自分を大事にすること

茨城へ引っ越しした後、ライン参加で
八戸クラスを続けているいずみが書いてくれました。

私にとって「親の時間」は、
自分の考えをまとめる大事な時間になりました。

子どもが産まれて10か月のころ、
八戸のメインリスナーのともちゃんに出会い、
[産まれてきてくれてありがとう]と、
子どもにかけてくれた言葉が
とてもうれしくて涙が出ました。
その時に「親の時間」を教えてもらって参加しました。

自分の気持ちを声に出したのを
聞いてもらえるってこんなにうれしいんだ!
自分の子どものときの怒りや嫉妬や淋しさを
吐き出せていなかったんだ!
なんて、すっきり、あったかい気持ちになるんだろう!

小さい頃、親の男尊女卑に対しての
不満を言葉にできずに、その代わり
弟や妹に辛く当たってしまったこと。
自分の人付き合いで苦手な事は
二十歳のときに原因があった事。
自分が親になって子どものときの
自分が感じた理不尽な気持ちは
なるべく子どもには味わせたくないのに
子どもの気持ちより、親の都合を
優先させることが多い事。
その後のフォローや
子どもの話をじっくり聞くと
子どもの顔がイキイキすること。

ひとり時間ができても、たまった家事を
やっつけるだけだったので、
「親の時間」で自分自身のために時間をとって、
気持ちを声に出してみると、
いろいろ自分の事がわかってきました。
自分の事を考えるって大事なんだな。
自分の事を大事にするってこういう事なのかな!
だから、子どもも家族も大事にできるんだな!
と、私は思っています。

いずみ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR