FC2ブログ

黄緑色が好き

ちえちゃんからです。

「親の時間」では「聞き合う方法」使いますが、
まずその方法についてちょっと説明させてください。

「聞きあう方法」では、ふたり以上で組を作り、
お互いがカウンセラーとクライアントの役割をそれぞれ行います。
公平に時間をタイマーで計り、
一定のタイミングで役割を入れ替えるのです。
不思議なことに、クライアントの時に
感情的になって話していても、
たいていの場合はタイマーの音が鳴ると
もとの自分に戻ることができますが、
このとき、カウンセラーにそれまでの話題とは
まったく異なる質問をされます。
クライアントが平常心に戻る手助けのためです。

「最近観た映画は?」
「自分の家の冷蔵庫に入っている野菜は?」
「昨日の晩ごはんはなに食べた?」など。
たまに考えさせられるようなナゾナゾであったり、
面白いとっぴな質問もありますが、
たいていはすぐに答えられる簡単な質問です。

「色」についてもよくたずねられます。
「後ろにあるクッションの色は?」
「赤で思い付くものを3つあげて」
 といった具合です。
「あなたの好きな色は何色ですか?」
これは、その時に私が何回かされた質問です。
わたしはこの質問を投げかけられたとき、
迷わず「黄緑色」と答えます。
たいてい感覚で答えていたのですが、
先日、その理由に気づきました。

私は学生時代に美術科でデザインを
学んでいたこともあり、好きな色に関しては
簡単に答えることができます。
黄緑色、スカイブルー、山吹色の、三色を
組み合わせたデザインをよく制作していたものです。

美術を本格的に始めたころから、自分が黄緑色に
惹かれているという自覚がありました。
黄緑色は、見ていると気分が高揚するのです。
自分の筆箱に入っている明るめな
黄緑色のペンもお気に入りで、
授業中にそのペンを眺めたり使ったりすることで、
テンションを上げていました。

ただ、その理由についてはあまり深く
考えたことはありませんでした。

「聞きあう方法」の質問に答えるうち気づいたのですが、
答えはすごく単純なことでした。
それは、「黄緑色=新緑の色だから」です。
明るい日差しの中で緑がキラキラと
輝いている様子を思い出すのです。


北海道の春は遅く、期待とやる気に充ち溢れた新年度と、
生命に充ち溢れた春の芽吹きが同時に訪れます。
新生活に慣れた頃、ふと辺りを見渡すと
新緑で一杯の爽やかな初夏が整っています。

私はその緑を眺めながら「自分は良くやっている」と
充実した気持ちになります。
そして「さあ、これから夏に向かって
どのように楽しんでいこうか!!」と
前を向くことができるのです。

私が学生時代よくデザイン制作で使用していた
「黄緑色、スカイブルー、山吹色」は、
とくに初夏に良く見られる色の組み合わせでした。
新緑と、青空と、たんぽぽの色ですから。

私は自然とは遠い子ども時代を送ってきたつもりでしたが、
案外と四季を感じ、自然から励まされながら生活してきたようです。
あらためて考えてみると、私が好きなのは
「黄緑色」という色そのものではなくて、
黄緑色から思い出される、四季の様子だったのですね。

「親の時間」では「自分の感情には原因があること」を学びますが、
好きにもやっぱり理由があるものです。
これから私の好きな季節が始まります。
新年度と共にワクワクした気持ちになっています。

ちえちゃん

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR