FC2ブログ

納得できるまで聞いてもらえる場所

フェリーで八戸に行ってお花見をして、
金木町の芦野公園で、またお花見をして、
昨日東京に着きました。
今日は、桜特集を開催している
山種美術館に行って、絵画でのお花見もしました。

来る前の札幌は、まだ全然開いていなかった桜。
多分、今頃は咲いているのかなぁ?
わたしが帰るまでもってくれますように。
わこ


以下みゆからです。

つい先日のこと、「親の時間」の仲間に
私がニット帽を何度もほどきながら
編み続けていることを話した折、
彼女は私のことを「粘り強い」と形容しました。

私は自身を全くそう考えていなかったものですから
「えっ、そうなの?」としか返せなかったのですが、
それからの数日間本当にそうなのか気になっていました。

この言葉に囚われている内に思い出したのは、
子どもの時母に欲しいものをねだり、
しょっちゅう「しつこい」と叱られていたことです。
けれども、買ってもらえるまで
母の傍を離れずに訴え続けていたことから
母としては言わずにおれなかったのかもしれませんね。

そんな「しつこい」と言われたことで
自分を否定して来た私が、「親の時間」の中で
何度同じ話をしても、何度同じ言葉を連呼しても、
責められずに聞いてもらえたことが
どれ程うれしかったことでしょうか。

「親の時間」では、誰も責めないということを
私は初め簡単には信じられませんでした。
だから、いつ「しつこい」と咎められるかと
いつもヒヤヒヤしていたのです。

実際、私は一度気持ちを聞いてもらっても
スッキリしないことが度々ありました。

安心な環境で、納得できるまで
聞いてもらえる場所を見つけることができたので、
現在の私がいるのだと思います。

そんなことを考えていたら、
もう今となっては、粘り強いか
そうでないのかどちらでも良くなりました。

私が、とにかく頑張って生きて来たことは確かなのですから。

みゆ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR