お正月の過ごし方

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年最初の原稿はまきちゃんです。

新しい年が始まりました。
新年というだけで、やる気が湧いてくる私です。

お正月の過ごし方は、各家庭で
いろいろ違うのでしょうね。
「親の時間」は広島、東京、青森、北海道と
4県にあるのでそれぞれの地域で
特徴があると思いますが、どうですか?

北海道は、31日におせち料理を
食べる家庭が多いのですが、
父親が本州育ちの私の実家では
北海道に住んでいても、
31日は大掃除をして、
年越しそばを食べるだけの
質素な大晦日でした。

北海道出身の夫と結婚してから、
31日におせち料理を食べることが
始まりましたが、いまだにまだ
自分の中で違和感があります。

北海道育ちの母も、
嫁ぎ先の質素な大晦日に
きっと違和感を持っていたことでしょう。

母親もそうだったけど、
私も「嫁ぎ先に合わせる」ことが
当たり前のことのように思って
結婚したなあ、と気がつきました。

さて、今年の我が家のお正月は
こどもの成長と共に変わって、
大晦日に全員揃わず、
3人だけで我が家恒例の
「人生ゲーム」をやりました。

お義母さんも、自分の夫が生きていた頃は
必ずあった「クジラ汁」を、
腰痛も原因していたのか、
今年は気が乗らないと、
作りませんでした。

そして、彼女の腰痛のおかげで
今年は3日間お母さんと一緒に
食事をしましたが、楽しい時間を
過ごすことができました。
でも、そう思ったのは、
今年が初めてかもしれません。
お互いに遠慮もなく、でも優しい気持ちで
一緒に居れるようになった気がします。

そろそろおせち料理が少なくなってきた3日に、
私の提案で一人300円出し合い
その予算以内でそれぞれ食材を買ってきて
「鍋」をやることに決めました。
「せーの!」で買ってきた
食材をテーブルに出し、
そのあと、鍋のベースとなる出汁を
4種類(昆布、洋風だし、和風だし、鶏ガラ)考え、
何の出汁にするかを娘の提案で
あみだくじで決めました。

同じスーパーで買い物をしたので、
特売品や見切り品など
同じになってしまうかなと
予想していましたが、
やっぱりもやし、豆腐、
しめじの3品は重なりました。

大学生の娘は「お菓子はあり?」と
言っていたので、今回はお菓子無しに
してもらいましたが、
突飛な物を買ってきそうで
内心ドキドキでした。

みんなでいろいろアイデアを
出し合って条件を決めたり、
あみだくじを作ったり、
娘たちも楽しかったようで
「次回は一人200円でやりたい」と
リクエストされました。

味も美味しくできた「安上がり鍋」は
給料日前の我が家の定番になりそうです。

まきちゃん

やりたいことはできるよ!

2016年最後のブログは、ちほからです。

今年も1年が終わりますね。
私はどんな1年を過ごしたのだろう?
とつい先日、振り返ってみました。

姉家族が札幌に引っ越してきたり、
オーストラリアに研修に行ってきたり、
富士山にも登ったし、
研修のまとめ役も無事にやることが出来たり…
いろんなことをやっていたんだなあと思います。

その時には辛い気持ちや、
腹が立ったりもあるけれど
聞き合うことを使っていると
「よくやったなあ。いい経験だったな」
と思えるのがいいです。

実はこの振り返りをしようと
ノートを探していた時に、
3年前に[来年の目標]を
書きとめたのが出てきました。
一部を紹介しますね。

*10km走れるようになる
*姉家族のサポートをする
*英語を毎日聞くように
*新しい人との接点をもつ
*海外の研修に行く!

1年間で出来たものもあれば
3年かかったものもあり、
ちなみに英語は全く出来てません(笑)
でもやると決めたことは
結構出来るようになって
いるものだと実感しました。
 
決めるのは自分だし、
やめると決めてもいい。

「時間がかかっても、
やりたいことは出来るよ」って
3年前の私に言われたみたいでした。

今年の私、よくやったね!
来年の私は何をしようかな?

ちほ

マスキングテープのクリスマスツリー

めぐちゃんが見せてくれた、マスキングテープで作った
クリスマスツリーの写真が素敵だったので、
お願いして、ブログ用に写真を送ってもらいました。


めぐちゃん 2


(下にぼんやり写っているのは、
パン作りがプロ級のめぐちゃんが
焼いた美味しいパンだと思います。)

以下、めぐちゃんからのコメントです。

ひとつだけ違うパターンの薄緑色の模様は、
一緒に作った娘の遊びゴコロです(≧∀≦)
まちがい探しなんですって!
娘と2人で職人のように、
ひたすらマスキングテープを切って
模様を作って壁に貼るのは、
大変だったけど楽しい時間でした︎。

めぐちゃん

親からの負の連鎖を断ち切りたい

東京クラスのみぃからです。

「親の時間」に通うようになって、
これまでの私とはちょっと違うぞ!
と感じる嬉しい瞬間が増えてきました。

私はどちらかと言うと、自分の本当の気持ちより、
周りの意見や状況を優先する事が多くて、
いつしか自分の気持ちを、
自分でも見ないようになっていました。

だけど、今、「親の時間」で
日々のちょっとした出来事や、
自分にとっては大きな決断
などを聴いてもらうたびに 
「みいの本当の気持ちは何なんだろうね?」
と問いかけてもらい、自分の気持ちが
見つかったときには、その気持ちを
批判することなく受け止めてもらうことで、
私は私の気持ちに素直になっていいし、
それは悪いことではないんだと
いうことを実感しています。 
そして今までは見ないようにしていた
私自身の気持ちを少し掘り下げて
考えてみることができるようになりました。

その積み重ねで、今までの私よりは少しだけ、
自分の気持ちを優先できているように感じるのです。

子供も自我が芽生え、
自己主張も強くなってきました。 
うまくいかないことも沢山あるけど、
私は親からの負の連鎖を断ち切りたいし
子どもには自分の気持ちを表現し、
色々なことを学んでいってほしいと思います。

今は、パートの休みとクラス開催日が
上手く重ならず、通えない日もあるけど、
「親の時間」は私のお守りのような存在になっています。

話すことも聴くことも、
まだまだ上手くできないこともあるけれど、
これからも通い続けていきたいなと思っています。

東京クラスのみんな、いつもありがとう。

みぃ

自分の好きなことをする

こっちゃんからです。

「好きなことをする」

くつを磨いたり
好きなにおいの柔軟剤を選んだり
マニキュアを塗ってみたり
好きなものを眺めていたり

自分の気持ちが、
ふわっとあがることを
大切にするように
最近ますます気を付けている。

気を付けていないと
あっという間に家族のため、
という大義名分に
自分が押しつぶされてしまうから。

少しお金を使っても
少し時間を使っても
罪悪感を持たずに
自分を大切にする。

自分に余裕が生まれれば
もちろん大好きな家族も大切にできる。

だからできるだけ、好きなことをする。

こっちゃん
プロフィール

Author:わこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR