青森市での体験交流会

八戸クラスのまきこからです。

先日、青森市で「親の時間はちのへ」の
体験交流会があり、参加してきました。

まず会場に着いて驚いたのは、
託児スタッフが自分の子どもを
おんぶしている現役子育て真っ最中!!
のお母さんたちだったことです。

「子育てオーダーメイド・サポートこもも」
のスタッフのみなさん、すごいなあ~と思いました。

わたしも自分の子どもを連れて
託児の担当をしたことはあるけれど、
2歳半~3歳くらいになってからだったような。。。。

子どもが小さいうちは、
そんなことなんてできないと
思い込んでいました。

お母さんたちには、たくさんの可能性があるんだ!
とうれしくなりました。

青森市では、八戸市から引っ越ししたメンバーが
2年前にわこの講演会と体験クラスを企画して、
それをきっかけに聞きあうクラスが始まりました。

今回は青森クラスから3人、
はじめて参加してくれた3人、
八戸クラスから2人、赤ちゃんも1人そばにいて、
聞きあいの体験が始まりました。

体験の時間は、何度参加してもドキドキするし、
「親の時間」を始めたころの
気持ちが毎回思い出されます。

手をつないで、1人ずつ順番に
みんなの注目をもらって話をして、
それぞれのいろんな思いを聞いたり、
自分も話したりしているうちに、
少しずつ緊張がほぐれていきます。

「おっぱい飲みたいみたいよ~」と
託児スタッフさんに預けられていた赤ちゃんが
1人戻ってきて、おっぱいを飲み、
しばらくしてそのお母さんが
デモンストレーションに選ばれました。

メインリスナーが、お母さんと向かい合って
手をつなぎ、みんなが2人の周りに集まりました。
みんなの注目をもらいながら話し始めたお母さん。
お母さんのひざから降りていた赤ちゃんは、
ほどなく泣き出しました。
『ん~どうしよう?』
わたしは泣いている赤ちゃんを抱きあげて、
お母さんのお顔が見えるようにしました。

赤ちゃんは、しばらく泣いたあと、
お母さんに抱っこされたらすうって泣き止み
めちゃくちゃ安心している
様子が伝わってきました。

わたしの人生も、こんな風に
お母さんにぴた~っとくっついて
安心しきってるところから始まってたんだろうな~
と感じました。

新しい出会いにありがとう(*^^*)
あったか~い時間を共有して、
安心して聞きあえる仲間が増えていったらいいなあ。

まきこ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR