夫との話し合い

みゆからです。

今年の春、私は大きな決断をしました。
それは、およそ10年に及ぶ家庭内別居に
区切りをつけるべく、夫に別居したい旨を伝えることです。

今振り返ってみても、そこに至るまでの道のりは長く、
あまりにも怖くて何度も諦めそうになりました。
と言うのは、これまで私は彼と話し合うことを
ほとんどやって来なかったからです。

当日の夜、緊張と不安だらけの状態で
その場に臨みましたが、結果は私の予想とは
全く正反対になりました。

どちらも感情的になる場面もなく、
静かな中でお互いの考えを伝え合うことに。
夫は私の希望を受け入れてくれたうえに
今後も話し合いを継続するということで
その場を終えました。

けれども、私にとってこの一度きりの話し合いは
十分な手応えが有りました。

10年間、夫に尋ねられず私の中だけで
堂々巡りをしていた疑問の答えが出たのです。

その答えは、言葉が不器用ながらも
彼はしっかりと私への愛情を言葉で伝えてくれたこと。
そして、私と娘の生活が安心したものに
なるように心を砕いてくれたことが、
夫が家族を大切に思ってくれて
いる証しとして私の胸に届いたのです。

そして現在。

あれから半年ほど経ちましたが、
夫との会話は決して多くはありません。
それでも私たち夫婦の居心地よい距離を
保ちながら、これからもふたりで
人生を歩んでいきたいと考えています。

みゆ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR