苦手意識克服にチャレンジ

としみからです。

寒くなってきたので、冬用に
コーデュロパンツを一枚買いました。
裾がまつられて無いものだったので、
自分でまつらなくてはならなかったのですが
私は51歳の今まで、裾をまつった
ことがありませんでした。
母にやってもらたり、アイロンで止めるテープを
使ったり、お店で直してもらっていました。
自分で出来ないこともないけれど
自信がありませんでした。
結局、買ったまま数日が過ぎた頃に
突然、縫ってみようと思い立ちました。

まずは、YouTubeで調べ
「まつり縫いの仕方」を何度も見ました。
やる気が湧いてきたので即実行したくて、
夜の10時過ぎでしたが裁縫箱を出して、
お気に入りの曲を聞きながら
ひと針ひと針縫い始めました。
なんだか楽しくて歌を歌いながら縫いました。
片方の足が縫い終わったら、
ティータイムを挟みました。
そして時間など気にせず縫い進め
完成させることができました。

お気に入りのパンツは長さも完璧!
本当に嬉しかったです。

苦手意識を一つ克服できた訳ですが、
色々と思い出したこともありました。
夜に裁縫をすること。
音楽を聴きながらすること。
途中でティータイムを挟んだこと。
どれも子どもの時だったら
許されなかっただろうと思います。
裁縫だけではなく、大人の意に沿った
行動でなければ全ては否定され、
自分のやり方は通用しませんでした。
それが、自分にとってどんなに
必要なことでも、審判は
大人の手にありました。
全てが決まった枠組みの中で行動し、
さらには成功しなければならない
(失敗は許されない)状況なんて凄く大変です。
苦手にもなるだろうと思いました。

今私は大人になって、自分の好きな
やり方で出来るし、もし、それを
否定されても、受け取らずにいることさえ自由です。

まつり縫いをするのはほんの一部。
運動を続けること、英語の本を訳すこと、
整理整頓、食器洗い・・・
苦手意識がいっぱいありますが、
今回のように創造的な方法で
克服してみたいと思いました。

今まで教わってきたこと、習慣、
度々見聞きする情報にとらわれず
独創的な方法こそが苦手意識
克服の鍵だと思いました。

次に何に挑戦するかは未定ですが、
創造することも楽しんで
チャレンジしたいと思います。

としみ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR