨て文化や、エネルギーの浪費に
ストップがかけられて、環境のことも
賢く考えていけるようになると思います。
みんなも、環境保護につながる知恵やアイディア
を聞いたり、発見したりしたら、是非投稿お願いします。

前置きが長くなりましたが、かずこさんの文章
しみじみ味わって読んで下さい。

先日コメントで参加したかずこです
再度投稿というかたちで参加しますね。
「親の時間」のブログのみんなや
わこの文章に励まされたり、
共感したり、時々涙してます
自分や自分の親が本当によくやっていること
思い出させてもらってます。
小樽雪あかりの路の記事を読んで

最後の「そして、昨日のお昼頃開封して使ったホッカイロが、
今わたしの腰についていて、まだホッカホッカです。
その秘密は、次回に!」を読んで
「お~ホッカイロのこと、書いてる!」と
嬉しくなってコメントしました
このホッカイロの再利用の方法は 
私の母親のアイデアで
たまたま、わこを含め 仲間に会ったときに
私がみんなに伝えたことなんです。

この再利用方法を説明すると
使い捨てカイロは 持続時間がだいたい
12時間になっていますが
私の母親は12時間も使わない時
密封した袋(ジップロックなど)に入れ
酸素を遮断して中断し
再度使用するときに袋から出し再利用する・・・という方法で
一回開封してしまったホッカイロを
最後まで使わない時捨てるしかない・・・とあきらめず、
再利用できる!っという、良い方法なんです

今回 の雪あかりの記事を読んで、
嬉しくなって母親に伝えたくなって
母親に電話しました。

お母さんがすごいアイデアを持っていて素晴らしいこと
私がそんな母親が自慢なこと
そして、私の母親がお母さんでよかったこと

そしたら 「伝えてくれてありがとう」と
涙ぐんでいました。
「わこさんにもありがとう!」って伝えてね
・・・と言っていました。

そして、もう一つ思い出したよ・・・と
エピソードを話してくれました。
私が子どものとき銭湯に行くのがどうしても苦手で、
そんな私を見兼ねた母親が、
私のためにお風呂を作ってくれたのですが、
使わなくなった浴槽を近所のおじさんに譲ってもらい、
セメントを近くの工事現場の人と仲良くなりそれも頂き、
ミニストーブももらい、
すべて母親の手作りの、
見事な簡易風呂が家の隣の物置にできたのでした。

母は私のことを思う一心で行動してきた人でした。
(今でもそうです)
とにかく母は私を愛しているのだな・・・と
今はひしひしと感じます。
全くの素人がお風呂を作りあげることも
もちろん驚きでしたが、
母親の人とのつながりの広さ、強さにかなり感動しました。
たくさんの人との関係があったからこそ
このお風呂をつくることができたのだなーと、
この話しを聞いて、ますます「お母さんてすごい人だ」と感心しました。

私は母親に対して否定的な感情がたくさんありました。
今も完全になくなったとは言えません。
でも、私もたくさんの仲間に過去の母親との出来事を聞いてもらい、
少しづつ自分のことや母親のことを肯定できるようになっています。
母親には私のように話を聞いて助けてくれる人が
いなかったことにも気がつきました。

大好きな人に素直に「大好きだ」と
伝えられるようになったことは
人生の大きな喜びだし、私の力になっています
人に気兼ねなく優しくできるってほんと嬉しいことです。
相手の喜ぶ顔を見ることももちろん嬉しいですが、自分が一番嬉しいです。

このブログの記事が私の背中を押してくれました。
母親とすてきな時間をもつことができました
わこ本当にありがとう!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素敵なお母さんです。
これを読んで、私も母親に愛されてると再認識して、ありがとうって伝えたくなりました。
プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR