早く母さんに会いたい

広島のたかはたさんからです。

「複雑に変換してしまう私の脳」

昨年4月、上の息子が小学校へ入学しました。

入学して9か月が経ち、あと3か月で2年生ですが、
ほぼ毎朝私も登校集合場所へ同行しています。

保育園の頃から別れ際で時間がかかる子でしたが、
それは小学生になっても健在です。

登校初日から朝になると言います。
「途中まで付いてきて!」
「今日はどこまでついてきてくれる?」
「集合場所には一緒に行こうね!」
「今日は頑張ってみようかな?」

時には「行きたくない!」と泣き叫んだり、
地団太を踏んでみたりと、
彼の要求引き出しはいっぱいです。

ただ黙って聞いたり、なだめてみたり
していたものの、だんだん私も
“何か原因があるのでは?”
“学校で何かあるのでは?”
“毎朝母と登校するので
からかわれているのでは?”
と心配が募っていましたが、
その答えが最近何気ない息子との
いつもの会話の中でわかりました。

「オレ、学校行くとき玄関のドアが閉まって
いきなり母さんが見えんくなるのが嫌なんよ。
もう会えんかったらどうしよう思うんよ。
学校から帰る時も早く母さんに会いたいって
急に思うことがあるんよ。」

“そうなんだあ...”
勝手に私が彼の要求を複雑に
変換しようとしていたんだと気付きました。

私はただ見守って、寄り添っているだけで
良かったのだと痛感しました(笑)。

たかはたさん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR