富士山に登ったよ!パート2

昨日、ちほが富士山のことを書いてくれましたが、
実は、わたしも富士山に登りました。

今年の5月に、富士登山の練習のため
家の近所の藻岩山に登りました。
5月の藻岩山はまだ所々に雪があり、
下山するときぬかるみで滑って、
左膝を痛めてしまいました。

その後、山登りは当然無理で、
歩いたり、胡座をかいたりするのも大変でした。
でも、整骨院に行ったり、
膝に負担にならない自転車に乗ったり、
ピラティスをやったり。
膝を労りながらも、膝が痛くない運動もやって、
少しずつ回復しました。

なので、今回は頂上まで登ることは考えずに
7合目までならという気持ちで
富士山登山のワークショップに参加しました。

このワークショップは、カウンセリングも
交えながら行うというユニークな登山です。

一日目は、新宿から朝一番のバスに乗って
9時に富士山5合目に到着。10時に登山開始。

富士山 登る前

5合目で登る前に撮った写真です。
(わたし、笑っているけど不安そう)

5合目がすでに標高2300mなのだけど、
あんまり実感もなく、なんとか7合目まで着きました。
思ったよりも大変じゃなくて、全然もっと登れそう。

けれど、それからがものすごく大変でした。
わたしたちの宿泊予定の山小屋は8.5合目にあります。

7.5合目ぐらいから、頭はくらくらしてくるし、
痛くなるしで、いわゆる高山病にかかってしまいました。

でも、これはカウンセリングも交えての登山です。
なので、絶対一人にならないで登るので、
痛さ、辛さを聞いてくれる人が傍にいてくれました。
「痛い、痛い、もう嫌だ」と泣くこと3分。
嘘じゃなく、本当に痛みが消えました。
そしたら、また歩ける様にもなって、
岩場は、チェーンをつかんだり、
四つん這いになって登りました。

その時に撮った写真がこれです。

富士山 わたし


辛くなっては、聞いてもらって乗り越え、
また登り出す。を何度が繰り返し、
やっと、やっと、夕方7時に山小屋到着です。

途中、何度か休憩したけれど、
9時間、登り続けでした。

うなぎの寝床そのものという感じの
山小屋の寝袋の中で
2時間ぐらい眠れたのかなぁ?
夜中の2時に起きて、ご来光を
見る為に2時半出発。

この道程、登山者が着けている
ヘッドライトが富士山の頂上を目ざし、
前にも後ろにも波を作ってつながっていて、
空には無数の星がきらめいて、
とても美しく、感動的でした。

そして、4時過ぎに頂上に到着!!

気持ちにも体力にも全く余裕がなく、
写真も全然撮れなかったのだけど、
唯一わたしが自ら撮った、ご来光です。

御来光


それからみんなで記念写真。

富士山登った後

「親の時間」のいっこから借りた防寒着と手袋、
まきちゃんから借りたリュック、
としみから借りたストック、
そしてピラティスの生徒さんから借りたヘッドライト、
みんな一緒に登れました!

頂上からの下山の6時間も
なかなか大変だったけど、
登れた喜びがあったので、
帰りはあんまり辛くなかったです。

一緒に登った仲間の励ましと
同じことを目指すという調和が
大きな力になったけれど、
わたしの、62歳の身体と心、
すごく良くやった!!

これからは、富士山の絵や写真を見る度に
わたし、あの山のてっぺんにいたんだなーって
シミジミとしちゃいそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR