感情を解放することに関して

ちえちゃんからです。

わたしが一般的なカウンセリング
に対してもっているイメージは、
考えを言葉にしてゆくことで、
気持ちや頭の整理をつけていく
というものです。
あるいは、単なる相談と
いう場合も多いのかもしれません。
 
「親の時間」では、考えよりも
感情を聞いてもらうことに
重点が置かれています。
傷ついたことから、人間が
回復するためには、感情の解放が、
必要だという考えに基づいているためです。

ですが、この「感情をあらわす」というのは、
以前にもこのブログで書いたのですが、
わたしにはなかなか難しいことです。

一般的に、アメリカ人は日本人に比べて
感情表現が豊かだといわれています。
もちろんアメリカ人といっても
千差万別でしょうが、映画やTVなどで
見かけるタレントさんなどを見ていると、
その表情の豊かさや、オーバーにも感じる
リアクションに圧倒されるのは事実です。
しかし、彼らはそのぶんシンプルな
考えをもっており、自分のしたいことが
明確であるかのようにわたしの目にはうつります。

それは、もしかしたらわたし自身が
「しがらみ」や「たてまえ」にとらわれて、
感情を外に出すことが不得意であるせいで
そう見えているだけなのかもしれませんが。

夫とそんな雑談をしていたところ、
夫がわたしに「小泉八雲の本に
そんなことが書いてあったよ」といいました。

以下は夫の受け売りですが、
おもしろかったのでご紹介します。

小泉八雲は日本に帰化したイギリス人で、
明治時代の作家です。
もっとも知られている著作は「耳なし芳一」
「雪女」などですが、日本文化に関する評論も
多くのこしています。
かれが日本美術について書いた評論に、
ヨーロッパやアメリカの挿絵付きの本を
日本の子供に見せたところ、
ひどくこわがったというエピソードが
紹介されています。

九歳の男の子が投票場に集まった人たちを
描いた絵を見て、「外国の絵描きって、
どうしてこわいものを描くのが好きなの」
といったそうです。
小泉八雲がいぶかしんでいると、子供は
「この顔!こんな顔は、どこにも
ないでしょう」といいました。
また、十一歳の女の子は、
“ごく普通の、田舎のお百姓さん”などを
描いたスケッチを見て「
まるで地獄の鬼みたい。こんな人、
見ただけで私死にそう!
この本好きじゃありません」と
雑誌をわきへ追いやったそうです。

小泉八雲は、東洋社会の
倫理に着目することが、
西洋人が日本美術を理解する
手助けとなると書いています。
日本においては、「あらゆる個人的感情を
出来るだけ押し隠す――うわべには
にこやかな微笑や泰然自若(たいぜんじじゃく)
とした諦念(ていねん)の表情をたたえつつ
苦痛や激情を人に見せないこと――
これが永年にわたって行動の
おきてとなってきたのだった」と。

夫は、「感情を隠すことが当然だった
明治時代の日本の子供にしてみれば、
それをむき出しにした西洋人の写実的な絵は、
地獄の鬼のように怖く見えたんだろうね」
と解説してくれました。

わたしはいま、「親の時間」で、感情を
おもてに出そうと苦心しているところです。

「親の時間」ではどんな感情でも
受け止めてもらえるという安心感があります。
そうした場所を持たずにいたら、
自分の感情と向き合うことは無理だったでしょう。

明治時代の子供たちが、いまの日本の
わたしたちを見たら、鬼の群れのように
感じるのかもしれません。

しかし、当時とは比べものにならないにせよ、
「感情を解放すること」は、わたしたちの
心にためらいとしていまだ色濃く残っている
のではないかと思えてならないのです。

ちえちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR