助けを求めていいよ!

今日は、こっちゃんの文章です。

親が社会からたくさんのプレッシャーを受けて、
それと同時に、潜在的に子ども時代の自分を思い出して
子育てしていると、とても苦しいよと、
こっちゃんは、説明してくれています。

子育てが苦しいのは、決してあなたのせいではありません。
ただ、助けがあまりにも少なくて、
心に余裕がなくなっているし、
自分が子どものころ、そんな親を見て来たので、
2重に苦しくなっているのです。

子育てが苦しいと感じたら、自分を責めるのではなく、
どうか、助けを求めて下さい。

それでは、こっちゃんです。

私が「親の時間」に初めて参加したのは3年前、
当時子どもは6歳、3歳でした。
その頃の私は、自分の理想の子育て
「子ども第一!自分はひたすら我慢!」
を信条に頑張っていました。
私自身が、いつもさびしさを感じながら育ってきたので、
子ども達に同じ思いをさせたくなかったのです。

でも、頑張れば頑張るほど、
まとわりついてくる子どもがうっとうしくて
邪魔くさくて仕方がないのです。
そしてそんなことを思う自分をいつも責めて、
体中が苦しい気持ちで埋め尽くされ、
口から耳から鼻からもうあふれだしそうなほど
いつも苦しさ満タンです、、、

「もう少し、手を抜いたら?」とまわりに言われても、
私が楽をしたぶん、子どもを苦しめそうでとても怖くて、
何をどう手抜きすればいいのかさっぱりわかりません。
他のお母さん達のように、うまくやり過ごせない自分をまた責めました。

「親の時間」に通うことを決めるのにも
かなり時間がかかりましたが
(自分のためにお金と時間を使うことに罪悪感があって)
でもとにかくそこで、泣いて泣いて泣いて、
苦しい気持ちをたくさん吐き出していきました。

そうして気がついたのは、
私は目の前の子ども達を通して、
実は過去の自分のことを必死に
慰めていたのだということです。

そうして今度は、小さい頃の自分を思い出して、
たくさんたくさん泣いてたくさんたくさん怒って
あの頃の苦しさを吐き出していきました。

目の前に、話を聞いてくれる誰かがいて、
そのまなざしに安心して感情を解放し続けると
本当に心も体も軽くなり、苦しさから解放されます。

あんなにうっとうしく思っていた子どもたちと、
今は心から楽しく仲よく関わることができるようになりました。

自分の人生は「どんなときも自分が主人公なんだ」と
考えることができるようになったし、
子どもがいても、夫がいても、
「私はいつだって自由に、しかも家族と仲良く、暮らしていけるんだ」
って 実感できるようになりました。

私にとって「親の時間」を通して得た仲間は宝だし、
聞きあう時間はライフワークです!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR