FC2ブログ

そこまでやった過程が宝物

みきからです。

私はオリンピックが好きで、
今回もたくさん応援しました。
だけど毎回いろんなことを感じて、
ちょっとモヤっと複雑な気持ちになります。

例えば、よい結果をだしている選手は
日本中からメダルを期待されます。
まして前回大会でメダルをとっている人は、
メダルをとって当然と期待され、
とれなかったらなんと、謝る人もいるんですよね。

私は小学一年生の運動会の徒競走で4位でした。
父は勝手に私が一位になると期待していたようで、
1位にならなかったガッカリした気持ちを
何度も私に伝えてきました。

私自身は速く走ろうとか、緊張したとか、
悔しかったとかの記憶が何もないので、
その時の私は1位になることが
重要だと思っていなかったのだと思います。
だけど、父の勝手な期待に応えられなかったことと、
父をガッカリさせてしまった私の残念な
気持ちが40年たっても残っていました。

だから過度にメダルを期待されることや、
メダルをとれなかった人をみて、
小学生の私の残念な気持ちを
思い出してモヤモヤするのだと思いました。
そのこと気づいたら、勝つことに
対する執着が少しなくなった気がします。

「順位やメダルよりも、ここまでの過程が
私にとって宝物です」と選手の誰かが言っていました。
そうだよね!!

今までみがいてきた自分の技術や
能力を発揮できたら、すごくうれしいことだと思う。
それでメダルをもらったらもっとうれしい。
だけど、それって本人と実際に
関わってきた人達で、私じゃないんじゃないか?
ていうか、メダルって一体なんだよ?!
と、思ったり…

とはいえ男子フィギアのメダル獲得で
歓声をあげ、涙を流して感動していた私でした。

人が全力で何かに取り組む姿とか、
自分の最大の能力を発揮する姿って、
やっぱり魅了されるし感動しますよね。
だって、本当に人間にあんなことできるの?
って思う動きですよね!!!

2年後の東京五輪も楽しみだな。

みき
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR