FC2ブログ

自分の課題について考えたい

ちえちゃんからです。

2017年を振り返ってみると、
わたしはずっと「自分の意思をうまく人に
伝えられないのはどうしてなんだろう」
という課題にこだわっていたように思います。

わたしはそれまで、自分は男性が
苦手なのだと思っていました。
ところが、どちらかというと、
相手が女性のときにこそ
言いたいことが言えないようなのです。

この課題に対し、ではどうするという答えは
なかなか出せません。どうも根は深そうです。
おそらくは2018年も継続して
この課題に取り組んでいくことでしょう。

「そもそも、どうしてこの課題が明確に形になったのか」
それは、イヤだと思っているにもかかわらず、
それを伝えられないという経験をしたからでした。
実はわたしは昨年、5年間続けたパートの仕事を、
さまざまな事情から辞めていたのです。
人間関係のもめ事の多い職場でした。

辞める当時は、ノイローゼ気味でした。
私は子供の頃からずっと、自分から
途中で何かを辞めるということのない
人間だったにも関わらず、
辞めざるを得ない立場だった
せいもあるのかもしれません。
パートを辞めようとしていた時期は、
いつも「親の時間」の仲間に
話を聞いてもらっていました。

昨年末、「一年間、自分がどれだけよくやったか」を
聞き会う時間がありました。
その場で一年を振り返っていて、
自分が仕事を辞めた経緯のことを、
急に思い出したのです。

 
いまわたしは「思い出した」と書きました。
そう。わたしは、あれほどの大騒ぎをして
(そのくらい大騒ぎだったのです)
仕事を辞めたというのに、
そのこと自体をすっかり忘れていたのです。

これには我ながらちょっと驚きました。
私は自分ではいわゆる「根に持つタイプ」なのか、
経験した事は割と覚えていられる
タイプだと思っていたのです。

思えば、経験したことの全てを
覚えているというのは、案外エネルギーを
無駄に浪費することなのかもしれません。

みんなにたくさん話を聞いてもらって、
自分の中で様々なことが整理された。
その結果、核となる「課題」だけが残って、
仕事を辞める細かな経緯などの、
不必要な情報が削除された。
そんなふうには考えられないでしょうか。
あるいはこれって、前向きな思考回路に
なってきた、ということだと思いませんか?

わたしはこれからも自分の課題についてこそ、
しっかり考えてゆきたいです。

ちえちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR