FC2ブログ

夫と娘と一緒のイタリア

ちほからです。


イタリアのフィレンツェと
ボローニャに行ってきました。

夫の学会に着いていくのも、娘が一緒に
参加することも初めてのことでした。

私と夫はそれぞれやっていることには
陰ながら応援するというような考えですが
お互いの活動にあまり意見を言ったりしないし
どんなことをしているかということを深く知りません。

でも今回、夫が娘を通訳のお手伝いとして
連れて行くと聞いて、私も
行ってみようかなと思いました。

私は通訳もできないし、仕事の役割が
ある訳でもありませんが、私のままで
何かを成し遂げなくても
ここにいていいと思えたらいいなと
心の隅に思いながらイタリアに行きました。

初めてのヨーロッパは建物も食べものも
人も魅力的でした。古い建物を壊さず使って
景観を大切にしているところ、
シンプルなマルゲリータのピッツァ、
話が面白い情熱的なガイドさん、
おちゃめな街の人々、
仲良くなった日本人の8歳の友達…
たくさんの思い出ができました。

旅の最終日の前日に、日本人参加者の
親睦会が行われました。
みんなが一言ずつ話す機会があり
私も話しました。
私は夫と参加者がやっている
この学会の活動は、
とても意義のあるもので
それを知れて良かったこと。
普段みることのない夫と
娘の一面をみることが
出来て感心し見直したこと。
私自身癌になって健康のことを
よく考えるために、たくさんの仲間に
話を聞いてもらうことがとても良かったこと。
そして、どの人にもたくさんのサポートが
必要だということを話しました。

旅の一日の終わりには、夫と娘と3人で
よかったことや、気になったことを聞きあいました。

普段関わることのない人たちと交流し、
自分の考えを話せたことと
私らしくいられたことが
この旅のいい経験になりました。

IMG_5585.jpg

ミケランジェロの丘からの景色



IMG_5630.jpg

ヴェッキオ橋。2回流されたけど、ローマ時代からある橋



IMG_5717.jpg

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 
ルネサンスの最高傑作、花の大聖堂という意味



IMG_5724.jpg

広場にあった可愛いメリーゴーランド


IMG_5756.jpg

ボローニャの市民教会 教皇に反発して市民が建てた。
その時代最大級のを作ろうとして阻まれて未完成のまま

ちほ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わこ

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR