描く自由と泣く自由

東京クラスのみきちゃんからです。

東京クラスのみんなやわこは知ってますが、
私はパステルアートを描いてます。
趣味ではじめたものが
今では仕事にもなっています。

パステルを始める前も、
私はけっこう色んな講座に出たりしてました。
でも、何をしてもインプットするばかりで、
自信がなくてアウトプットができなかったんです。
だからパステルもこんな形で続けられるとは
自分でも思ってもいませんでした。

最初は、パステル画も人に見せるなんて恥ずかしくて、
描いた絵を部屋に飾ることもできなかったし。。。。

今では家中に飾ってるし、他の人にも
楽しさを伝えられるようになりました。

何が私を変えたのかと思い返すと、
絵を描くことが自分を受け入れる
作業だったからだと思います。

最初は失敗したな、と思った絵も、
何日か経つと、けっこういいんじゃない、
と思えてきたりして、好きになり愛おしくなっていく。

誰かに見せたら、「色がいいね」とか、
「癒やされるね」とか、自分が嫌だな、
と思ってたところを褒めてくれたり。

その1枚1枚の積み重ねが、
欠点も含め、自分を受け入れる
ことにも繋がっていたかな、と。

色を塗るだけで気持ちいい!
楽しい!大好き!でいいんじゃない、って。

子供の頃は絵を描くのが好きでした。
でも、図工の時間に色がうまく出せなかったり、
いい評価がもらえなかったりするうちに、
人と比べたり、自信がなくなって、
自分は絵が下手なんだって、
思い込むようになっていったのかもしれません。

パステルを通じて、そのままの自分でいいと
いう子供の心を取り戻せたのかな、とも感じます。

「親の時間」のことも、始めたころは
周りの人には言えませんでした。

悩んでいた息子のことも、一人で抱えていて。
外に出してみたら、意外と周りは受け止めてくれたり、
同じように悩んでいる人と分かち合えたり、
すごく楽になりました。

自分と向き合うことで、自分のことも
認められるようになっていったことは、
パステルとも通じているようにも感じます。

パステルで「描く自由」を取り戻し、
「親の時間」で「泣く自由」を取り戻し、
パステルと「親の時間」を知らなかった頃と
比べたらオープンな私になれた気がしています。

みきちゃんパステル

東京クラス みきちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR