FC2ブログ

10年後にわかった新事実

あやちゃんからです。

娘が小さい頃、一緒に映画を見る時のことです。

始まる前、ビデオカメラの被り物をして
ロボットダンスみたいに踊り、
劇場内での録画・録音は犯罪ですという
「NO MORE映画泥棒」の映像が流れますよね。
それを娘はとても怖がるので、
そのシーンが終わってから座ったり、
耳をふさいで抱きしめてあげていました。

それでも怖すぎて嫌だからもう映画に行かない。
と言う時期もありました。
先日そんなことがあったよね~と娘と話していると
「あれは映像が怖かったんじゃないんだよ。
お母さんが映画泥棒をして警察につかまっちゃったら
どうしようと思って怖かったんだよ」と言ったのです。
私はびっくりして、「え~っ!そんなことするわけないじゃん!
じゃあお父さんは?」と聞くと
「お父さんは強いから牢屋から抜け出せるから
大丈夫だと思ってたんだよね。
だから始まる前にお母さん携帯の電源切った?
って毎回聞いてたでしょ?
それなのにマナーモードにしたから大丈夫。
とか言ってさ!なんかで間違って音が鳴ったら
警察がきちゃう!って思ってドキドキしてた。
それにいつもそれが始まるまえに
抱きしめて怖いね。って言われるのも
ますます怖くなってめっちゃ嫌だった」と話してくれました。

私は単純にサイレン音とともに
赤く点滅して取り押さえられるシーンは
子供には怖いだろうなと思っただけで、
その気持ちに共感してあげて怖いね
と声をかけていたのですが、
確かに私が電源を切るまで執拗に
切ってと言う娘に対して
几帳面でまじめなところがあるからなーと
流していたのも思い出しました。

子供にとってはお母さんがいなくなるのは
この世で最大級の恐怖でしょうし、
それほどに私が大切で大好きな存在だったんだなと
感じたと同時に、なんでその時にきちんと
話を聞いてあげなかったんだろうと後悔しました。

もちろん娘にはごめんなさいを言いました。
いやはやなんと10年後にわかった新事実!でした。

あやちゃん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR