結果や評価より大切なこと

ちえちゃんからです。

わたしの息子が通っている小学校では、
毎週、学校の周囲を走る
全校マラソンの授業があります。

定められた時間内に何周走ったかを
毎回記録・加算し、学年末に
トータル周回数の多い生徒は表彰されます。

息子は一年生からこのマラソンを頑張ってきて、
その日は何があっても学校を休みません。
なぜそんな熱心なのか不思議に思っていたのですが、
あるとき息子が「クラスメイトのAくんが頑張るから、
おれも頑張れるんだ」と話してくれました。
そういう仲間に恵まれたことがうれしかったものです。

今年になってしばらくして、
そのAくんが怪我をしてしまいました。
Aくんとはいっしょに走れなくなってしまいましたが、
息子は休むことなくマラソンに参加していました。
ですが、どうも記録が伸びなくなりました。
昨年の終わり頃には6周できたはずなのに、
5周しかしないのです。
理由を尋ねると、「自分の学年では
いちばん走っているほうだ」としか答えません。

わたしは「がんばればもっとできるはずなのに」と、
息子に不満を持ちました。
昨年から体重が増え、身体が重く
なったために走れないのではないか。
高学年になって、手抜きを覚えたせいではないか。
感情のままに、そんなことを
息子に言ったこともあります。

ところが最近、息子のクラスメイトの
お母さんから声をかけられました。
彼女の娘さんも、いまマラソンを
頑張っているとのこと。
けれど、身体が小さいことや、
マラソンコースの中に苦手な箇所があって、
いつもそこで遅れがちになってしまっているそうです。
「けれど、娘が遅れるポイントで
いつも息子さんが待っていて、
いっしょに走ってくれるんです。
それで娘も頑張って走っているんですよ」
と、教えてくれました。

その話を聞いて、わたしは、以前、
息子がマラソンを頑張る理由を
聞いたときに心を動かされた理由を、
あらためて考えました。
わたしは、成果のためにライバルと
ともに努力する息子の姿勢に
感心したのではありません。
「ともに励まし合う相手」を、
自分で見つけてくれたことが
うれしかったのです。

息子のほうが結果や評価よりも
大切なことを知っていたのに、
いつの間にかわたしは「結果を出しなさい」と
息子に求めてしまっていました。

それらにとらわれてしまうこと自体は、
わたしのせいではないことと、
こうやってそれに気がつける自分がいて
いまあるのは「親の時間」のおかげです。

そんなことを思いながらも、
「自分の内部にある、評価を求めてしまうこと」に
もっと早くから取り組めば良かったなと、
反省するできごとでした。

ちえちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR